ビビッと来ました

このページを編集する    
小ネタ『ビビッと来ました』

パチッ!

「痛っ!」

「つかささん、静電気ですか?」
「そうなの、ゆきちゃん。
私、静電気が溜まりやすい体質みたいで……」

「昔からそうなのよね、つかさは」
「えへへ……」

「実は私もそうなのだよ~」
「こなちゃんも?」

「かがみ、試しに触ってみてよ」
「やあよ、そう言って私に電気が流れたりとか……」

バリバリバリバリ!

『ひあう!?』

「だ、大丈夫、こなちゃん!?」
「かがみさん、大丈夫ですか!?」

『…………』

「良かった、大丈夫そうだね~」
「心配しましたよ、お二人共」

『私達、結婚するから』

『ええええええぇぇぇぇぇぇ!?』

「いや、かがみは私の嫁だし」
「これはもう、こなたと結婚せざるを得ないわね」

「お、お姉ちゃん達、変になってるよ!?」

「変じゃないよ、これは一万年と二千年前から決まっていた事だよ?」
「それに、一億と二千年後も愛してるしね」

「泉さん、かがみさん、正気に戻って下さい!」

「私達は正気だよ。
正気だから今からハネムーンの予約するんだ」
「挙式だったらうちの神社で挙げてもいいのよ、こなた?」
「おお、かがみ! ナイスアイディア!」

『…………』

「ゆきちゃん……」
「触りません」



コメントフォーム

名前:
コメント:
  • !!? *1 ))))) -- 名無しさん (2014-05-14 21:05:54)
  • 何コレw -- 名無しさん (2013-05-03 10:26:37)
  • これはいい静電気 -- 名無しさん (2009-11-20 02:50:36)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。