※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ナサニエル・キングストーン


性別:男
年齢:不明
ICV:羽多野渉

初日町の聖エリーゼ教会に務める神父で、
黒髪をワックスで固め、聖衣(カソック)を着た190センチ近い長身の男。
分厚い丸眼鏡を掛け、瞳を隠している。
その正体は、魔法天使界でもごく一握りのエリートである上級魔法天使。
日本の魔法聖女・天使たちを管轄する日本支部長の要職に就いている。
正々堂々、真実一路、清廉潔白を座右の銘とし、
青少年に夢と希望、愛と正義を教えることを己の使命としているが、
とかく熱くなりやすく、行き過ぎた使命感ゆえに暴走することもしばしば。
冷めた子供を見かけると、教会に拉致して夢と希望を信じるようになるまで説教するなどの凶行に走ることも。

魔法聖女の名を汚すゴスペルブラックには、自身も痛い目に遭わされたことから
激しい敵愾心を抱いており、支部長権限を行使して彼女の抹殺指令を魔法聖女たちに下す。
だが、それら抹殺作戦も尽く失敗してしまい、自分に不幸が降りかかったり、
妖禍界の作戦を見ても 「ゴスペルブラックの仕業か!」 と全て彼女のせいにしてしまうまでに。
やがて一般人にも被害を及ぼす暴走の結果、
降格して日本支部長の座から更迭されたこともある。
本来は極めて有能な人材であり、島流しにされた先で多大な成果を上げ、
もっと上のポストを蹴って、日本支部長の座に返り咲いている。
ゴスペルブラックの抹殺 にこだわり、
もはやゴスペルブラックへの復讐を果たすことだけが生き甲斐になってしまっている。

なお、極めて純粋な心の持ち主で、眼鏡の下はその証であるキラキラ眼をしている。


「ゴスペルブラックの仕業か!!」
「ゴスペルブラックめ……許ざん!!」
「妖禍獣だと?そんなものは後回しだ!ゴスペルブラックを倒さずして人類の未来はありえんのだ!そんなことも分からんのか!!」
「どいつもこいつも何故私の話を聴かんのだ!!」
「何を言うか!私ほどピュアな心を持つ者は魔法天使界にもそうはおらん。どのぐらいピュアかと言うと、魔法天使界のドリームなクラブに顔パスできるぐらいだぞ」



キングストーン装翼態(バトルフォーム)/ピュアシルバー


魔法天使の翼は、魔法力を放出する器官であり、
彼らは体内の魔法力を、翼、あるいは切り離した羽根を通すことで魔法を行使している。
上級及び一握りの中級天使は、この原理をフルに活用すべく、
翼を全身に張り付かせることで、五体全てから魔法力を放出することを可能とする。
翼は魔法力で硬質化しており、装着者自身の身体機能も常時魔法力のブーストがかけられている。
いわば翼と魔法力で編まれた強化スーツで、全身に死角が無くなる他、格闘能力が大幅に向上している。
キングストーン神父の装翼態は、メタリックシルバーの翼が変形したスーツを纏った、変身ヒーローのような姿になっている。ライトグリーンの眼に、腰にはベルトを巻いている。
本人も強くそれを意識しているらしく、戦闘時は常にヒーローらしいアクションを心がけている。
キングストーンが当初から持つ能力で、変身後の名前は無かったが、
聖女戦隊ピュアレンジャー の結成を機に、
彼女らの司令官にして第6の戦士、 汚れなき白銀の天使ピュアシルバー を名乗ることに決める。
最もピュアレンジャーは結成前に全員がドタキャンし、代わりに害虫戦隊バグレンジャーになってしまったため、現状彼がピュアレンジャーただ一人の戦士である。
上級天使の装翼態だけあって戦闘能力は高く、正面から戦えばゴスペルブラックにも遅れは取らない。
弱点はスーツの維持に常時魔法力を放出しているため、スタミナ切れが早いこと。

どこかで見たような変身ポーズを取り、 「変……身!」 と言うと
背中の翼が大きく広がり、キングストーン神父の体を包み込んで変身する。
変身ポーズと掛け声は別に必要ない。


エンジェルキック

天高く飛び上がっての必殺キック。倒した相手は爆発する。


エンジェルパンチ

拳に魔法力を込めて繰り出す必殺パンチ。倒した相手はやはり爆発する。


エンジェルクロスアタック

天高く跳び上がり、両手を×の字に組み、敵目掛けて急降下する。


エンジェルフェザー

体に纏った羽根を手裏剣のように飛ばして攻撃する。
羽根はある程度は彼の意志で操ることも可能。


エンジェルフェザーストーム

大量の羽根を一斉に飛ばし、敵を切り刻む。


キン(ピー)スト(ピー)フラッシュ

ベルトから発する眩い光。困った時に使えば何か奇跡が起こって助かるらしい。
何故か技の名前を叫ぶ時、一部に奇妙なノイズが入るため正式名称は不明。