隠していた本当のココロ

このページを編集する    
───いつからアイツの事が好きだったのだろうか。アイツが笑うと嬉しい。アイツが悲しむとこっちまで悲しい。

今の私の感情の全てはアイツ─こなた─に占領されていた。今まではそれが普通だと思っていた。
でも、私がこなたに抱く感情が友情ではないと気付くのにそれほど時間はかからなかった。

───こなたと手を繋ぎたい。こなたに抱き締められたい。こなたとキスしたい。…そしてこなたと……。

そう思い始めた瞬間から私にとってこなたはただの友達ではなく、“大切な存在”になってしまっていた。





「かがみーん!宿題見せてー」
「もう、たまには自分でやれよ」』
「いいじゃん、かがみと私の仲ではないか」

こなたは私をどう思っているのだろうか。…ただの友達としか思ってないだろうか。
私がこんなに熱い視線を送っているっていうのに、こなたは気付く素振りも見せない。

「かがみーん」
「……あっ……なに?」
「こっちのセリフだよ。どうしたの、ボケッとして」
「あっ…ゴメン、ちょっと考え事してて…」

気付けば私はこなたの家にいた。どうやら私は今日一日中ボケッとしていたらしい。ここに来るまでの記憶がほとんど無い。




「もう、かがみ今日はどうしたの?一日中ボケッとして」
「…ゴメン…」
「かがみさあ、なんか私に言いたい事あるの?」
「へっ!? なっ、なんで?」
「いや、今日私ばっかり見てたから」

…なんでコイツは変な所だけ勘がいいのか。

「言いたい事はあるけど…いやだ、言いたくない」
「おいおーい、私とかがみんの仲でしょ?なんでも言っちゃいなYO~」
「…これを言ったらアンタ絶対私の事嫌いになっちゃうから言わない」
「よし、約束しよう!嫌いにならない」
「……本当に?」
「本当!」

…ここまで来たらもう言うしかない。嫌われたって構わない。私はこなたに今の気持ちさえ伝えることが出来れば良い。


「こなた…。私…アンタの事好き…なの」
「えっ…」
「友達としてじゃなくて……その、恋愛対象として……なんだけど……」

予想通りこなたはビックリしたような表情を浮かべていた。

「あっ…でもこなたがイヤなら、別にいいんだよ。……私、もう二度とこなたに関わらないようにするから……」

そう言って私はこなたの部屋から出ようとするとこなたが私のスカートの裾を引っ張ってきた。

「何?こなた」
「……かがみは鈍感だなぁ。私がこんなにかがみにラブラブ光線送ってたのに。今頃気付くなんてさ」
「…えっ…?…こなた、それって…」

私が何かを言いかけたと同時に私はこなたに押し倒されていた。何が起こったか分からないままの私にこなたは続ける。

「私、かがみにあんだけモーションかけてたのに、かがみったら告白のタイミングずれてるよ」
「こなた、アンタ…私の事…」
「好きだったよ…ずっと…かがみの事好きだった。でも私から言うのはちょっと悔しいから、かがみに言わせたかったんだ」


──好きだって…──


私の心臓が跳ねるのが自分でも分かった。…ヤバい。壊れてしまう。これ以上こなたに何かを言われると私の理性が壊れてしまう。

「…こなた、私アンタにこれ以上何か言われると、アンタを襲っちゃうかもよ?」
「別に良いよ?かがみを襲ってるのは私だもん」
「…こなた、キスしてよ」
「舌、入れてもOK?」
「ダメっつってもやるんでしょ…?」
「…やる」
「…バカこなた…///」


私達は長い間貯めていた想いを互いの唇に込めた。その想いはとても熱くて脳が麻痺しそうなほど頭がクラクラした。それはきっとこなたも同じだっただろう。

「…こなたぁ…」
「かがっ…みぃ…」


私達は長い間密着していた唇を離した。

「こなた…アンタの唇、甘過ぎ///」
「アハハ、お昼にチョココロネ食べたからかな///」
「……こなた、私達両想い…なのかな」
「もちろんだよ、かがみーん///」


こなたは私をより一層強く抱きしめて。

「どうする、エッチ…しちゃう?」
「こなたさえよけりゃ」
「…今夜は帰さないよ?」
「古」


私達はその夜、激しく愛し合った。

私、もう自分の気持ちに迷わない。こなた、アンタを幸せにするって決めたから…。


コメントフォーム

名前:
コメント:
  • こなかがに幸あれ…! -- 名無し (2010-04-15 01:24:06)
  • めでたし めでたし -- 名無しさん (2010-04-14 20:58:57)
  • �������I�I�I�I -- ���郊�g (2008-09-14 21:41:54)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。