今日の小なた28(こなかがBBS)

このページを編集する    

ドクターかがみ

こな「ゲホッ! ゼホッ! ・・うぅー・・あー・・またコマンドミスった・・」
ゆた「お、お姉ちゃん・・? なんだか調子悪そうだけど・・」
こな「おー、ゆーちゃん?」
ゆた「さっきから部屋の外までセキが聞こえて・・」
こな「うーん・・熱は無いんだけどどうにも風邪気味でねぇ・・ふぅー・・
    あー・・朝から鼻水で顔がグチャグチャだし・・全身ダルいしー・・参っちゃうね」
ゆた「それ大変だよー! ゲームなんかしてたらきっと悪くなっちゃうよ・・」
こな「うーん・・でもなあ、今日はこのゲームのネタでかがみと遊びたいしー・・
    朝、電話で約束もしちゃったし・・」
ゆた「で、でも・・お姉ちゃんすごい風邪声・・」
こな「まあまあ、暖房をね・・強にしてるからね・・大丈夫だよー」
ゆた「そうかなぁ・・何か喋ってるのも大変そうで・・」
こな「だってぇ・・かがみ、私に会えないなんて知ったら・・ショックで寝こんじゃう・・」
ゆた「お姉ちゃんの方が寝込みそう・・」
かが「(ピンポーン)ごめんくださーい! こなたー、いる?」
こな「おっ! キタキタ~! かがみー、いらっさーい!」
ゆた「うわ、急に元気になった!?」
かが「お邪魔しまーす、と・・妙に暖房強いなー・・」
こな「やー、かがみん! べヨネッタやる? やるー?」
かが「おーす、こなた。 相変わらずねぇ・・」
こな「かがみが好きなSTG要素があるのだよー! 是非やってみて感想を聞きたいですな!」

かが「はいはい。 まあ、とりあえずー、と・・」
こな「ほえ? 水筒・・?」
かが「ん。 つかさに頼んでレモネードを作ってもらったの」
こな「おおー?」
かが「美味しいわよー? つかさのレモネードは高い蜂蜜使ってるからね、どうぞどうぞ。 ゆたかちゃんも」
ゆた「ありがとうございます」
こな「・・ほぅ、ショウガもなかなか高級品なのかなー? 香りがスゴイ・・」
かが「どう、レモネード?」
こな「美味しいよー! 温かいし!」
かが「身体は温まった?」
こな「おうよ! つかさに感謝だね」
かが「トイレは大丈夫?」
こな「んー? 大丈夫だけど・・?」
かが「よし! それじゃー・・(がしっ)」
こな「ちょっ!? か、かがみ!? ・・な、何を!?」
かが「ベッドに直行よ! おりゃあっ!!」
ゆた「うわー!?」
こな「にゃー!? お、押し倒されるー!? かがみ、積極的過ぎだよー! どうしたの!?」
ゆた「え、えとっ!? し、失礼しますっ!」
こな「ああぁ、ゆーちゃーん!!」

かが「こーなーたー!」
こな「ふえっ!? ナ、ナンデスカ・・?」
かが「誤魔化してるけど、完璧に風邪声ねー? 風邪引いてるでしょー? 念のためにレモネード持ってきて良かったわ」
こな「え・・!?」
かが「ツバ飲み込むとき、一瞬痛そうな顔してるわね・・喉は大丈夫なの?」
こな「む、むぅ・・風邪は・・さっき部屋温かくして汗かいたら治ったよぅ・・」
かが「本当? 汗なんてかいてないじゃないのよー? どーせゲームばっかやってー・・」
こな「こ、これはー・・じ、実は見えてない所がビショビショなんだよ。 かがみのえっち!」
かが「(無視)寝なきゃダメ! 寝ないと免疫力が回復しないわよ。 風邪は寝て治す! ほら、寝なさい」
こな「うにゃーん・・遊ぼうよーぅ」
かが「寝ーなーさーい!」
こな「むぅ・・」
かが「この部屋もダメねぇ、暖房じゃ空気が乾燥し過ぎだわ。 ただでさえ冬なんだからー・・」
こな「かがみぃー・・ケホッ! ケホッ!」
かが「頭は? 痛くない? 冷えピタシートも持ってきたけど」
こな「うー・・」
かが「これで少しは良くなるかなー・・(なでなで・・)」
こな「・・かがみぃ・・」
かが「ん? どうした?」
こな「ううー・・喉痛かったよぉ、かがみぃ・・」
かが「無理にしゃべるからでしょ・・もー・・」
こな「・・・むー・・」
かが「はいはい・・おやすみ、こなた・・大人しくしてれば、すぐに元気になるんだから・・
    そしたらまた一杯遊べるでしょ?」
こな「・・・うん」

ゆた「・・お姉ちゃん、お姉ちゃーん? ・・ご飯食べれる?」
こな「ん・・あー、おはよーゆーちゃん・・んんー? お! 多少は身体が軽くなったかなー?」
ゆた「お、お姉ちゃん・・よく疲れないねー・・その、かがみ先輩と・・」
こな「あははー・・あの後はすぐにフワーってなって、真っ白になっちゃったよー・・
    しかもその後で着替えさせられて、またベッドに放り込まれてさ・・
    もっかいフワ~って感じ! 完全試合でしたー! やっぱ、かがみには勝てないねぇ・・」
ゆた「・・(は、激しいなぁ・・)」





かがみがアイテム吸い込みまくり 『Piece Collector』



作品についての注意

  • 独自設定の作品
  • 元ネタはgeometry wars 2
  • 怪しいbmpwav.dxaファイルはDXライブラリ用の画像と音の素材ファイルらしい


操作方法

→タイトル画面
  • Zキーでスタート

→ゲーム画面
  • レバーで移動
  • 緑の□、赤い△が敵。敵に触れると終了
  • ウロウロしているこなたに触れると爆発が起きて周囲の敵を倒せる
  • 時間経過または黄色い『☆』アイテムを取るとスコア表示が緑→青→赤に変わっていく
 敵を倒したときの点数は赤に近い方が高くなる
  • 青い『こなた袋』を取るとこなたの出現までの時間が早くなる
 ・・・な、何を言ってるのかわかんねーと思うが、俺もどうしてこんな仕様を思いついたのか分からなかった
 頭がどーにかなったと思われる

→リザルト画面
  • ハイスコアを出すとhiscore.datに保存される
  • hiscore.datは消すと新しいのが作り直される
  • Zキーでタイトル画面に戻る

GetRand()関数使用
   Mersenne Twister
   Copyright (C) 1997 - 2002, Makoto Matsumoto and Takuji Nishimura,
   All rights reserved.

oggファイル呼び出し関数使用
   ogg_static, vorbis_static, vorbisfile_static
   Copyright (C) 1994-2002 XIPHOPHORUS Company http://www.xiph.org/ .

DXライブラリ使用
   DX Library Copyright (C) 2001-2008 Takumi Yamada.






こなたカメラ

こな「つかさー、面白い動画見ないカネー?」
つか「なあに、こなちゃん?」
かが「まーたネットで拾ってきたの?」
こな「フフ~! 今日のはネット発ではないのだよー」
つか「これは・・え? お姉ちゃんとこなちゃん・・?」
こな「うん、昨日の私の部屋! かがみはいつもこう、私のベッドの上で本読んでるんだよ」
かが「えぇっ!? な、何でこんな映像があんのよ!?」
こな「実は昨日、間違えてウェブカメラを録画モードにしっ放しにしてたらしくてさ・・
    ゲームやってて気付かなくて・・HDDがパンパンになってしまったよ・・」
かが「アホだ・・」
こな「しかし、動画を見て発見したんだけどさ。 普段の私たちってシュールな程、動きが無いんだよねー」
つか「確かに・・さっきからスロー映像みたいだね・・」
こな「漫画のコマみたいでしょー? 実は早送りなんだよ!」
かが「位置関係が全く変わらないな・・」
つか「あ、たまにお姉ちゃん本のページめくってる」
かが「しかし、こなた・・PC見ながら口をあんぐりってのは、さすがに女の子として迂闊過ぎじゃー・・」
こな「む!? ま、まあ部屋にかがみしかいなかったしー・・」
つか「こなちゃんは何してるの?」
こな「この時は『リアル彼女』と言うゲームをやってたよん! かがみも見たよねー?」
かが「え・・そうだっけ・・?」
こな「えーっと・・(カチカチ・・)・・ほら、ここ!」

こな『かがみー、見てみてー! すっごいリアルでしょー?』
かが『あー・・そうねー・・いや、あんま興味ないけどさ・・』
こな『現代日本に生きる学生なら、最新の技術にも興味を持たないとイカンですよー?
   見て見て! かがみの好きなAAカップの娘も、最新の物理学でこーんなにリアルに再現されてるんだぜ!
   技術の進歩を感じるでしょー?』
かが『そんな最新技術なんて要らねーよ・・』
こな『シューティングゲームとかもさ、こういうのがバンバン使われてるんだよー、多分!』
かが『ふーん、最新ねぇ・・
   ・・・
   ・・でも・・AAはそんなに揺れないけどなぁ・・(ぼそ・・)』

つか「お姉ちゃん・・」
こな「ですよねー」
かが「ちょっ!? な、何で最後の部分、音量アップされてんのよ!?」
こな「いやぁ、聞き取り辛かった部分は自動で修正してくれるみたいだね、このカメラ!」
つか「すごい最新技術だね・・」
こな「やれやれ・・こんな台詞を録画されてしまうとは! かがみさまも迂闊過ぎじゃーないですかー?」
かが「うぐ・・何てこと! またいじりネタを提供してしまった・・」

こな「おー! ここだここ! さあさあ! 決定的瞬間が来ましたヨー!!」
かが「ま、まだあるわけ・・?」
こな「私がPCゲェムに興じている隙に、後ろでかがみがとんでも無いことをするよ!」
つか「ええっ・・何が起こるの!?」

こな『・・・(カタカタ・・)』
かが『・・・(じー・・)』
こな『むぅー・・(カタカタ・・)』
かが『ふむ・・
   ・・・
   ・・・ちょんちょん・・(こなたのアホ毛を撫でた)』
こな『・・ん?』
かが『(ささっ!)・・ど、どしたのこなた?』
こな『今さ、何かしたー? かがみ?』
かが『え!? なにもしてないけど!』
こな『・・・?』

つか「お姉ちゃん・・」
かが「あちゃー・・」
こな「あちゃーじゃないよー!」
かが「ご、ごめん! つい魔が差してさ!」
こな「まったくもうショックだよ! かがみにこんな風にイタズラされていただなんて! かがみのツインテールも触らせろー!」
かが「い、いつも触ってるじゃないのよー・・」
こな「真面目な顔して油断も隙も無いんだからー! これからもちょくちょく撮ってチェックしないとイカンね!」
つか「だねー・・」
こな「く・・くそう、うっかりできなくなったなー・・」

つか「アレ・・? こなちゃん一人で何してるんだろ・・?」
かが「ん?」
こな「ふぉっ!? あ、ちょっ、ストップ!」

こな『かがみぃ・・メール遅いよー・・カパッ・・カチッ(携帯を開いて閉じた)
   ・・かがみ、まだ家に着かないのかなぁ・・? カパッ・・カチッ
   ・・話したいネタが一杯あるのに・・かがみぃ・・かがみぃ・・つまんないよー・・カパッ・・カチッ』

こな「・・・」
かが「こなたー・・あんまりカパカパさせちゃ、携帯が壊れちゃうわよー?」
こな「む、むぅー・・/// だって昨日、かがみすぐ帰っちゃうんだもん! 触っていいから触らせろー!(ガバッ!)」
かが「うわっ、ちょっ!? こ、こなた!? つかさが見てる! 見てるから!」
つか「撮ってるよ~! お姉ちゃん!」
かが「待てー!!」






かがみスイーツ

つか「ひよりちゃーん! いつもの持ってきたよー」
ひよ「おぉ! ありがたいッスー!」
いず「田村さん、これは・・?」
こな「おお、ひよりんのネタソース、つかさノートじゃないか!」
かが「役に立ってるのか分かんないけどね・・」
ひよ「いやいや、柊先輩は料理やお菓子系の引き出しが多いッスから!
    漫画で女の子っぽさを演出するのに、細かい知識は大助かりなんスよ!」
かが「あーなるほど・・」
いず「・・私の記憶だと田村さんも女の子だった気がするけど・・」
ひよ「・・それは言わないお約束で・・」
いず「・・ごめん」
こな「つかさは何気にクリエイターだよね~。 消費専門のかがみんも、見習わないとですよ!」
かが「うっさいわねー・・」

つか「そう言えば、お姉ちゃんがこの前作った創作料理の話がノートにあるよ! 確かこの辺・・」
かが「え・・? アレ書いたの・・?」
こな「な、なんですと!? 私食べてないよー! どんなネタ料理なのさ!」
かが「ネタじゃねーよ! 手作り豆腐を作ったから、ちょっとオマケをね・・」
ひよ「・・え!? ・・あの・・コレ・・マジッすか?」
こな「ほぅ、どらどら・・私にも見せ・・・・な、なにぃ!?」
いず「・・えっと・・その・・」
かが「おおぉい!? 三人とも何よその反応!? ネタ扱いするの!?」
こな「だってさぁ、かがみ・・ブルーベリー豆腐って・・思いつきで創作料理しちゃダメだよ・・」
かが「思いつきじゃない! 姉さん達が、私の豆腐はチーズケーキのような深い味わいがあるって言ってたんだもん!」
こな「思いつきじゃん・・」
ひよ「深い味わいがあったんスか?」
つか「どう形容すればいいのか分からないけど・・強いて言うなら豆腐にジャムをかけたような味だったかな・・」
いず「・・ですよね」

こな「さすがにこのネタは人を選ぶかも・・」
つか「そっかー」
かが「何だとーっ!」
ひよ「や、待ってください・・今、何か頭の中でイメージが・・! これは・・! キターッ!」
こな「どうした、ひよりん!?」
ひよ「ブルーベリーと豆腐の禁断の恋の物語・・どうかな、委員長! いける、いけるよ!」
いず「うわダメだ!? しっかりして、田村さん!」
ひよ「いやいや話を聞いて下さい!
   ・・いつも『私色に染めてやる~』とふざけて豆腐をからかうブルーベリーちゃん
   豆腐へのベリーの思いは本物だったけど
   同時に常識人のベリーは、豆腐は決して自分になびくことは無いだろう、とも理解していた・・
   ほら、自然な流れだ!」
つか「・・確かに自然にはこの組み合わせはちょっと・・」
いず「・・田村さん・・ついに食物萌えに目覚めたのか・・」
ひよ「『いつか素敵な調味料が現れて、愛する豆腐を奪っていくのかな・・
    そして、甘酸っぱい嘘の笑顔で豆腐を見送ることになるんだろうな・・』
   そんな思いを胸に隠しながらも今日も豆腐へのちょっかいを止められないブルーベリー」
つか「辛いねー、ベリー・・」
いず「調味料って・・」

ひよ「しかし、ふとした喧嘩がきっかけになって、ブルーベリーはなんと豆腐さんに押し倒されてしまう!
   『いつもいつも私のことをからかうだけからかって!
    アンタに会うたびに私は・・! 今日こそはアンタの告白に応えようって・・! 一体、いつまで私は待てばいいのよ!
    バカ!! 私にはもう、ベリー以外のソースなんて考えられないのに!』
   『え・・と、豆腐さん!?』
    そう、豆腐さんの方はとっくの昔からブルーベリーに夢中だったっス!」
いず「急展開だな・・」
ひよ「『ダ、ダメだよ! だって・・私みたいな甘ったるいのと和風料理なんて・・みんな気持ち悪いって言うよ・・』
   『みんななんて関係無い! 私にはたった一人、ブルーベリーがいてくれればいいの!』
   『と、豆腐・・!』
   『ベリィー!!』」
いず「・・なるほどー・・そこそこ美味しい・・かな?」
つか「あんまり美味しくなかったよー・・?」
ひよ「いや、甘じょっぱくて美味しいッスよ!
   『豆腐のここ、とっても柔らかくてケーキみたいだよ・・』
   『ベリーだって、こんなベタベタにして・・悪い子ね・・』
   これだ・・! コレでいける!」
いず「告白直後にその展開は・・」
ひよ「むしろそこがいいと言ってほしい! ・・泉先輩もそう思われますよね? ね?」

こな「あー、うん・・その・・いいんじゃない・・」
かが「あ、あんまりえっちなのはどうかと思うけど・・」
つか「アレ? お姉ちゃん達どしたの? 真っ赤になっちゃって?」
こな「な、何でもないよー・・」
かが「何でもないけどさ・・」


コマ君とかがみ

みき「こなたちゃん、配車屋さんに連絡して、タクシーを2台追加で」
こな「はーい! お母様ー」
つか「こなちゃーん! 酒屋さんが来たよ! 運ぶの手伝って~!」
こな「うーい! 今行くよ~、つかさ」
かが「・・意外と真面目に働くなぁ・・」
こな「ん~? どしたの、かがみ?」
かが「いや・・最初にアンタがバイトに来たときは、すぐ飽きるんじゃないかと心配してたんだけどさ・・」
こな「フフ~! 見直した~? 私の身体能力なら、そこらの男よりよっぽど頼りになるでしょー?」
かが「それはそうかも知れんけど・・いいの? うちってバイト代なんてお小遣い程度じゃない・・?」
こな「かがみの喜ぶ顔が見れれば私は満足なのさー! 楽しい思い出がバイト代代わりですよー!」
かが「そ、そっか・・それは助かるわ・・」
こな「でしょー! 私の活躍を見てておくれー!」

まつ「ホント、こなたんには感謝だね~」
いの「毎年、年始の時期はゆっくりお茶も飲んでられないからねー」
かが「姉さん・・ゴロゴロし過ぎ・・」
こな「ふぃー・・終わりましたー!」
まつ「ご苦労さん、こなたん!」
こな「いえいえ! お姉様方にお手を煩わせるには及びませんヨー!」
かが「姉さん達も、こなたを見習ってよー・・」
まつ「よーし良い子のこなたんにはー・・私の秘蔵コレクションでー・・じゃん! 苦手なハードル走で三位を取った、かがみ小学5年生@運動会!」
こな「ふぉぉ・・! ま、ましゃかコレは!?」
かが「え・・? ちょっ!?」
まつ「ちなみに体操服はいのり姉のお古!」
こな「しょ、小学生のかがみが・・! やばっ! ど、どうしよう・・!? まぶしい! まぶしいよー!」
いの「こんなに喜んでもらえると、こっちも嬉しいわね」
かが「おおぉい!? わ、私の思い出が取引きされてる!?」
いの「いやー・・バイト代が少ない分、私たちも誠意をね・・」
かが「勝手に出すな!」
こな「あぁ・・私の心の中のお菓子箱は、ホワイトロリータでギッシリになっちゃいましたよー!」
まつ「これからも頑張ってね! こなたん!」
こな「はーい!」
かが「何がロリータだ! 今の写真返せ! おい!」
こな「はっ!? ご、ごめん、かがみ・・つい興奮しちゃって・・声変わり前のかがみも可愛いけど、もちろん今のかがみも大好きだよ!」
かが「声変わりなんてするか!」

まつ「怒んないでよー、かがみ」
いの「こなたちゃんも、とっても楽しそうなのに・・」
かが「私は楽しくない! 写真見せるのは禁止だ禁止!」
こな「むぅ・・」
いの「大丈夫よー、こなたちゃん。 かがみの楽しい思い出は写真だけじゃないから」
こな「ホントですか!」
かが「まだあんのかよ・・!」
まつ「例えばー・・今日はそろそろコマ君に会いに行くんでしょ、かがみ?」
かが「え・・? あーうん・・まあ・・仕事だし・・」
こな「ほえ? コマ君?」
いの「こなたちゃん、小っちゃい頃のかがみのお気に入りの相手とか知りたくなーい?」
かが「なっ!?」
いの「そういや、昔はコマ君と結婚するとか言ってたなぁ・・(ニヤニヤ・・)」
こな「えぇー!? な、な、なんとハレンチな!? コマ君て、誰なんですか!」
まつ「コマ君は昔から近所にいる子だよ。 かがみは小学校入る前からコマ君べったりでー・・」
かが「ちょっ!? 姉さんっ!」
こな「お、幼なじみフラグー!? なんておいしい・・!」
いの「幼稚園の頃なんか、コマ君にまたがったり、やりたい放題だったわ」
こな「なんですとーっ!? う、羨ましいっ・・!」
かが「ち、小っちゃい頃の話よっ! 落ち着け、こなた!」
こな「・・そっかー・・・・そっかぁ・・
    ・・まぁね、私はね・・今のかがみんが好きだからね・・
    ・・過去にあったことをどうこう言うような・・うるさい女じゃないけどね・・」
かが「おぉいっ!? そ、そんな泣きそうな顔するなよー・・」
こな「だってだってぇー! こ、子供時代のかがみんに・・!
    む、むぅ・・そのコマ君と言うヤツには一度、こなたチョップをドサクサに紛れてお見舞いして・・!」
かが「・・いや、いーけどさ・・」


こな「これが、コマ君か・・」
かが「チョップするついでに雑巾がけもしといてねー」
こな「石が冷たい・・でもまあ、ここにブルマの頃のかがみのお尻が乗ってたんだねー・・いいなあ、コマ君・・」
かが「・・こなた、コマ君は右にある阿狛犬(あ)の方よ
    今、こなたが洗ってるのは吽狛犬(うん)って言って顔が違うの」
こな「分かり辛いなぁ! でもさぁ・・吽ちゃんもブルマかがみんをリアルに見れたんだよね・・羨ましい・・」
かが「ブルマはもういいから!」




コメントフォーム

名前:
コメント:


投票ボタン(web拍手の感覚でご利用ください)


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。