桜舞い散り、蘇る記憶

このページを編集する    
季節は春、厳しかった寒さも今は懐かしい。

そんな風に思うくらい温かい日が続いている。

そして春といえば桜。

お花見のシーズンである。

……かがみ……元気にしてるかな……。



――桜舞い散り、蘇る記憶――



いつも桜が咲く季節になるとかがみの事を思い出す。

……桜が咲く季節に私はかがみに告白した。

きっかけは分からない、いつの間にかかがみの事を好きになって……。

でも私とかがみは女同士、もし付き合えたとしても世間から見たらイレギュラーな存在だ。

それに……かがみには夢がある、私と一緒に居たら夢は潰えてしまうかもしれない。

……でもかがみは言ってくれた、『私も好き』って……。

……桜が舞い散った後、かがみは私の側から離れた。

別れている訳じゃない、かがみは一人暮らしをする為にこの街を後にした。

今でもかがみとは連絡を取り合っている。

昨日は……確かメールが100通来てたかな……。

かがみも向こうで頑張っている様子、弁護士を目指して……。

……私は?

私は……夢がない……。

今も適当に大学へ通い、適当に毎日を過ごしている。

……こんな時かがみは何て言うだろう……。

――――――――――
今私は一本の桜の木の前に居る。

ここはかがみに告白した思い出の場所。

……そして……かがみと離れ離れになった場所……。


――何で……行っちゃうのさ!!――


――かがみは……私と離れてでも……行くと言うの……!?――


――嫌だよぉ……行っちゃやだぁ……――


ここに立つとあの頃の記憶が蘇ってくる。

ドキドキしながらかがみに告白した事。

その時散った桜が私達を包み込んでくれた事。

……かがみから一人暮らしすると言われた事。

その時……桜がかがみを連れていく様に……散った事。

……いくら連絡が取れたとしても……逢いたい……逢いたいよ……。

かがみ……今……凄く逢いたい……。

その時だった。

突風がこの街を走った。

――桜が散っていく、遥か彼方まで続いている空へと舞い上がる。

まるで天までの道の様に。

……誰かがこちらへと歩いてくる。

夕日を背に、茜色に染まった太陽を背に歩いてくる。

……私は目を疑った。

忘れる筈がない、高校時代幾度も見つめたツインテール、私がプレゼントしたリボン……。

そして……私の心を見抜く瞳。

私は走りだしその人物の名前を呼ぶ。

……今まで逢いたかった私の大切な人の名を大声で……叫ぶ。


「かがみ!!」

全速力で走り、跳ぶ。

かがみに向かってダイビングジャンプ。

サイコクラッシャー。


「こなた!!」


私のサイコクラッシャーをいとも簡単にかがみは受け止め、抱き合う。


「逢いたかった……逢いたかったよぉ……」


「私も……私も逢いたかった……!!」


今まで感じる事が出来なかった温もりを互いに求め合い、感じ合う。

……全然変わってない……あの頃と……優しいまま……。


「かがみぃ……!」


「こなたぁ……!」


嬉し泣きかな?私とかがみは互いに泣き始める。

再開の涙……ってやつだ、きっとそう。


舞い散った桜が私達をあの頃の様に包み込む。

……桜舞い散り、蘇る記憶。


――私ね……私……かがみの事が好きです!!――


――……こなた……――


――……っ……――


――……私も好き、だよ!!――


脳裏に今でも浮かぶあの告白。

そして……私は何かに操られる様に顔を近付け……。


「……お帰り……かがみん」


「……ただいま……こなた」


  • END-


コメントフォーム

名前:
コメント:
  • メール100通…だと…?
    -- 名無しさん (2009-02-23 06:51:24)
  • 桜を見ていると思い出が蘇って切なくなる、そんな気持ちになりますよね。
    告白と別れ、再会‥‥こなたとかがみにはなんだか泣ける情景です。
    GJです! -- 名無しさん (2009-02-07 23:29:58)


投票ボタン(web拍手の感覚でご利用ください)


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。