灼堂焔馬(しゃくどう・えんま)

 

搭乗機:星火神・大和
年齢:15
性別:男
ICV:神奈延年

高校一年生。あまり考えずに行動する直情型の熱血漢。
学校の成績は良くないが体力とガッツは人一倍持ち合わせている。
焼き鳥屋・『地獄亭』の一人息子で、よく店の手伝いをしている。
クランタオに町が襲われた時、親友の速水麟太郎と共に犬飼小五郎によって
星火神・大和の操縦者として星火遊撃隊のメンバーに選ばれ、
町と地球を襲う脅威に立ち向かうことになる。
戦いの場においてもその熱い性格は変わらず、
猪突猛進な戦いぶりは良くも悪くもチームに大きな影響を与える。
この世に怖いものなしであるかのような性格だが、父親だけは別。
町の閻魔大王とまで呼ばれるほどの頑固親父には、
全く逆らえず、鉄拳で殴られることを恐れて言いつけには従う他無い。
一直線な性格だがケンカはあまり好きではなく、自分から仕掛けることはまずない。
しかし、中学時代、成り行きで麟太郎とともにたった2人で
不良グループを壊滅させた事があり、そのせいで町の不良に眼をつけられ、よく絡まれる。
そのことを内心疎ましく思っている。

当初は猪突猛進な行動が目立ち、チームの輪を乱すことが多々あり、
特に口うるさい綾咲鞠藻には反発していたが、
霊僧正ユウキとの戦いで逃げ遅れた子供を庇う
彼女の姿を見て考えを改め、以後はチームワークの事も考え始めるようになった。
クランタオ四天王の一人、獣鬼将ロウガとの戦いを通して、
勝利の為に全てを捨てて戦う修羅の道に目覚める。
だが、焔馬は仲間達のために戦うことが、自分の道であると認識し、
ロウガの説く修羅道を跳ね除ける。
最後は星火神を進化させ、一騎打ちでロウガを打ち破るまでに成長した。
ダイダラークとの最終決戦でも、皆が恐怖に屈服しそうになる中
一人気炎を上げ、仲間達の闘志を奮い立たせた。
 
終戦後は期末試験に頭を悩ませつつ、普通の高校生活を謳歌している。