もっと速く

このページを編集する    
傾き始めた太陽の光が、部屋に差し込む。
十二月ももう中ごろで、日差しには夏場のような力強さが感じられず、どこか弱々しかった。
目の前にはこなたがいて、私の漫画をわき目も振らずに読み続けていた。
そして私も同じ漫画を読んでいる。

会話はない。
徐々に部屋は暗くなっていくけど、電気をつけてもいない。

一時間ほど前に突然家に遊びに来てから、ずっとこんな感じだ。
どことなく、変な雰囲気だった。いつもなら、こなたが色々話しかけてくるんだけど、今日はそれがない。
私が何か言っても、うんとかそうなんだとか生返事をするばかり。そんなに漫画に集中してるのかしら。
そう思うと、なんとなく私も声をかけづらくて、部屋には静寂が下りてきてしまった。
薄暗闇の中、ただページをめくる音だけが耳に届く。

こなた、どうしちゃったのかしら。ただ読書に没頭してるだけなのか、それとも他に何か理由があるのか。
気になって、目はもう漫画を見ないで、ちらちらとこなたを観察していた。
こなたは虚ろな目で、漫画を読むというよりはぼんやりと眺めているように思える。
そして時たま、何かに焦ったようにページを何枚も高速でめくっていた。

どことなく、落ち着きがないように見える。どうしたんだろう。何か悩み事でもあるんだろうか。
それなら、相談してくれればいいのに。私なら、いつでもこなたの支えになってあげるんだから。
そんなことを考えながら眺めていると、こなたは膝の上あたりで掴んでいた漫画を、自分の顔の前へと持っていった。
こなたの顔が隠れ、代わりに漫画の表紙が目に入る。
そして表紙は少し前に傾いて、

「!」
本の谷型の隙間から、こっちを覗き込むこなたと、目が合った。
こなたは慌てて漫画で顔を隠す。
「ちょっとこなた、どうしたのよ」
「……え?」
反射的に声をかけていた。こなたは面食らったような表情で、漫画を下ろしてこちらを見つめてくる。
全ての動きが一瞬止まる。無言の中、冬の肌寒さだけが体に纏わりつく。
もう、思っていたことを全部言ってしまおう。
固まったままのこなたを、真っ直ぐに見据えて、続ける。
「さっきから何か変よ。普段色々話しかけてくれるのに、今日は全然喋んないし、漫画も読んでるのか読んでないのか分かんないし、
落ち着きがないし、こそこそこっちを見てくるし」
ざっと観察結果を並べて、自分なりの結論を出す。
「何か、悩みでもあるの?」
「それは……」



こなたは俯き加減で呟いて、でもその後の言葉は続かなかった。
やっぱり、思ったとおりだ。
「困ったことがあるんなら、私を頼ってくれていいのよ。私に出来ることがあれば、力になってあげるから」
我ながらありふれた言葉だと思う。でも、本当のこと。
こなたに悩みがあるなら、それを取り除いてあげたいって思う。
ずっとこなたと一緒にいるんだし、この子は何があっても全部自分で抱え込むような性格だし。
ほっとけないんだろうな、こなたのことが。

「うん……ありがと。でも、なんでもないよ」
「ほんと?」
こなたは顔を少しだけ上げて、力ない笑みで答えた。その声は弱々しくて、何か隠してる気がしてくる。
深く突っ込まない方がいいのかもしれないけど、それだとずっと抱え込んだままになるかもしれないから、
「ちゃんと話してくれないと、心配するじゃない。何かあったの?」
こなたはまた俯いて、黙ったままだったけれど、しばらくして意を決したように大きく顔を上げて、
「あのね……。かがみは、その……ク、クリスマスに何か予定ある?」
「え?」
突然話を逸らされた。それとも、これがこなたの悩み? いや、そんなわけないか。
「別に……ないけど?」
彼氏もいないしね。多分クリスマスの街は恋人たちでいっぱいなんだろうな。なんだか今から寂しくなってきた。

「でも、それがどうかしたの?」
「え、えっと、ね……」
こなたは目線を色んなところに向けて、しばらく時間を置いてから、
「クリスマス、一緒に過ごさない?」
私の方を見ないで、少し下のほうを見つめながら、今にも消えそうなか細い声で。
それを聞いて、私は安堵の気持ちで鼻から息を抜いた。
いきなり何を言い出すのかと思ったら……。
「いいけど、何で?」
「それは……」
こなたはまた言葉に詰まる。どうしてここで躊躇うのか分からないけど、私は待つことにした。
こなたが自分から言いだすまで。
言いたくなかったら言ってくれなくてもいいし、追求するつもりもない。それはこなたが決めることだから。
でも、本当に、今日のこなたは元気がないというか、何かが変だ。




また、長い沈黙がやってくる。
ぼんやりとオレンジ色に染まった薄暗い部屋の空気。
その向こう側にいるこなたは、俯いたまま横から差し込む光に照らされ、逆半身に影を作っている。
こんな、思いつめたような表情のこなたを見るのは初めてだった。

……言いづらいのかな。
それなら、きっかけを作ってあげようか。
「恋人がいない同士で楽しもうってこと?」
「……違う!」
間髪いれずに否定された。こなたは勢いよく顔を上げて、
「そんなんじゃないよ、かがみ……」
声は竜頭蛇尾に小さくなっていった。
どういうことなんだろう。他に理由、それもあんなに強く否定するほどの大事な理由なんて……。
「それな……」
「か、かがみと一緒にいたいんだよ。恋人同士が一緒に過ごす、聖夜の日だから……」
え……。
「私ね、かがみのことが、大好きなんだよ。……女同士だけど、でも、友達って意味じゃなくて、本当に、愛してるんだよ」

それって、一体……。
私のことを、好き? 友達って意味じゃなくて……ええ!?
頭がパンクしそうで、でもこなたの声は鮮明に耳に入ってくる。
「ずっと言えなかったんだけど……、気づいたら、かがみのことばっかり考えるようになってたんだ。
 かがみと話していたい、かがみと一緒にいたい、かがみに構ってもらいたいって」

……こなたが、ずっとそんなことを考えてたなんて。
それなら、私をからかってきたのも、色々弄ってきたのも、全部……。
「かがみはツンデレで可愛いし、すぐに怒るけど、本当は周りに気配りが出来る優しい人だし」

もう何がなんだか全然わかんないのに、私の心は、驚くほど冷静だった。
全ての感情は、変わる状況の速さに置いていかれて、でも一つだけ、疑問が生まれる。
……私は、どうなんだろう。
こなたのことをどう思ってるんだろう。
「最初はこの気持ちが何なのか自分でも分かんなかったんだけど、段々、ちょっとずつだけど、分かってきたんだよ」

……私も、自分のことが分からない。こなたに抱いている気持ちが何なのかも。
「ああ、私はかがみのことが好きなんだなって。
それで、自覚するようになってからは、毎日が輝いてて、学校に行くのも楽しかった」

自覚。自分の気持ちを正直に見つめて、理解するってこと。
私は今、それが出来ているんだろうか。
「今日はかがみとどんな話をしようかな、どうやってからかおうかな、どんな反応をするのかなって、毎日わくわくしてたんだ」



多分私は何も自覚できてない。でも、
こなたは今、自分の心を理解して、私に気持ちをぶつけてきているんだから、
せめて自分自身とは、分かりあわないと。
「だから、ね。迷惑だっていうのは、分かってるけど、私は……私は……」

最後の方は、声になってなかった。
ただ、声にならない声が聞こえてくる。
俯いた顔から、何かが零れ落ちたのが見えた。それは淡い夕日を浴びて輝き、床に落ちて消えていった。
一つ、また一つと、光は床に落ちて溶けていく。

……こなたはこんなにも頑張ってるのに。
好きな人に勇気を出して思いを伝えているのに。
私は、逃げてばかりなんじゃないの?
こなただけを泣かせて。

力になりたかったくせに。
分かろうとしていたくせに。
今までずっと見てきたくせに。
小さな変化もすぐに感じ取っていたくせに。

気づいたら、こなたのことばかり考えていたくせに。

だったら、答えは一つじゃないの?
……好きな人を、泣かせたくない。

感情が、止まった状況に追いついてきた。

泣かないで、心の中でそう呟いて、そっとこなたの目の前まで行って、
「こなた、顔を上げて」
私に応じるように、こなたはゆっくりと私を見上げる。
目は赤くなっていて、そこから二つの光の筋が伸びていた。虚ろな感じに口を開けていた。
そこ目掛けて、

「んっ」
自分の唇を重ねる。
こなたの体がびくっと震える。それを抑えるように、首に腕を回して抱きしめた。
私達を照らしている冬の太陽のように、優しく、包み込むように。
柔らかくて、とても不思議な感じ。温かくて、熱くて、甘いような酸っぱいような……。

唇を離す。
目を開けて、至近距離のこなたを見つめる。
「か……がみ?」
こなたは困惑した表情で、ぼんやりと私を見つめ返してきた。
だから私は、大丈夫、って笑顔を作って、
「これが、私の答えよ」
こなたの目にはまだ涙が滲んでいる。
ごめんね、私が、自分の気持ちに気づかなくて。
でも、今は正直に言える。

「私も、こなたのこと、愛してるわよ」
こなたは呆けた顔になって、でも次の瞬間には、
「う、っえぇぇん、かがみぃぃ」
私の体に顔をうずめるように抱きついてきた。
よしよし。……全く、あんたも結構甘えんぼじゃない。
「……大丈夫だから、泣かないで」
そっと、頭を撫でてあげた。


もう随分傾いた太陽の光が、部屋に差し込む。
弱々しい日差しは、でも私たちを柔らかく照らして、夏よりもずっと温かく思えた。
隣にはこなたがいて、私と肩を寄せ合って、窓の外をぼんやりと眺めていた。
そして私も同じ窓の外を見ている。

会話はない。
やっぱり電気もつけてない。

でも、私達にはそんなもの必要なかった。
会話がなくても、私達は繋がっているし、触れ合ってる。
灯りがなくても、太陽がずっと照らしててくれる。

でも。
冬の日照時間は短い。
もうすぐ太陽は沈んで、夜がやってくる。
「ねえ、こなた。そろそろ、帰った方がいいんじゃない?」
こなたは外と、時計を交互に見て、
「……そだね。じゃ、そろそろ帰るよ」
あ~、どうしてそう、あからさまに沈んだ表情になるかなあ。
どうせまた明日会えるんだし、今日もさっきまでずっと話をしてたじゃない。
だから、そんな顔しないでよ。

こなたは立ち上がって、私を放って勝手に玄関まで歩き出した。
そして靴を履いて、哀しそうな顔で、
「それじゃ、また明日ね」
「……待ちなさいよ」
もう見かねて、こなたを呼び止めた。
「何? かがみ」
「駅まで送ってくわよ」




町は全てが朱色に染まっていた。
走る道も、周りの家々も、木々も、電柱も。そして空も。
その中を、同じように橙色の光に照らされながら、自転車を漕いでいく。
ちらっと後ろを見ると、こなたが横向きに座ってこっちを見ていて、私と目が合った。

でも、今度はどちらも逸らしたりしない。
こなたが少しはにかんだ笑顔を見せたから、私も笑い返した。

冬の硬くて冷たい風が、顔に、手に刺さり、どんどん感覚が失われていく。
でも、寒いとは思わない。涼しくて、気持ちが良かった。
速度を緩めるつもりはなく、日が沈まないうちにと、ペダルを漕ぐ足に力を入れて、加速する。
軽快なスピードで、自転車は風を突き抜け、細い道を突き進んでいく。
速度が上がって、風がより強く吹きつけてくるけど、それすらも心地よかった。

「寒くない?」
「もちろん! かがみにくっついてるから、平気だよ」
「ま、町中なんだから大声で言わないでよ。恥ずかしいじゃない」
「別にいいじゃん。周りなんて」

もう……。

一度周りを見回す。
……そろそろ駅か。
出来れば、このままずっと走っていたいけど、そうもいかないわよね。

二人っきりで、どこまでも、こんな気持ちのいい風に乗って走り続けたい。
何かに捉われることもなく、この広い世界を。

「ねえ、かがみ!」
こなたが元気よく私を呼ぶ。
「何? こなた」
「これで、どこまで行けるの?」
……それは。――そんなの、決まってるじゃない。
冷えた風を纏いながら、ぼんやりとした温もりの夕日を浴びながら、考える間もなくすぐに答えた。
「どこまででも!」
「じゃあさ!」
こなたは、今までで一番大きい声で。
「まずは私の家まで、連れてってくれる?」
「……当たり前じゃない!」
私も、今までで一番大きな声で返す。

「速度上げるから、掴まっててよ」
「うん!」
更に加速する。




茜色の中を、一直線に駆け抜けていく。
全てのものを後ろに置いて。
もう誰にも止められる気はしない。
風を切り裂き、硬い空気をいくつも体にぶつけながら。
もう体中が冷えてきて感覚がなくなってるけど、火照った体にはちょうど良い。
それに背中だけは、こなたがいるから温かい。

「気持ちいいわね」
「うん」
こなたが両腕を私のお腹に回して、後ろからもたれかかってきた。
「かがみの背中、あったかくて気持ちいいよ」
そっちかよ。いや……嬉しいんだけどさ。
「うにゅぅぅぅ、かがみん、だーいすき」
「バ、バカ……。こんなところで言わないでよ」
町中なのに、恥ずかしいじゃない。
そして頬擦りをされてるような感覚が背中に来る。
撫でられているようで、くすぐったかった。

「えー、かがみは私のことキライ?」
「そ、そんなわけじゃないわよ」
「じゃ、町中に聞こえるくらい大きな声で伝えてよ」
「な、なんで私が……」
「ううっ、やっぱりかがみ、本当は私のこと……」
「あー、分かったわよ。い、言えばいいんでしょ言えば」
もうこうなったら、やってやる。
軽く息を吐いて、大きく空気を吸い込んで、
夕方の町に、響き渡れと、
「私も!」
あの空まで、どこまでも届けと、
「こなたのことが……大好き!」
叫ぶ。

言い終わった途端、恥ずかしさが襲ってきた。
……私は町中で何を叫んでるんだ。
うわー。
考えれば考えるほど悴んでいた全身が熱くなっていく。
誰かに聞かれたりしてないわよね……。
「う~ん、かがみは大胆だね。ドキドキしちゃったよ」
こなたはそう言って、笑った。何の屈託もない、楽しそうな声で。
私も、つられて笑った。



時が止まったような不思議な世界。
走る道も、周りの家々も、木々も、電柱も、風すらも後ろに流して、私達は進んでいく。
ふと空を見上げると、何羽もの鳥が黒い陰となって茜色の空を飛んでいた。その後ろには、雲。
小さな雲は淡い橙色に照らされ、澄んだ空気の中をゆったりと流れている。
何かに遮られることもなく。広い大空を。

あの雲を、追いかけてみようか。いつまでも、どこまでも。

こなたを乗せて走ってるだけで、本当に楽しくて、自然と力があふれてくる。
だから、
加速した。

誰にも触れられないように。
二人だけでいられるように。


コメントフォーム

名前:
コメント:
  • 2人お幸せに! -- かがみんラブ (2012-09-19 23:21:21)
  • 更新履歴から来ました・・・今までこの良作を見逃していたなんて一体?
    GJですよ~作者様、これからも期待してます。 -- kk (2011-01-06 00:12:09)
  • GJ!! クリスマス編希望 -- 名無しさん (2011-01-05 21:41:47)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。