Skip to: Site menu | Main content


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 キャシー・クラウンのピーチハウス襲撃事件。
ブラックシープ商会社員の一斉襲撃と死者の発生。及び責任をとっての一部幹部の辞職。
フォックスグレーシアのテロ事件。
ウエストヤードでの銃殺死体発見。
一連のブラックシープ商会襲撃事件の犯人捕殺。
 一日で起こった事件に学園は一時騒然となった。しかし、ブラックシープ商会の事件の犯人が捕まり、さらに幹部が責任をとったということで、その騒ぎもやがては沈静化した。
フォックスグレーシアに関しては、色々と恨みを買っていたリンクだったということもあり、恨みある何者かによる犯行として処理された。見事に全滅していたために、訴え出るものがいなかったせいもある。二つの事件を繋げて考えたものもいたことはいたが、証拠が出ない以上憶測の域を出ず、すぐに彼らも沈黙した。
 数日後には、校内は完全にいつも通りの平穏さを取り戻したように見えた。




 ブラックシープ商会本社。
 ほどよく陽が差し込む南向きの応接間に一人の少年が座っていた。少年といっても十代後半。もう大人の顔に近い。
 小さなノックとともに扉が開いて、エドワードが入ってくる。
「お待たせして申し訳ありません。少々帰宅が遅れまして」
「構わないよ。それに敬語もいい。敬意は言葉遣いに宿るものじゃない」
「いえ。私のほうが落ち着きませんので、どうかこのままで」
 エドワードは、彼が持ちえる最大の敬意を込めて頭を下げた。少年は表情を変えない。
「まあいい。それより、先日は大変だったみたいだね」
「ありがとう御座います。私事で、ご足労煩わして申し訳ありません」
「いや。僕が勝手に来たんだ」
 少年――学園のイーストヤードの頂点に君臨する東王、序列9位【ドラグーンランス(竜騎槍)】狗刀宿彌は軽く首を横にふった。エドワードはもう一度頭を垂れる。
「エドワード、君の腕はよく知っている。今回のこともうまくやったようだね」
「はい、ありがとう御座います」
 宿彌とエドワードの視線が交わる。
 宿彌は真相に気づいている。そして、エドワードも宿彌が気づいていることに気づいた。だが、ふたりともそのことには触れずに会話を続ける。
「僕としては君たちが今まで通りにいてくれるのが、一番都合がいい。あれこれ咎める気はないし、必要もないだろう。だけど、あまりこういうことが多いと困るからね」
「存じております。二度と起こしません」
 万一次に起こったときはもっとうまく処理する。言外にエドワードはそう答える。宿彌は無言で頷いた。
「近くに寄ったからそれだけ伝えようと思っただけだよ。もう失礼する」
「では玄関までお見送りいたします」
 黒い羊は深々と王に頭を垂れた。宿彌は返事をせず、エドワードの部下の手で開けられた扉をくぐり外にでる。その三歩前をエドワードが先導する。
「……また来る。次は客として」
 正面玄関を出るとき、宿彌はぼそりと呟いた。それは今回の件は不問に処すということでもある。エドワードは、最後にもう一度頭をさげた。
「はい、ご来店お待ち申し上げております」



めえめえ黒い羊さん(ブラックシープ商会)
毛皮のウール(利益と人脈) お持ちだね
はいはい 袋に三つ
ご主人様(羊飼い)に一つ 奥方様(仲間たち)に一つ
もう一つは小道の奥の一人ぼっちの子ども(黒羊のエドワード)のために



≪おわり≫