自立した意思

このページを編集する    
こなたとかがみは、互いの子供たちを結婚させることを約束した。

それは、高校時代に叶えられなかった想いの代償、
あるいは、それを強いた運命への復讐だったのかもしれません。


そうは云っても、想いを託される方にも想いはある。

そんなこんな、いろいろ煮詰まった、ある夜のこと。



・・・・・・・・・・・・

「最近、オレは本当に こなみ が好きなのか、
 それとも、それが仕組まれたものなのか、わからなくなる時がある」

「そうね。でも、かのとくんと私が結婚して、お母さんやかがみさんの想いが少しでも叶うなら、
 それはそれで、素敵なことだと思うヨ」

「悔しいけど、オレもそう思う」

「それでも、私たちも来年は高校卒業だし、自分たちの将来は自分たちの意志で決めるべきだと思うの」

「そうだ。結婚も、あくまで自分の意志でするんだ。
 だから自分の、自立した意思を確認するためにも、オレたち、試練をひとつ乗り越える必要が
 あると思うんだ」

「試練?」

「試練を課されても、お互いをお互いが、本当に好きなのかどうか、試してみるんだ」

「何をすればいいの?」

「それは・・・・・・・・・ その・・・・ 一緒に、フロ入るの・・・ そろそろ・・・ 止めに・・・ しないか?」

「ええぇ~ それじゃ今みたいに、同じおフトンで抱っこしながら寝るのもナシだよ?」


コメントフォーム

名前:
コメント:
  • この2人可愛いのなw


    普通、こなたやかがみにそれぞれ旦那や子供が居ることは
    それだけで否定したくなるのに、
    何故かこの2人は受け入れてしまう。 -- 名無しさん (2010-04-28 00:03:10)
  • 本編では書き忘れましたが、前作『家出』から十数年後のお話です。 -- 5-107 (2008-11-23 01:40:09)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。