|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

逆転を継ぐ者


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミヌキ 「わあ。さっきから、なんか教育番組のノリだねー。
     ナルホドーハカセ、みたいな。」
ナルホド「はっはっ。ナルホドーハカセと助手のみぬきちゃんに……
     使えないマスコットのオドロキくん、という3人組だね。
オドロキ(失礼な……)

ハミガキ「ワタシ、インタビューする側。わかりますでしょうかねえ?
      聞くほうであって、聞かれるほうではない、ってゆう。」
ミヌキ 「それは、わかりますけど。」
ハミガキ「たとえば・・・・そう!“作る側”である映画カントクが映画を見ると思いますか?」
ミヌキ 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・見ると思いますけど。」
ハミガキ「そう!つまり、そういうコトなんですよ。」
オドロキ(やれやれ・・・・)

ハミガキ「ワタシ、こう見えて忙しいんですよ。いわば、事件を追う旅人なワケです。
      “片道キップの人生はおつりのない人生”ってゆう。」
ミヌキ 「それは、わかりますけど。」
ハミガキ「片道キップってね。いつも、手元に残らないんだなあ。
      ・・・・改札に出しちゃうから。」
ミヌキ 「まあ、そうですね。・・・・手元に残らないのは片道にかぎりませんけど。」
ハミガキ「そう!ケッキョク、同じコトなんですよ。」
ミヌキ 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・ナニとナニが同じなんだろ。」
オドロキ(やれやれ・・・・)

ハミガキ「きっと、取材に応じさせたニュース・ソースはナニか・・・・
      そういうハナシになると思うんですよね。」
ミヌキ 「は。はあ・・・・」
ハミガキ「たとえば・・・・そう!とんかつ屋さんでソースが絶品だったとしましょうか。
      オヤジさんが秘伝のソースの作り方を教えると思いますか?」
ミヌキ 「・・・・そのへんで売ってると思うけどなぁ・・・・」
ハミガキ「そう!つまり、そういうことなんですよ。」
オドロキ(やれやれ・・・・今のはわかりやすかったかな。)

ハミガキ「なんというか葉見垣 正太郎です!職業はオトコいっぴき。」
オドロキ「つまり、ジャーナリスト、というわけですね?」
ハミガキ「あ!ちょっと。いいですか。ちょっとワタシ、なんですけども!」
サイバンチョ 「はい。なんですか?」
ハミガキ「決めつけはよくないと思うワケですよ。ワタシとしましては。
     “先入観は、無限のサバクを公園の砂場にする”ってゆう。」
オドロキ「でも。ジャーナリストなんですよね?きのう、そう言ってましたよ。」
ハミガキ「・・・・まあ、そうなんですケド。
     いや、あのワタシ。ユメと野望を抱いて、ここにいるワケです。
     証言するかわりに、スクープを!この事件の、独占記事を!
     このハミガキがッ!“あのハミガキ”にッ!」

オドロキ「なんですか?“キョセイ、オツ!”って。」
ミヌキ 「なんか昔の電報みたいですね。“カネオクレ タノム”みたいな。」
ハミガキ「かー。知らないんですか!新聞のキマリモンクですよ。
     大人物が亡くなることです。おっきな星が落ちるわけです。」
ミヌキ 「でも。ウチューって、重力がないはずですよね?
     落ちないと思うなあ、星は。みぬきとしては。」
オドロキ「…どうでもいいよ。」
ハミガキ「いや、それ、ワタシ。確かにっ!一理ありますね。それは。
     それなら《巨星、割れる》…いや、これじゃ伝わりにくい。
     いっそストレートに《巨星、死ぬ》…いや、これじゃイミがない。
     ワザワザ例え話にしなくても、《ドブロク、死ぬ》でいいし…」

ハミガキ「ちこうせい、ああ、ちこうせい。そのモードクは・・・・
      今になって、本記者のカラダをむしばみはじめたのだった!」
ミヌキ 「特ダネを書き始めちゃいましたね。」
オドロキ(やれやれ・・・・)

ハミガキ「あ、それではそろそろワタシは終わりでしょうか?
      できれば、そろそろ帰って記事をば・・・・」
オドロキ「・・・・・・」
ガリュウ「・・・・・・」
サイバンチョ「・・・・・・」
オドロキ「・・・・あの。ワザワザ“みぬく”までもないんですけど・・・・・・
      あなた、ニュースのニオイをかぎつけるとき・・・・
      かならず、その珍妙なカオをしますよね。」
ハミガキ「ええええっ!そんなバカな!
      “それは気のせい、森の精”・・・・ってゆう。」
サイバンチョ 「私のこのカスんだ目でもしっかりと分かりました。
      “みぬく”ゴクイ・・・・私にも。分かったような気がします! 」
オドロキ(“それは気のせい、森の精”・・・・ってゆう)

サイバンチョ「今回の事件・・・・被害者・絵瀬 土武六の命を奪ったのは・・・・
      まさに死へのチケット!“切手”だった、ってゆう。」
ミヌキ 「裁判長さん。ワルい影響を受けちゃいましたね。」

ハミガキ「このワタシ、ここに宣言します!
     この≪サソリのハミガキ≫ことワタシ。大スクープをモノにしたとっ!
     今回の事件で、土武六氏のイノチを奪ったのはコーヒーではなかった!
     その封筒を7年前に送った依頼人こそがっ!ハンニンであったと!
     そう、見出しはキマリだ!“巨星、7年越しで落つ!”ってゆう。」

ガリュウ「で、ダレ?きみ。」
イトノコ「…そういう聞き方をされたのは初めてッス。」

ガリュウ「さすがにこれで終わっちゃったら盛り上がらないからね。
      それに、ぼくにしてもね。このまま終わったら・・・・
      ただのチャラチャラしたお調子者のニイちゃんだし。」
ナルホド(自覚してたのか・・・・)

バラン 「時間に正確であることは、魔術師としてのキホン。」
ナルホド「はあ・・・・そうなんですか。」
バラン 「・・・・考えてもごらんなさい。瞬間移動のマジックをする際。
      替え玉が舞台から消える前に私が登場したら、どうなります?
      魔術のタネが、あるまじくバレてしまうではありませんかッ!」
ガリュウ「ハデに魔術のタネをバラしたイキオイで、つづけてもらおうか。」

ナルホド「ちなみに……そのとき。あなたは身の危険を感じなかったのですか?
     火薬のニオイですよ?まだ近くに犯人がいたかも…」
バラン 「!…………そ、その発想はありませんでしたな。
     魔術師に、想像力は禁物なのです。…あるまじき、あるまじき…」
ナルホド「……ホントですか?あなたが撃った。だから、危険を感じなかったのでは?」
バラン 「!…………そ、その発想はいけませんな。
     弁護士にも、想像力は禁物なのです。…あるまじき、あるまじき…」
サイバンチョ 「…証人。あなたも、いちいちアヤシイ”間”を作らないように。
     私の禁断の想像力がチクチクしますので。」

バラン 「私は、鋼鉄の意志を持っている!まあ・・・・同時に。
      鋼鉄のスプーンをもネジ曲げる魔法の指も持っていますがね。」
ナルホド(・・・・ケッキョク、どっちなんだよ・・・・)

ナルホド「≪砂時計≫と≪点滴≫には決定的なちがいがあるのです。」
サイバンチョ 「わか。わかりますぞッ!
      ≪砂時計≫は“砂”で、≪点滴≫は“液”・・・・
      そういうコトですな!
ナルホド「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      非常に惜しいですが、この場合はちがいます。」

ナルホド(いつも目にしているけど、気にしたことは一度もなかったな。
     弁護士だったころは、審理のコトでアタマがいっぱいだったから‥‥
     “絵を見る”というココロのゆとりすら、なかったんだ。
     ゆとりを持って、あらためてゆっくり観賞してみよう。
     ‥‥‥‥‥‥‥‥‥ たいした絵じゃないな。)

ハラバイ「ここは関係者以外の人間以外、立入禁止でありますッ!」

ハラバイ「本官・・・・それについては、その。“もこひけん”を使うというコトに。」

ハラバイ「本官の、ギモンとハンモンとジモンとクモンの日々が、ついに!
      でろんでろんにトロけていくのが、見えるでありますッ!
      道ばたに捨てられたアイスクリームのようにッ!
      食べ散らかされて残されたチョコレートパフェのようにッ!」
ナルホド(イメージがビミョーにもの悲しいな・・・・)

ナルホド「異議あり!」(・ω・)
    (‥‥このポーズを見ると、思わず叫んでしまうなあ。
     もう、あれから7年も経つっていうのに。
     ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ イカン!このポーズを自分のモノにするのはやめよう。
     『郵便局なら、そっちです』って言ってるのかもしれないじゃないか。)

ナルホド(絵の具や顔料などがならんでいる。‥‥スキマが目立つけど。)
ドブロク「お恥ずかしいハナシ‥‥その。自由に買えないのですよ。
     やはり、自分の画材ぐらいは自分のおカネで買いたいですから。」
ナルホド「それは‥‥まあ、そうでしょうね。」
ドブロク「《3原色》‥‥3つの色があれば、あらゆる色が作り出せる。
     そんなハナシを聞いたことがありますが‥‥あれはウソですね。」
ナルホド(‥‥セツない)

ナルホド(完成した絵が立てかけられている。パッと見た感じ、そんなにわるくない。)
ドブロク「‥‥1枚、50円でいかがですか。」
ナルホド「‥‥‥‥‥‥‥‥ニモツになるので、ケッコウです。」
ドブロク「‥‥そうですか‥‥」
ナルホド(‥‥絵が売れないのは、売り方にモンダイがあるような)

ドブロク「おや。ひょっとしてお帰りですかな?」
ナルホド「い、いえ。ちょっとドアを見ただけですけど。」
ドブロク「‥‥そうですか。やっぱり‥‥」
ナルホド(この上なくロコツにガッカリされた)

ナルホド「まことちゃん、だね。
     ぼくと‥‥その。ユカイなおしゃべりをしようか。」
マコト 「‥‥‥‥‥」
ナルホド「ええと。ぼくは、元・弁護士でピアニストの成歩堂 龍一です。」
マコト 「‥‥‥‥」
ナルホド「今、どの音が《ド》の音か、いっしょうけんめい探しています。」
マコト 「‥‥‥‥」

ザック 「いっそ、ウクレレにしたらどうかね。
      音が小さいぶん、メイワクもかからない。」
ナルホド「ウクレレはハワイですよ。ロシアには似合わない。」
ザック 「じゃぁ、ハワイアンレストランに転職することだ。」
ナルホド「ザンネンですがね。ぼくにアロハシャツは似合わない。」
ザック 「わっはっはっはっはっはっ!・・・・もういいよ。」

ザック 「これは・・・・グレープジュース、か。」
ナルホド「まあね。飲みすぎて、かえってノドがかわいたりします。」
ザック 「・・・・ところで、成歩堂くん。
      そのボトルの中に、何か入っているようだが?」
ナルホド「これは・・・・ぼくの名刺、ですね。」
ザック 「・・・・・・・・・・・・・・・・
      あまり驚かないようだ。大魔術は、お気に召さないかな。」
ナルホド(驚いてるカオを見せるのがシャクで、平気なフリをしてしまった)

ハミガキ「あるときは、公証人のメガネをかけた、ニュース屋。
      あるときは、ニュース屋のメガネをかけた、公証人。
      そのメガネをハズすと・・・・人生よく見えない、ってゆう。」

ハミガキ「そのアトリエに、人類で初めて足を踏み入れたの、ワタシですから。
       ま、モチロン、土武六氏本人はのぞいて、のハナシですが。
       あ。ついでに、まことさんものぞいて、のハナシですが。
       あ、モチロン、このハミガキが人類である、と仮定しての話ですが。」
ナルホド(‥‥何者なんだよ、アンタ‥‥)

ナルホド「この3枚の絵は・・・・」
ハミガキ「モチロン、すべて土武六氏の“作品”でしょう。
      モチロン。セイカクに言えば、まことさんの“作品”ですな。
      モチロン。さらにセイカクに言えば、彼女の“贋作”ですが。
      モチロン。さらにカクジツにカンぺキな安全を期すのであれば。
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      もうないですな。」
ナルホド(・・・・やれやれ)

ナルホド「製図用のデスクだ。贋作の正確な設計図でも描くのだろう。」
ハミガキ「ま。ワタシとしては。思うのですがね。いいですか。
      絵というのは、フリーハンド。“自由に”描くものなのですよ。
      こんな、ジョーギで引いた線で、ヒトをカンドーさせられますか?
      そう。いわば、アレです!
      “あなたは、記事をジョーギで書きますか”・・・・ってゆう!
      今日び、ジョーギで書くのは、脅迫状の宛名だけではないのかッ!
      そう思うワケですよ。ワタシに言わせれば、ですけれど。」
ナルホド「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
      (この人、無人島にヒトリ流されても、タイクツしないだろうな)

ナルホド「≪県立国際ひのまるコロシアム≫・・・・だったかな。
      “コロシアム”かどうかはともかく、リッパな会場だな。」
バラン 「私も、いたくお気に入りなのだ。特に、県立なのがいい。
      そういえば最近。ここで起こった事件をご存じかな?」
ナルホド「ああ。なにかのコンサートの最中、なにかあったみたいですね。」
バラン 「・・・・まさしく、そのとおりッ!
      何を隠そう。その事件に、私も一役買っているのですよ。」
ナルホド「それは、すごいですね。事件を解決する方面に、ですか?」
バラン 「バカを言っては困る。もっぱら謎をイタズラに深める方面に、です。」
ナルホド「・・・・ダメじゃないですか。」
バラン 「大魔術師ですからな。ナニゴトも、謎めかす使命があるのですよ。」
ナルホド(やれやれ・・・・)

ナルホド「あのカンバンはまた、ずいぶん大きいですね。」
バラン 「私も、いたくお気に入りなのだ。ミゴトなできばえだからね。
      ショーが終わったら、我が家のカベにでも張ろうと考えていたよ。」
ナルホド「ええッ!そんなに大きなウチに住んでるんですか!」
バラン 「実は、今はワケあってのアパート暮らし。
      ショーが大成功して転がり込んでくる、巨万の富で建てるのだ。
      それほど大きな屋敷にしようか悩んでいたのだが・・・・
      あのカンバンがコタエをくれたようです。」
ナルホド「・・・・名言ですね。なんというか。」

ナルホド「あんなに近くで気球を見るのは初めてですよ。」
バラン 「私も、いたくお気に入りなのだ。ショーで使えないかと考えたよ。
      ≪バランの早撃ちリターンズ≫のクライマックスでね。
      ステージで私が発砲すると、あの気球が撃ち抜かれて、大爆発。
      ・・・・どうかね?ムネがおどるだろう?」
ナルホド「ええ・・・・たしかに、少しおどります。
      でも。コロシアムの中からじゃ、誰も見えませんね。」
バラン 「・・・・さすがだな。
      私は、それに気づくまでに4日かかったよ。」
ナルホド(やれやれ・・・・)

ナルホド「着ぐるみの風船売りが、子供に風船をくばっている。
      ・・・・なんとなく、ココロなごむ光景だな。」
バラン 「私も、いたくお気に入りなのだ。風船売りが、ムカシから好きでね。
      私のショーには、ぜひ招待してやりたいものだ。
      客席の子供たちに、風船をくばってもらうのだ。」
ナルホド「でも。アレが客席をウロついたら、後ろのヒトが見えませんね。」
バラン 「・・・・さすがだな。
      その可能性には、マッタク気がつかなかったよ。」
ナルホド(やれやれ・・・・)

ナルホド(バラの花、か・・・・。キザな感じだな)
     「きみが世話しているのか?・・・・コイツ。」
ガリュウ「ああ。これで、意外にデリケートでしてね。
      世話には手がかかりますがね。“最高の友”というヤツですよ。」
ナルホド「“最高”・・・・?なんか、きみがかわいそうなヤツに思えてきたよ。」
ガリュウ「そうですか?
      まあ・・・・、じゃれていると、たまに噛みつかれたりもしますけどね。」
ナルホド「か、噛みつく? バラが?」
ガリュウ「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
      私は、その横の写真のハナシをしているのですがね。
      レトリバーのボンゴレ。かわいいヤツです。」
ナルホド(犬かよ‥‥)

キョウヤ「たのむ!ハッキリさせてくれ!
     これ以上・・・・何かを疑って検事席に立つのはゴメンだ!」

キリヒト「ええと。たしか‥‥名前は、王泥喜 法介クン、だったかな?」
オドロキ「え。ええ‥‥そうですけど。」
キリヒト「いっそ、名前を“贋作”に変えた方がいいでしょう。
     ‥‥その方が、キミ自身の名前として、シックリくる。」
ミヌキ 「オドロキ ガンサク‥‥アリ、だと思いますよ!」
オドロキ(つまり、この証拠品は“ニセモノ”ってコトだな)
サイバンチョ 「やむを得ません。ガンコなガン作くんに、ペナルティを与えます」
キョウヤ「がんばれよ、ガンちゃん!」
オドロキ(さっそくアダ名がついたぞ‥‥)

キョウヤ「法律が“ゼッタイ”……? 本気で言ってるのかい?」
キリヒト「な。なんだと……」
キョウヤ「じゃあ、法の“逃げ道”を探したアンタは、なんだったのさ。
     《法律》は“ゼッタイ”じゃない。いくつもの矛盾を抱えているさ」
サイバンチョ 「法律とは、長い歴史……先人たちの《知恵の結晶》なのです。
     様々な経験や失敗に磨きぬかれた、宝物と言ってもいい。
     私たちは、それを受け継ぎながら、その時代の中で、立ち向かうのです。
     常に、変化してゆく……それでこそ、人間の“営み”なのですから」
キョウヤ「立ち止まっちまったアンタは、もう必要ない、ってコトなんだよ。……きっとね」
オドロキ(‥‥オレには、コトバはなかった
      何かを言うには‥‥まだ。ケイケンが足りなかったから
      でも、いつか
      その“変化”と闘う、戦士になるんだ‥‥!)

ラミロア「フシギなものですね。
      悲しい事件で、いのちを落とす人がいる一方で‥‥
      奇跡的に、いのちを救われる人がいる‥‥」
ナルホド「ぼくは思うんですけどね。
      人はそうカンタンには死なないものです。
      生きることに価値があるかぎりは。」