こなかが春夏秋冬

このページを編集する    
269 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/06/27(金) 01:39:43 ID:uZbZzuLt
かがみ「最近暑いわね。何か涼しくなる方法って無いかしら」
みゆき「人肌に直接触れると、互いの汗が蒸発する際、熱を奪うので涼しくなるそうですよ」
こなた「じゃあ、かがみん♪」(ピトッ)
かがみ「こ、こなた!?」
こなた「どう、涼しくなった?」
かがみ「余計に暑くなったわよ・・・でも、ありがと、こなた」
こなた「あ・・・う、うん」
俺ではこれが限界だ、誰か続きを、頼む。


271 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/06/27(金) 01:55:46 ID:G6ZBeIbF
269 微妙に続いていたり。

「かがみ~ 暑いよ~」
「もうしょうがないわね。でも梅雨時だから蒸すわね」
「そうだよ~ 宿題やる気おきないし」
「こなた。アンタは暑くなくてもやる気ないだろ」
「うん」
「あっさり肯定すんな! 」
「でも、ほんとに暑いよ~ もうとけそうだよ~ 」
「ええい。暑いっていうな! ぐたーっと机にねそべるな! 」
「あついあついあついあつい」
「連呼すんな! 」
「だって~ 暑いんだもん」
「もんって、あんたは子供か! 」

「全くっ、こっちまで暑くなってきたわよ! 」
「あっ、そだ。いいこと思いついた」
「何よ 」
「シャワー浴びよ」
「確かに…… いいかもしれないわね 」
「かがみ。一緒に…… ネ」
「えっ、でも、そんな。わ、私」
「もしかして恥ずかしいの? 」
「そんなんじゃないわよっ! 」

「ふふ…… 恥じらうかがみん萌え」
「萌えってゆーな」
「一緒に入ろうよ。ねえ。かがみ~ 」

「しょうがないわね。今日だけよ」
「なんだかんだ言って。付き合ってくれるかがみん。大好きだよ」
「あーもうっ こなた。さっさと入るわよ」

 (おしまい)


272 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/06/27(金) 02:01:58 ID:uC6AslYM
271
夏は暑いと言ってくっつき、梅雨は蒸すと言ってシャワー。
冬は当然寒いからとくっつくわけで……春と秋は何だろうw
幸せそうで口元が緩みますな。


273 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/06/27(金) 02:19:10 ID:uGuHvslY
春…「あ、かがみ桜が綺麗だヨ!お花見していこー!!」
   「いつもあんたは唐突だな…。場所なんて取ってないから
   座るとこなんてないわよ」
   「お花見っていってもちょっと歩くだけだから。
   ほらほら早くしないと散っちゃうよー!」
   「そんなに短時間で散るか!ってちょっと!そんなに早く歩いたらはぐれちゃうでしょうが!
   もう!ほら手!」
   「ふぉぉ…!久々のかがみんデレ…!!」
   「誰がツンデレか。これ以上何か言うなら離すか?」
   「あぁー!かがみさまー!!ダメー!」
   「様付けもやめい。…それにしても、すごい人ねー」
   「日本人ってのは何かにつけて騒ぎたい国民性なんだろうネ。あ、ほら
   邪魔になってるよ、こっちによらないと」
   「あ、ごめん…。って近いわよ!!」
   「えー?でもこうでもしないと邪魔になっちゃうしー」
   「だからって…」

こうですか!わかりません><
秋は任せ…た…


274 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/06/27(金) 02:49:19 ID:2WQZzij5
シャワーの音。

「あんたってさ…結構スタイルいいのね」
「そうかな?」
「意外と足長いんだ…」
「あんまじろじろ見ないでよ。恥ずかしいから」

「…意外とボリュームある」
「う……別に、変わったことなんかしてないんだからね」
「へぇ」
「あ…こら!ひゃっ!!」
「かがみ…かわいいよ」

「こなた…」
「二人っきりで入るのは、初めてだよね」
「…うん」
「肌キレイすぎるよ…うらやましい」
「あんただって、すべすべしてる…」
「かがみ…」
「え、何?…んっ」

「やわらかい」
「ば…ばかっ…いきなり何を…」
「動揺するかがみん萌え~」
「…っ」

「え、ちょっと、背中?……ソコ触っ…ああぁん」


275 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/06/27(金) 07:07:40 ID:G6ZBeIbF
273
秋……

「おはよ。こなた」
「おはよう。かがみ…… ご飯炊けてるよん」
「美味しそうな匂いがするわね」
「今日は、かがみ大好き。栗ごはんだよ」
「えっ、ほんと? 」

「大きな栗ね。どこで買ってきたの? 」
「近くのスーパーで大安売りだったから 」
「ふうん。いただきます」
「ちょっと待ったあ! 」
「ま、何よ」

「ふふ かがみ~ 」
「こなた? にじり寄ってきて、何をするつもりよ」
「はい。あ~ん」
「こらっ、恥ずかしいって」
「あ~ん」
「いや、マジで」
「あ~ん」

「し、しょうがないわね。す、好きでやっているんじゃないわよ。
こなたがどうしてもって言うから、付きあってあげるだけだからねっ! 」

ぱくっ

「どう? 」
「とても…… おいしい。でもね…… 」
「な、なにかな? 」
「こなたの方が、もっとおいしいわよ」

ちゅっ


277 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2008/06/27(金) 08:26:54 ID:uZbZzuLt
こなかが春夏秋冬、冬。
かがみ「あー、寒い」
こなた「んー、かがみ手袋どうしたの?」
かがみ「いや、ちょっと忘れちゃってね」
こなた「ふーん・・・ハイ」
かがみ「え、これ、アンタの手袋じゃ」
こなた「私は大丈夫。えっと、その・・・そう!さっきホットコーヒー飲んだし」
かがみ「・・・ん、これ、ちょっと小さい」
こなた「む。失礼な、そんな事言うなら返してよ」
かがみ「冗談よ、アンタの熱が残ってて温かい。ありがと、こなた」
こなた「・・・うん」
かがみ「手、繋ご?その方が、もっと温かい」
こなた「・・・うん」
かがみ「大好きだよ、こなた」
こなた「・・・うん、私も」

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  



★Counter

TOTAL: -
TODAY: -
YESTERDAY: -

★更新履歴

取得中です。