らきすた☆ふぁみりー劇場 ~泉家のよにん~

このページを編集する    
埼玉県の郊外にある、とある一件の家。「泉家」
そこには、ある4人の普通の家族が住んでいました。




ジリリリリリリリリリリリリリリリリ!!!

朝。
目覚まし時計のベルが室内にけたたましく鳴り響きます。
すると、ベッドの中で何やらもぞもぞ動くものがありました。
紫色の髪の女性が眠たそうな顔で、布団の中からゆっくりと腕を伸ばします。



そして、時計を叩き潰してアラームを止めました。

室内に静寂が戻ります。

「ふああ~…」
やがて、彼女はベッドから起き上がりました。
彼女の名前は泉かがみ。毎朝ちょうど6時32分に目覚めます。

かがみが顔を洗って居間へのドアを開けると、そこには青色の髪の背のちっこい女性、泉こなた(専業主婦)がエプロンを付けて、キッチンで朝ご飯を手際よく作っていました。
「おはよ、こなた」
「おはよー、かがみん」
「うん…」
かがみは、料理を作るこなたに近寄ります。こなたは、そんな彼女を見ながら微笑みます。

二人は、ちゅっ。と軽くキスをして、照れくさそうに微笑みました。

これが、こなた・かがみ婦妻(ふさい)の一日の始まりの合図です。

泉こなたと泉かがみ。
この二人が出会って、二人は普通に恋をし、普通に結婚し、普通に子供を授かり、普通の生活をする、ごく普通の幸せな家族でした。








らきすた☆ふぁみりー劇場 ~泉家のよにん~








「ああ…こなたぁ…だめよぉ…」
「いいじゃんかがみ~ん…」
こなたとかがみが、朝っぱらから居間で性的な何かを始めようとしている時、部屋の扉が開いて、上品な声が聞こえてきました。

「おはようございます、お母さん」
こなたとかがみの娘である、泉家の長女・みゆき。陵桜学園に通う高校生です。
髪の色はなぜかピンク色をしていますが、彼女は博学勤勉健康美麗清潔誠実優秀有能親切巨乳な完璧超人なのでした。

「つかささんは起きていますか?」
「ううん、まだぐっすり眠ってるわよ」

居間の小さなベッドの上には、頭にリボンを乗っけた紫色のショートヘアの赤ちゃんがすやすやと眠っていました。

「ばるさみこー…」

この子は、去年生まれたばかりのこなたとかがみの次女・泉つかさ。
この子はよく眠ります。一日18時間寝ます。寝る子は育ちます。手のかからない子です。


「ごはんだよー!」

やがて、家族4人が食卓を囲んで、朝食を食べ始めます。
「「「いただきまーす」」」

こなたは、赤ん坊のつかさにご飯を食べさせます。
「つかさ、おいしい?」
「どんだけー…」
つかさは、眠りながら口を動かして返事をします。

朝の和やかな朝食が進みます。

「ごちそうさまー」

こなたが言いました。
「デザートにりんごでもむこうか?」

「あっ…ね、ねえ…こなた…?」
かがみが、顔を赤くしながらおずおずと聞きます。
「なーに?りんごじゃなくて梨がいい?今ちょうど高級な梨があるんだよ♪」

「ううん…そうじゃなくてね、こなたのデザートは………………わ、た、し」


ぷつん。
こなたの中で何かが切れました。
「これはこれはおいしそうなかがみん」

そう言い残して、こなたはかがみの腕をつかみ、2階の寝室に連れ込みました。


『ああ~~~んこなたぁ~、そこはらめぇぇぇぇぇぇ♪』

小一時間かがみのなまめかしい声が家中に響きました。


その後、1階に降りてきた二人。
かがみは、ぼさぼさに乱れた髪を櫛で整えており、こなたはなぜかツヤツヤとしていました。

その頃、みゆきはつかさにおっぱいをあげていました。二人の親よりも発育がよい、その豊満な胸に吸い付くつかさ。
画面でお届けできないのがマジで死ぬ程悔しいです。

しかし、なぜみゆきがつかさにおっぱいをあげているのか?
それは、こなたは貧乳すぎるから(へりくつ)。また、かがみがあげようとすると、こなたの方が吸い着いてくるので、結局みゆきがあげる事になるのでした。


「じゃ、こなた、行ってくるわね」
「あいあい、行ってらっさーい」

「…」
「どしたの?」
「…ね、ねえ、こなた…」
「ん?」
「その……いつもの……してよ…」
「なーに?いつものって」
「…!!だ、だからぁ!いつも、私が出かける前にしてる事よ!!

 ……行ってきますの、ちゅー……………………………してよ…」

「ほんとに可愛いね…かがみは」
こなたはにっこりと笑って、かがみと唇を合わせました。

「ん…………ちゅっ」

顔を離すと、かがみは「えへ…」と嬉しそうに笑いました。

するとこなたが、かがみの服を脱がし始めました。

「遅刻しちゃうわよ…」
「………だめ?」
「…



 ………………………………………やさしくしてね……?」


ぷつん。
こなたの中で何かが切れました。

「かがみん!」
「ん?」

「 い た だ き ま す 」

こなたがかがみを部屋の奥に連れ込んで、ふすまがばたんと閉まりました。

『あっあっ、こにゃたぁ~、そこはだめだってばぁ~~~~♪♪♪』

数分間、かがみのあえぎ声が家中に響きました。

ふすまが開くと、ふらふらになったかがみと、さらにツヤツヤしているこなたがいました。
かがみは息が上がっています。一体ナニがあったのでしょう。




家の前の玄関で、会社にでかけるかがみを、こなた達が見送ります。


その時、お隣さんの家でもドアの開く音が聞こえました。
「じゃあ、みなみちゃん…行ってくるね」
「うん…ゆたか……行ってらっしゃい……」

泉家の隣には、新婚の小早川ゆたか・みなみ婦妻(ふさい)が住んでいました。
「行ってきまーす」
ゆたかが、家の門から出て行きました。

しかし、ゆたかは数歩歩いていくと、こなた達目の前で、力尽きてしまいました。

みなみは、光の早さで彼女の元に滑り込み、抱きかかえました。
「ゆたかは体が弱いから…今日は会社を休んでおとなしくしてて…」
「うん…」

こなた達がその様子を心配そうに見ていると、みなみがゆたかをお姫様抱っこして言いました。

「すみません…ゆたかは体が弱いもので」



専業主婦変われよ、アンタ。



「今日はゆっくり休んで…ゆたか…」
「みなみちゃん…」
みなみは、熱い眼差しでゆたかを見つめます。次第に顔が赤くなっていく二人。

そのままゆたかを連れて、家の中に入っていくみなみ。
「いっぱい可愛がってあげるから」と付け加えて。


『ちょwwwww、みなみちゃんそこはだめだよぅ!!そこはまずいよぉ!!そこは始めてだからっ!いや、だめだって!!朝からそれはまずいって!!!ちょそんなとこやば……………あああ~~~ん、みなみちゃぁ~~~~~ん♪♪♪♪♪ 』

それはそれは楽しそうなゆたかの悲鳴が聞こえてきました。


「びっくりだー!」

ゆたみなの一人娘のゆいの声も聞こえてきました。
やたらテンションの高い赤ちゃんです。



「それじゃ、行ってくるわね…こなた…」
「うん、行ってらっしゃい、かがみん…」
二人は、ちゅっ。と、もう一回だけキスを交わします。
とても名残惜しそうです。


「それじゃ、行ってくるわね…こなた…」
「うん、行ってらっしゃい、かがみん…」
二人は、ちゅっ。と、さらにもう一回だけキスを交わします。
とても名残惜しそうです。


「それじゃ、行ってくるわね…こなた…」
「うん、行ってらっしゃい、かがみん…」
二人は、ちゅっ。と、もう一回だけキスを交わします。
とても名残惜しそうです。
早く行けよ。



「行ってらっしゃい。大好きだよ、かがみ」
「…ありがとね。…こなた」
「うん」

かがみは、こなたの耳もとにそっと近づいて、言いました。

「…             …愛してる」


ぷつん、とこなたの中で何かが切れて、かがみを家の中に連れ込みました。
そして『うふーん♪』とか『あはーん♪』とか『らめえー♪』とか言うかがみの声が響きました。



「行ってらっしゃ~い!!かがみーん!!」
こなたが元気いっぱい見送ります。
既に朝からフラフラとなっているかがみがよろよろとした足取りで歩いていきました。
もう陽がてっぺんに登りかけています。



昼。
泉家では、かがみは会社に、みゆきは学校に行ったため、家ではこなたと赤ん坊のつかさの二人だけになります。
家事を一通り済ませたこなたは、ようやく起きたつかさをあやし始めました。

「ほぉーら、つかさー。たかいたかーい」

こなたがあんまり高くないたかいたかいをしてあげます。

「どんだけっ♪どんだけっ♪」
しかし、つかさは嬉しそうでした。


「いないいなーい…あっぷっぷぇ」

「ばるさみこー♪」

珍妙なやりとりが交わされます。


何故つかさはこのような奇妙な言葉を発するのでしょうか。
「ばぶー」の変わりに、「ばるさみこすー」とか「どんだけー」を言っているのだと思えばなんら不思議はありませんが。


「ただいまー」
その時、玄関から愛しい人の声が。
こなたは、急いで玄関に向かうと、かがみが立っていました。

「今日ね……………………会社お休みだったの。間違えちゃった☆てへ♪」

あんだけやって休みかよ。

「ただいまのちゅー、して?」
「…うん!」
こなたは嬉しそうに答えました。

「…おかえり、あ・な・た♪」
「…ただいま、こ・な・た♪」

ちゅっ。


「…『それ』だけ?」


ぷつん。

『ああああ~、こなたぁぁ~~~ん☆』
『あぅ~~ん、かがみぃ~~~~ん♪』

こうして、かがみはこなたに寝室に連れ込まれて何かあんあん言わされるのでした。
午後の時間はそれでつぶしましたので、あっという間にもう夕方です。



「なんじゃこりゃぁ~~~」
「あら、つかさ。おながが空いたのね」
「ばるさみこすー」
「はいはい、分かってるわよ」
かがみは、おしゃぶりの変わりにバルサミコ酢瓶を口にくわえさせました。
「どんだけ~」
つかさは喜んでいます。


「ただいま、帰りましたー」
その時、長女のみゆきが学校から帰宅しました。
「おかえり、みゆき」
「ばるさみこ。」
かがみとつかさがそれぞれ挨拶をします。



「あ、あの…私…今日は皆さんにお話がありまして…」
その日、泉家長女のみゆきは、高校で付き合い始めたという恋人の女の子を連れて来ていました。
みゆきがその恋人をこなた達の前に呼ぶと、その女の子はにっこり笑って会釈します。
そして、みゆきがその子を紹介しました。






「私の彼女の…………………………高良ゆかりさんです」


そ の 発 想 は な か っ た 。

パラレルマンセー。


「みゆきさん…もしかして年上好き?」
「同級生です」
「私、みゆきと同じクラスなのよ~」
「…そうなんだ」

かがみは、こなたのみゆき“さん”付けがどうでも良くなるほど絶句しつつも、こなたはその柔軟な思考で、すっかり順応していました。

ゆかりが言いました。
「なんだか、私とみゆきって、まるで親子みたいよね~」
「ええ、まったく」
かがみが冷静に言い放ちました。



夜。
こなたが家族に聞きました。
「今日のご飯は何がいい~?」

「別になんでもいいわよー」
「私はスパゲティが食べたいですね」

「私はバルサミコ酢がいいと思うなあ」

0才児がしゃべった。


今日の夕食のハンバーグ(←こなたは聞いただけ)を食べた後、洗い物を終えたかがみが居間に入ると、こなたは、次女のつかさに話し掛けていました。
そろそろ、名前を呼んでくれるだろうと期待しているのです。
「つかさー、おかーさんって言ってみてー」
「…」
「おかーさん」
「…」
「お・か・あ・さ・ん」
「…」
「…むぅ」

「つかさが名前を呼んでくれるには早いんじゃないの?まだ0才だもの」
かがみは言いました。


すると。
つかさがこなたの方を向いて言いました。

「…こなちゃん」

「ふぉおおおおおおおっっっっ!!!!!私のこと呼んだぁぁあぁぁぁ!!!!しかも名前でっ!!!!」
こなたは大喜びしました。


今度はみゆきの方を見て、言いました。

「…ゆきちゃん」

「わあ、私のことですね!嬉しいです…」
みゆきも喜んでいます。


そして、かがみの方を向いて言いました。


「…お姉ちゃん」

「うん?何言ってるのかな。私、わかんない」


「…お姉ちゃん」
「…」


「…私、お母さんなのにお姉ちゃんだって~、姉はむしろみゆきなのに~、おかしいわよね~。あっはは~、黒酢~」

「…かがみだいじょうぶ?」
彼女はひどく狼狽しています。

「…まあいいわ。そろそろ寝ましょ?」
「うん♪でも今日は簡単には寝かせないよ…かがみん☆」
「もぉ~~、こなたのえっちぃ♪」

そんなこんなで夜が深けていきます。




泉婦妻(ふさい)の激しく濃厚で性的な行動は朝まで及びました。





ジリリリリリリリリリリリリリリリリ!!!



朝。
室内の静寂を壊すように、目覚まし時計のベルがけたたましく鳴り響きます。
すると、ベッドの中から、紫色の髪の女性が布団の中からゆっくりと時計に腕を伸ばしていきます。



時計が叩き壊され、アラームが止まりました。

そして、日々の消耗品となりつつある時計のような物体を置きます。

二人は早速起きて、居間に向かいました。

「おはよー、みゆきさん」
「おはようございます」
みゆきが丁寧に挨拶をします。

かがみは、つかさの前に座って言いました。
「おはよ、つかさ」
「どんだけ。」
返事をしました。


「ねえ、こなた…」
かがみが、何やらもじもじしながらこなたに呼び掛けました。

「なあに?」
「あのね、こなた…」
「うん」

「できちゃったの、3人目」

「えええええっ!!?ほんとっ!?嬉しいよかがみ~ん!!じゃあ、名前は『かなた』ねっ!!」
「おめでとうございます!私も妹が増えて嬉しいです」
「かなちゃん♪かなちゃん♪」
喜ぶ一同。

毎日、とてもにぎやかな泉一家なのでした。



こなたとかがみは、普通に出会って、普通に恋をし、普通に結婚し、普通に子供を授かり、普通の生活をする、ごく当たり前の幸せな家族でした。
それはどこにでもいる、




ご く ふ つ う の 家 族 で し た 。



コメントフォーム

名前:
コメント:
  • フツウッテイイコトダネー -- 名無しさん (2017-04-07 15:58:37)
  • かがみさんあえぎ過ぎ -- かがみんラブ (2012-09-17 22:26:10)
  • 見ていてほのぼのとした、いい作品でした。


    日本はとっとと同性愛を認めるべきです。 -- なお丸 (2012-03-03 01:18:59)
  • 女の子が産まれるのは確定なんですね。わかります。
    万が一男が産まれたらそうじろう?まさかのセバスry(自重)
    普通の幸せって素晴らしいw -- 名無しさん (2011-07-10 05:37:26)
  • ↓ まだじゃないですか? -- 名無しさん (2010-09-21 19:06:08)
  • あれ、日本ってまだ、同性愛認められてないの? -- 名無しさん (2010-09-12 15:32:51)
  • みゆゆかワロタww -- 名無しさん (2010-09-12 01:02:22)
  • 本当にありふれた微笑ましい普通の家族ですねwww
    日本はとっとと同性婚を認めるべきな(←黙れ) -- 名無し (2010-06-06 23:53:44)
  • この発想は、なかったわ。
    でもぉ百合家族。
    羨ましい。 -- shushu (2010-04-02 21:46:21)
  • 壊 -- 白夜 (2009-10-14 01:26:03)
  • ばるさみこ。どんだけ。で返事をするつかさを
    想像すると‥なんか愛くるしいですね。 -- 名無しさん (2009-05-18 10:59:16)
  • おおw うらやましい関係ですなwwwwwwwwww -- 名無しさん (2009-03-24 02:00:01)
  • かがみはサイコーだ!!! -- 名無しさん (2009-03-22 12:53:07)
  • 面白いが…
    かがみのキャライメージが崩れてしまわないかが怖い…

    それでも俺はかがみ派だな!
    Iloveかがみ〜!!! -- ガンくん (2009-03-21 13:00:07)
  • 笑えるところがあっていいな!てゆーかこなた男役かい? -- 幻さん (2009-03-20 00:32:34)
  • もう、何も言えねえ・・・
    -- 名無しさん (2009-03-13 18:22:25)
  • 黒酢吹いたwww -- 名無しさん (2009-03-02 12:00:53)
  • ねーy……あるあるwww -- 名無しさん (2009-02-28 19:45:10)
  • もう…カオスとしか…
    とっても 甘甘な家族愛ですね -- ラグ (2009-01-21 12:54:06)
  • SSに対する感想がないwww -- 名無しさん (2009-01-20 04:15:28)
  • かがみん最高www -- 名無しさん (2009-01-13 18:50:10)
  • よくある一般的な家庭ですよね。すごくわかります。 -- 名無しさん (2009-01-07 03:25:40)
  • 家はそうですよ -- 名無しさん (2009-01-05 09:35:53)
  • ↓無ければ作れば良いw
    日本はさっさと一婦多妻制を採用すべしw -- 名無しさん (2009-01-04 20:38:18)
  • ↓ねーよwwwwwww -- 名無しさん (2008-12-31 22:48:05)
  • あるある♪ -- 無垢無垢 (2008-12-31 20:43:32)
  • ほんと、よくある一般家庭ですよね。 -- 名無し (2008-12-31 19:24:37)
  • ええ、ごく普通ですよ。 -- 名無しさん (2008-12-31 18:54:19)
  • ツッコミ所満載や~!! でもツッコンだらイカンのやろな、人として『かが×こな』好きとして・・・ -- kk (2008-12-31 10:50:15)
  • どこからつっこめばいいのかww まぁとりあえず言える事は普通・一般的な家庭ということです(ェ)wwwww -- 名無しさん (2008-12-31 10:20:32)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。