婦警こなた・スピード違反の出会い編

このページを編集する    
婦警こなた・スピード違反の出会い編

『そこの車、止まりなさーい』

ミニパトがスピード違反をした車をとめる。婦警はこなた、まだまだ新米だ。
シルバーのセダンであったその車を歩道側に誘導。

「はい、免許証だして…はっ!」

窓が開いたそこにはべっぴんさんがいた。

(ななな…なにこの美人さん…!やばいやばいよ、惚れちゃった)

惚れるのに早すぎるこなただった。
免許証から名前と住所を一瞬でメモ、もう押し掛け可能である。婦警あるまじきだが、まあ、いいか。

「駄目ですよ~違反しちゃ。事故にあってからじゃ遅いんだからね~」

とか言いつつ、頭ではもう仲良くなる手段を考えまくりであった。

一方…

(ちょっとちょっと何この可愛い婦警さん…やだ、どうしよ)

何がどうしようだ、とまあ仕方ないか。

「ごめんなさい、仕事で急いでて…」

「何してるんですか?」

「弁護士を少々…」

「すごー!なになに、その若さでもう?」

「ふ、婦警さんこそー!その若さで…」

「こなたってよんで☆」

いくら何でも強引な手段である。が、まあ仕方ない。
こんなんじゃかがみだっていくら何でもどん引きだろう。

「じゃ、私もかがみって読んでください!」

どん引きじゃなかった。むしろノリノリだった。

「じゃ、かがみ…このあとお茶しない?」

職務怠慢である。が、まあ仕方ない。

「行きたいところなんですけど…私これから仕事が…」

「何時に終わる!?」

言っておくが婦警である。念のため。

「じゃあ、終わったら電話しますよ。番号教えてくれますか?」

かがみもかがみでまんまと番号交換。いやはや。

「じゃ、今日の夜には…」

「あ、待って。免許証返さなきゃ」

「住所メモっちゃっていいですよ」

なんて弁護士。個人情報丸出しである。

「もうメモっちゃいました☆」

「も~。仕事がは・や・い♪」

ウザい。これでも、やはり弁護士であった。

「じゃ、今度こそさよなら…」

「あー、待って待って」

「…?」

「…乗ってく?」

と言いながらミニパトを指差す。何度でも言うが婦警である、念のため。

「じゃ、お願いします!」

こいつらは一応、国家権力に関わる人間である。が、まあ仕方ない。

「じゃあ仕事場まで送っちゃうよ~!サイレンならす?ならしとく?」

ノリノリこなたであった。

「あ、私の車どうしよう…まあ事務所の車だしいっか」

ノリノリかがみであった。

こうしてまんまと仲良しこよしになったとさ。




コメントフォーム

名前:
コメント:
  • もうやだこの国www
    -- 名無しさん (2012-11-21 21:22:18)
  • 二人ともスピード違反ですなwww -- 名無しさん (2009-05-12 12:59:52)
  • ノリ軽いですね!?
    しかしそれが仕様。

    続き期待してます -- 無垢無垢 (2009-05-12 00:10:28)
  • 柊かがみさん、貴女を逮捕いたします!
    容疑は私泉こなたを魅了しその心を奪った窃盗罪です!
    ちなみ刑期は2人を死が別かつまでです! -- こなかがは正義ッ! (2009-05-11 20:45:42)
  • こういうの好き!!!
    -- 名無しさん (2009-05-11 01:54:13)
  • イイ!
    続編うpお願いします! -- 名無しさん (2009-05-10 23:09:16)


投票ボタン(web拍手の感覚でご利用ください)


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。