私の可愛いこなた

このページを編集する    
「ただいま、こなた」
 いつものように私は言う。
 こなたは何も云わないけど、その目はじっと私の方を見てる。
 どこまでも澄んだ瞳で、無言の眼差しを私に向けている。
「はいはい、わかってるわよ」
 独り言のように呟いて、私は優しくこなたを抱き上げる。
 こなたの身体はとても小さい。
 その頭を慈しむように撫でてやると、心なしかこなたが嬉しがっているような気がした。
 そうよこなた。
 あなたはそれでいいの。
 ただ私の傍に居てくれたらいいのよ。
 私はこなたをベッドに寝かせると、その頬に軽く口づけをした。
 こなたは少し照れているようだ。
 ああ、こなた。
 あなたは永遠にそのままでいてね。
 狂おしいほどに愛しい、その姿のままで。
「こなた」
 私は再び、こなたを抱きしめる。
 こなたの身体は柔らかく、でもそれゆえに儚げで。
 私が少し力を込めたら、そのままに壊れてしまいそうで。
 こなたは何も云わない。
 ただただじっと、私を見つめているだけ。
 そうよこなた。
 あなたはそれでいいの。
 ずっとずっと、そのままでいてくれたらいいのよ。
 永遠に姿を変えることなく、ただ私だけのこなたのままで。
 こなた……。



「……かがみん、何やってんの?」
「ひゃおう!?」
 驚いて振り返ると、奇異な眼差しを私に向けているこなたがいた。
「あああんた、何勝手に入って来てんのよ!」
「いや、結構な回数ノックしたんだけど……」
「え? マジで」
「うん」
 やっべ、全然気付かなかった。
 かがみ超恥ずかしい。
「てゆーか、そのぬいぐるみ……」
「あ!? ち、ちが」
 とっさに私は『それ』を背中に隠した。
 が、時既に遅し。
「……なんか、私に似てない?」
「あ、う。えー……」
 さあ、くまったくまった。
 じゃなくて困った。
 どこから説明しましょうか?
 時に閉鎖空間での私は過激でしょうか?
 どうみても過激です、本当にありがとうございました。
 ……なんてやってる場合か。
「かがみってさ、今までぬいぐるみなんて持ってなかったよね。ってことはそれ……」
「…………」
 あー、そうよ。
 そうですよ。
 あんたにどことなく似てたから、つい買っちゃったんだ☆
 らんらんるー。
「……なんか、くやしい」
「へ?」
 こなたは私の方へ近付くと、『それ』を私から取り上げ、ベッドの上に置いた。
「…………」
 そして、ぎゅっと、私の腰に手を回す。
「こ、こな」
「…………」
 動揺する私を、こなたは上目遣いで見上げてくる。
 揺れる大きな瞳。
「…………」
 気付くと私は、こなたを自分の胸に抱き寄せていた。
「かがみ……」
「こなた……」
 こなたの温もりを感じる。
 ほんの少し前の、自己欺瞞的な行動がちょっぴり恥ずかしくなった。
 こなたはここにいたんだ。
 ずっと前から、私の傍に。

 ねえこなた、たとえあんたが変わっても、私は変わらずここにいるわ。
 だからあんたも、変わらず私の傍にいてね。

 私の可愛いこなた。



 終


コメントフォーム

名前:
コメント:
  • これは初見ならビビるよなぁ… -- 名無しさん (2013-02-25 23:23:00)
  • エロパロ板でこんな感じのSSあったなぁ
    人形になったこなたに絶望して自殺する歌を得意げに
    カラオケで歌ってみんなからドン引きされるかがみの話だけど -- 名無しさん (2008-09-18 14:30:03)
  • かがみカワエエ
    こなたカワエエ
    -- ハルヒ@ (2008-09-16 23:15:07)
  • 後半かがみがいい感じに壊れてるなw
    あと、少し嫉妬してるこなたっていいよね -- 名無しさん (2008-08-15 16:01:09)
  • ↓まじでwww どっかのサイトでなんか死んだ(人形になった?
    こなたをそのまま家においているという設定のやつがあったから‥www
    一瞬びびった まあハッピーエンドでよかった -- 名無しさん (2008-08-15 13:28:12)
  • 前半読み始めて「これってヤンデレの鬱ものか(汗)」と焦ってしまった…

    こういうお話好きです -- 名無しさん (2008-08-15 04:13:09)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。