こなたとかがみが高校を卒業して十数年ほど後の、ある夜のこと。



その夜、かがみの一人息子「かのと」が、親子喧嘩で家を飛び出し、
こなたの家に転がり込みます。

ひととおりの騒ぎの収まったひととき。

やがて、こなたの家に、かがみから電話がかかってきて・・・・・


_____________________________________________


「悪かったわね、いろいろ面倒かけて」

「いいんだヨ。『こなみ』だって、かがみの母乳のおかげで丈夫に育ったんだからネ」

「アンタのじゃ全然足りなかったもんね~」

「むゥ~ ヒドイヨかがみん~」

「あはははは・・・・  それでさ、その・・・・・・・・・」

「かのとくん? 大丈夫。いまは落ち着いてる」

「・・・・・・・・そう・・・・・・・・・ 」

「ちゃんと叱っておいたヨ」

「そう・・・・・・・・・ アリガト」

「すごく反省してる。かがみにヒドイこと言ったって泣き出して。きっとさびしかったんだヨ。」

「なによアイツ。なんでアンタの前じゃ『素直なイイ子』なのよ」

「しょ~がないネェ~。親子二代でツンデレみたいだしネ」

「ツ ン デ レ いうな! まあ~ここのところ、仕事が立て込んで夜遅かったし」

「ウサちゃんなところも・・・」

「いいかげんにしろ!  とにかく、朝になったら迎えにいくから」

「うん。かがみも・・・」

「わかってる。もう、なにもかもひっくるめて抱きしめてあげるわ。私、アイツの母親だから」

「えらいネ、かがみん~」

「茶 化 す な。 それよりアイツ、もう寝た?」

「もう寝てるよ。こなみがずっと一緒にいるから安心したみたいだネ」

「ふふふ。こなみちゃんにもお礼言わなきゃね。それじゃ、またあした」

「またあしたネ」

「おやすみ、こなた」

「おやすみ、かがみん」



コメントフォーム

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。