十六夜冥架 いざよい・めいか

 

性別
年齢 29
武器等 霊糸『付喪神の糸』
搭乗機 トゥーチャー・ギア・ゴーレム
所属 神霊同盟
ICV 生天目仁美
登場作品 血刃ハ水面ニ踊ル



背中まで伸びた長い黒髪に、喪服のような黒いドレス、つばの広い帽子と、
色白の肌以外は全て黒衣で身を固めた美女。眼鏡をかけている。
精霊の力を用いてヴィシャスを駆逐するスレイヤーで、その中でもトップクラスの実力者。
ただし、性格はいい加減でマイペース。
使命や正義などには興味が無く、ただ自分の気分の赴くまま行動する。
わいわい騒いだり、他人をからかっりするのが大好き。
年に似合わず子供っぽい面も多く、「エクゼキューター冥ちゃん」なる自分でつけた仇名がある。
また、真性の同性愛者(レズビアン)であり、女性にしか恋愛感情を抱けない。
好みの女の子を見かけると、よく耳を噛む、胸を揉むなどの過剰なスキンシップ(?)を働き、
「セクハラ王国のセクハリア王女」と蔑称されていたりする(ぉ
ただし、男嫌いというわけではなく、比較的普通に接する。
むしろ恋愛感情を抱かずに済むため、女性よりも友人としては付き合いやすいらしい。
何かと素行が悪く、<皇会>を初めとする上層部からは疎まれているが、その実力は超一流。
その強さから各方面で頼りにされ、ヴィシャス撃破数最高記録を持つ。
気に入らないモノやコトは全て叩き潰すのが信条で、
いざ戦いになればどこまでも熱くなり、顔に似合わぬ罵言が飛び出すことも。
契約した精霊は“鉄御霊(くろがねみたま)”。鉄などの鉱物を使役する能力を持つ。
戦闘の際には、両指に嵌めた指輪から放たれる霊糸<付喪神(つくもがみ)の糸>を繰り、
周辺のコンクリート片や機体の残骸を寄せ集め、歯車、螺子、撥条などの部品へと“再構成”し、鉄のボディを持つ機械仕掛けの人形へと“再構築”する。
完成後の人形は、同じく糸を使って自在にコントロールできる。複数体を同時に操る事も可能。
また、彼女が作る機械人形はどれも無骨で古臭い外見をしている。
ゆえに「がらくた造型師(ジャンクアーティスト)」「鉄の人形使い」「機械仕掛けの拷問官」の異名を持つ。


○拷問機械(トゥーチャー・ギア)

十六夜冥架が“付喪神の糸”で作り出した戦闘機械群。
いずれも凶器や拷問器具をモチーフとしており、スプラッタ満載の殺戮を繰り広げる。

・バズソーデビル
長方形のボディの底に、円形の鋸が付属した外見を持つ拷問機械。

 

・ギロチンフリッカー
二足歩行で歩き、内部に振り子刃を備えた拷問機械。

 

・メガトンプレス
太い足を持つ二足歩行の機械で、中央に敵を押しつぶすプレス機を備える。


・デスドリラー
球形のボディに、ドリル型の両手両脚、そして頭部が付属した拷問機械。

 

・プラズマチェアー
椅子の形状をした拷問機械。敵をベルトで捕縛し、高圧電流を流して昇天させる。


・タイガーバイト
ギザギザの歯を持つ、トラバサミの形状をした拷問機械。

 

「さぁ、拷問(おしおき)の時間よ。貴方の苦しみは私の喜び。貴方の痛みは私の癒し。貴方の絶叫は私の絶頂・・・存分に、悶え狂いなさい」