梅雨の夜

このページを編集する    
『梅雨の夜』

暦の上で梅雨に入り、土砂降りの雨が私たちに降り注ぐ。
しかも突風のせいで傘が壊れ、ずぶ濡れで帰る羽目になった。
「何なんだよもう…降水確率30パーセントって言うから安心してたのに」
天気予報に不満を言う私。
「いや、0パーセントじゃないってことは、降るかも知れないってことだよ」
冷静に突っ込むこなた。
「…それはそうだけど、ここまで酷い天気になるなら、先に言って欲しいわ」

最終バスを逃してしまい、駅まで歩くことになった私たち。
教室でテスト勉強していたら、いつの間にか下校時間をとっくに過ぎてしまい、外は真っ暗になっていた。
見回りの先生には怒られるし、本当に最悪の一日だ。
「あーあ、テスト勉強、真面目に頑張ってるのになぁ…ちょっとくらい、いい事あってもいいんじゃないかしら」
「かがみん、世の中そんなに甘くないんだよ」
「…あんたに言われると無性に腹が立つ」
そうは言っても、この暗い夜道を一緒に歩いてくれる友達がいるのは心強い。
この辺にはコンビニもないので、一人っきりだったら、どれほど怖い思いをしていただろう。
「それにしても、駅までこんなに遠かったかしら?バスだと結構早いのに…」
「いつも中でしゃべってるから、早く感じるんじゃないの?」
「あぁ…そうかもね…」

しばらく歩くと、物置のような建物が見えてきた。農機具か何かを保管しているのだろう。
「ちょっと、あそこで雨宿りしない?」
「そだねー」
私たちは駆け足で軒下までたどり着いた。
「ここなら、しばらくはしのげそうね…」
「でも、いつまでもこうしちゃいられないね…」
こなたがポケットから携帯を取り出した。
「ちょっとうちに電話してみる」
「え、迎えに来てもらうの?」
「今日、ゆい姉さんが来てるかも知れない」
しばらく呼び出し音が聞こえた後、おじさんの声が聞こえてきた。
「あ、お父さん?私だけど…うん、今帰る途中でさ……うん、最終バス逃しちゃってさ……姉さん来てるの?
……あ、そうなんだ。じゃあ、お願いしてもいいかな?場所はね…」

パタン、と携帯を閉じた。
「大丈夫だよ。迎えに来てくれるってさ」
「なんか、悪いわね…気を遣わせちゃって」
「いいのいいの、今日はいっぱい勉強教えてもらったし」
こなたが笑う。
「今度の試験で赤点取ったら、追試だって言われてるし…」
「確かにそれは嫌ね…」
こなたは暗記が得意なのか、世界史の成績はいつも上位だが、他の科目はパッとしないのだ。
特に英語や理系の科目は、一夜漬けでどうにかなるものじゃない。
「あぁ…こんな事なら、一年のときからもうちょっと真面目にやっとけばよかったなぁ…」
「お、珍しく弱気じゃない」
「だってさ、追試でアニメやゲームの時間がさらに削られたら…私は禁断症状で苦しみぬくんだよ…」
「大げさなんだから…別に死ぬわけじゃないのに」
「いや、私にとっては栄養と一緒なんだよ。アニメやゲームのない暗黒世界に生きられるわけないんだよ」
「はいはい、じゃあ明日も頑張ろう。それから好きなだけ楽しめばいいわ」
「うぅ…ありがと。かがみん」
こなたが私に抱きついてきた。
「むにゃー…やわらかい…」
「こ、こら…変な事言うんじゃない」
「かがみぃ、寒いよー、しばらくこのままでいたーい」
「ちょ…誰かに見られたらどうするの?」
「風邪引いちゃうよ~~…」
「わ…わかったわよ」

「ねぇ…かがみ」
「ん?」
「ホント…いつもありがとう…感謝してる」
「どうしたのよ、いきなり…」
「私さ…かがみがいなかったら、途中で投げ出してたと思う…」
「え?」
「自分の勉強もやってるのに、私のために昔の教科書一つ一つチェックしてくれてさ、
わかりやすく教えてくれるのって、かがみだけだよ」
「でも、みゆきだって聞けば教えてくれるでしょ?」
「…そうだけどね…なんか、かがみのほうが気軽に聞けるって言うか…」
「それって、私はみゆきより下に見られてるってこと?」
ちょっと意地悪な質問をしてみた。
「違う…そうじゃない」
こなたが急に真顔になった。
「……かがみと一緒にいると、なんか気持ちが落ち着くって言うか…
うまく言えないんだけど、他の友達には無いものがあるんだよ」
「え…?」
「かがみと一緒にいたいんだ…」
まっすぐに私を見つめて、こなたが言った。

「そ…そっか、頼りにされるのも悪くないわね…」
なぜだろう…心臓の動きが早くなっている。
(何なんだ一体…こなたってこんなこと言う奴だったか?)

「かがみん…」
「な…何?」
「今日は水色ですか…ふむ…」
「ば…ばかっ!恥ずかしいから見るな!!!」
下着が透けて見えていることに今更気づいた。
「いやぁ、かがみんって細いのに出てるところはしっかり出てるよね」
「品の無い事言うな!お前はスケベオヤジか!」
「女に生まれてよかったなぁ、こうしてかがみとイチャイチャ出来るし」
「う…うるさいっ、…こら、そんなとこ触るな!」
「あー…赤くなってるかがみんもかわいい~~」

こなたはやっぱりこなただ。
いつも明るい雰囲気を作ってくれるから、大変な勉強も乗り越えられそうだ。
「あぁ~、二の腕の感触…たまりませんなぁ…」
「だからやめろって言ってるだろ!」
「嫌がる顔もかわいいのぉ…むふふふふふ…」
「何なんだよもぉーーー!!!」

ただ、今は早く迎えが来てほしい。
こなた責めはそろそろ勘弁してほしいのだが。           

(終)



コメントフォーム

名前:
コメント:
  • 最後のツンデレ最高ッス!ニヤニヤが止まらないッス!! -- 名無しさん (2011-05-15 02:58:17)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。