|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

逆転のトノサマン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マヨイ 「あたしもトノサマン・スピアーほしいなー。
     なるほどくんをおもうさまつついてみたい。」

マヨイ 「‥‥‥‥。」
ナルホド「ホラ、真宵ちゃん。アコガレのスターさんだぞ。」
マヨイ 「ね。‥‥ホントにアレがそうなの?」
ナルホド「アレって言うな。
     荷星 三郎。今回の依頼人、その人だよ。」
マヨイ 「こう言っちゃなんだけど、なるほどくん。
     こりゃ、やってるよ、サツジンの1つや2つ。」

ニボシ 「あ。どうでした撮影所。やっぱりボク、ハンニンあつかいですよね・・・・。」
マヨイ 「そ、そんなことないですよー。ね。なるほどくん。」
ナルホド「え、ええ。せいぜい“容疑者”どまりだと思いますよ。」
ニボシ 「きょ、恐縮です・・・・。」

マヨイ 「これで、あのオバチャンにぎゃふんと言わせてやれるね!」
ナルホド「ぎゃふん・・・・。」
マヨイ 「なんで、なるほどくんが言うの?」

ミツルギ「証人の名前を。」
オバチャン 「・・・・あら、ちょいとアンタ、イイ男だね!
     オバチャン、ちょっとトキめいちゃったヨ。」
ミツルギ「な、名前を聞いている!」
オバチャン 「ヤダねこの子、テレちゃってサ。・・・・“オバチャン”でいいわヨ。」
ミツルギ「たのむから、名前をッ!」
ナルホド(御剣のやつ、証人から名前を聞くのがニガテらしいな)
オバチャン「大場 カオルよ
    ”オオバサン” も ”オバチャン” も
たいして変わらないでショ。
そうそう、オバチャンもホラ、若い
ころからオバチャンだったワケじゃ
ないでしょだからねえムカシはよく
イジメられたりもしたワケよこれで
中学生のころアコガレていた将棋部
のセンパイがいてねェそのカレにサ
オバチャン呼ばわりされたときは
もうオバチャン泣いちゃったわね・・・ 」
ミツルギ「異議あり。しょ、証人のおしゃべりに異議を申し立てる。」    

マヨイ 「じゃぁじゃぁ。この写真、さっそくオバチャンにつきつけて・・・・。」
ナルホド「いや、その必要はないよ。
      裁判は明日だし、この写真は重要な武器になる。
      テキにわざわざ、手の内を明かす必要はないよ。」
マヨイ 「うわ。なるほどくん、おぬし、意外とワルだね。
      二代目・アクダイカーン。」
ナルホド「ヒトを勝手に怪人にするな!」

マヨイ 「なるほどくん、トノサマン汁だって。おいしいのかなあ。」

オバチャン 「とにかく! オバチャン、このウラミは 一生わすれないかんね!
     もう、口もきかないんだから! 」
マヨイ 「さんざんしゃべってるクセに。 」
オバチャン 「今からだよ!ハイ、ヨーイ、スタート!
ナルホド(コドモか、このオバチャン・・・・)

スタッフ「そ…そうですか…
     そうですよね…
     そんなもんですよね…
     どうせそんなもんですよね…
     どうせそんなもんなんですよね…
     私なんてどうせそんなもんなんで」
チヒロ 「なるほどくん、どうするんですか!
     心神喪失状態になってますよ!」

ミツルギ「そう‥‥第一スタジオへの道は塞がれていたのだ‥‥≪サルマゲくん≫の首によって!」
ナルホド(本当は≪サルマゲどん≫なんだけど‥つっこむ気も起こらない‥)

ミツルギ「被害者がいないなんて、何年ニンゲンをやっているんだッ!」
ナルホド(そこまで言うか・・・?)

ナルホド「子供だろうが検事だろうが嘘は良くない!」
ミツルギ「何故そこで検事が出て来る‥‥」

オバチャン 「イブクロちゃん、やっちゃいけないことやっちゃったんだねえ‥‥。」

サイバンカン 「それが、姫神さんの動機を物語る証拠品ですか?」
ヒメガミ「弁護士の狂気を物語る証拠品じゃない?」
ナルホド(うまいコト言いやがって・・・・)

ナルホド「‥‥机を叩いているあいだに質問を考えようと思いましたが、何も浮かびませんでした。」

ミツルギ「‥‥イギをとなえるあいだに何か質問を考えようと思ったが、思い浮かばなかった。」

ヒメガミ「誰も、一言も口を聞かなかったわ。 重い、重い沈黙‥‥。
     ‥‥そこに、やっと起きた荷星がやってきたわ。
     “オクレちゃった!ゆるしてオクレ!”‥‥って言いながら。
     その場がさらに凍り付いたわね。」
ナルホド「‥‥‥」
ミツルギ「‥‥‥‥‥‥」
サイバンカン 「‥‥‥‥‥‥‥‥」
傍聴人 「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥」
ヒメガミ「‥‥こんな感じにね。」
マヨイ 「ねえ、ねえ、なるほどくん。‥‥どうしてかな?
     けっこう、おもしろいのに。重いフンイキもなごみそうなもんだけどね。」

ミツルギ「‥。」
ナルホド「‥‥‥‥。」
ミツルギ「‥‥‥‥‥。
     成歩堂。‥‥なにか言え。ニガテなのだ‥‥セケン話。」
ナルホド「え?あ、ああ。
     ‥‥‥‥ザンネンだったな! 御剣!」
ミツルギ「‥‥い、いきなりそれか。」
ナルホド「‥‥ありがとう。
     きみの協力がなければ、姫神に逃げられるところだったよ。」
ニボシ「あ‥‥恐縮です。
    ‥‥ニボシと申します。」
ミツルギ「‥‥む。ミツルギと申します。
     いつも、テレビでごカツヤクをハイケンしております。」
ナルホド「(ウソつけ!)」
ミツルギ「‥‥‥‥成歩堂。
     私たちは、こうしてふたたび出会ってしまった。」
マヨイ「‥‥“ふたたび”‥‥?」
ミツルギ「しかし。出会うべきではなかった。
     おかげで私の中に、よけいな感情がよみがえった。」
ナルホド「よけいな感情‥‥?」
ミツルギ「“不安”‥‥そして“迷い”だ。」
ナルホド「それは、よけいな感情じゃないだろう?」
ミツルギ「私にとってはジャマなものだ。
     いいか。‥‥成歩堂 龍一。
     もう二度と、私の目の前に現れないでほしい。
     ‥‥それだけ、言いに来た。」

ナルホド「このテーブルの皿の上には・・・・ホネは残っていない!」
ヒメガミ「・・・・!」
ナルホド「姫神さん!もし、ホネつきステーキを食べたのなら、当然ですが、ホネが残ります。
     つまり、あなたは・・・・ホネもいっしょに食べたんです!」
マヨイ「どうしてそうなるの、なるほどくん・・・・。さすがのあたしも、ホネは残すよ!」
ナルホド「ぼくだって残すよ!」
サイバンカン「成歩堂くん!・・・・私も、ホネは残しますよ。」

チヒロ「私、この“流しそうめん”をいただいてみたいわ。」
ナルホド「そ、“そうめん”ですか?
     つゆを飲んじゃって、メンだけがカンの底に残るんじゃあ‥‥。」
チヒロ「“一気にガッと行ってください”って書いてあるわね、カンに。」
ナルホド「“ガッ”とねえ‥‥。」