※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

群雄 袁紹軍


 

袁紹/本初

 

不老年齢:27歳
ICV:成田剣
 
一人称は『私』
漢の名門貴族袁家の当主。曹操とは幼馴染み。
名門の出自である事に強い誇りを抱いており、
高貴なる者が天下を統べるべきとの信念のもと行動する。
卑しい出自ながらも昔から破格の才を見せ付けてきた
曹操には強い嫉妬心を抱いているが、
古くからの付き合いゆえ、腐れ縁的な友情も抱いている。
決して名門の威光をひけらかすだけの凡愚な将ではなく、
王者として相応の才気を備えている。
『当たり前の事を当たり前に遂行する能力』に長けており、その点は曹操も認めていた。
だが、勢力を拡張するにつれてその驕慢は膨れ上がり、
『黄金』に異常な執着を燃やすようになり、
黄金の甲冑に全身を包み、袁家による『黄金帝国』を築こうと目論む。

当初は黒髪だったが、第一部終盤では金髪になっている。

曹操曰く、「董卓は恐ろしい、呂布は強い、劉備は底が知れぬ。

しかし負けると思った相手は袁紹だけだ」

 

「この袁本初、勝利以外の何物も求めぬ!

散り際の美しさなど一切認めぬ!

誰の目から見ても疑いようがなく

芥子粒ほどの異論の差し挟む余地の無い

圧勝、完勝、全勝、常勝、激勝そして勲章!!

勝利!勝利!勝利勝利勝利勝利勝利勝利勝利勝利あるのみぃぃぃぃぃ!!!」

「くくくく・・・曹操の唖然とした顔を思い浮かべるだけで、

腹の底から笑いが溢れて止まらんわ!あはははははははは!!」

「ふははははは!!見るがいい曹操!!

貴様が呂布や劉備と遊んでいる間に、私はこれ程の軍勢を作り上げたぞ!

どーだ、参ったか!!はははははははははは!!!」

「公孫瓚よ、貴様の美など所詮一輪の白い花。

白は容易く朱に染まり、花はいずれ枯れ落ちる。

だが、この袁本初は言うなれば煌く黄金!!

その輝きは未来永劫、錆びず、滅びず、朽ち果てず!!

この中華を眩い陽光で照らし続けるのだ!!はははははははははは!!!」

 

 

文醜
 
不老年齢:20歳
武器:突撃槍(ランス)
ICV:置鮎龍太郎
 
一人称は『私』。袁紹軍の二枚看板の一人で、
白髪をオールバックにし、眼鏡をかけている。
相方の顔良と比べて冷静沈着な性格であるが、心底には名家特有の驕りがある。
武器は突撃槍(ランス)。
 
「この乱世を静めるのは曹操ではない、我らの高貴なる血だ」
 
 
顔良
 
不老年齢:26歳
武器:大鎚
ICV:高木渉
 
一人称は『俺』。カールした茶髪、そばかすだらけの顔に
小柄だが横の長い身体を持つ肥満体の男。
袁紹軍の二枚看板の一人。武器は大鎚。
袁紹と同じく、名家の威光を笠に着ていつも威張り散らしている。
 
「ぶはははは!!下賎な屑どもが高貴な我らに勝てるわけなかろう!!」
 
 
田豊/元皓
 
ICV:大竹宏
 

一人称は『私』あるいは『じいや』。

袁紹軍の軍師で、同時に袁紹に長年仕えて来た執事でもある。

武将ではなくただの人間であるので、不老年齢は無く普通に年を取る。
官渡の大戦の頃には眼が隠れるほど太い眉毛に口ひげ、銀髪を備えていた。
袁家の執事でもあり、袁紹は彼を「じいや」と呼ぶが、
それはプライベートのみであり、公的な場では普通に田豊と呼ぶ。
主であり、また息子同然の袁紹の成長を喜ばしく思っているが、
同時に膨れ上がる驕慢に不安を覚えている。
 
「このじいや、袁紹様の晴れ姿に嬉し涙が止まりませぬ・・・」
 
 
郭図/公則
 
不老年齢:28歳
ICV:中井和哉
 
一人称は『私』。
一応袁紹軍の軍師と言う肩書きだが、大した知略は持っておらず、
袁紹にひたすら媚びを売る事で地位を得ようとする俗物。
ヘルメットのような黒髪をしているが、大方の予想通りカツラである。
 
「ここで退けば袁紹殿の名声に傷をつけます!どうか、この郭図めの策を!!」