※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゼヴィン=レムザール

 
性別:男
年齢:32歳(公式には、享年27歳)
地位:ザフレス領主・レムザール伯爵
契約兵装:鮮血喜劇(スカラムーシュ)
ICV:真殿光昭

主人公。
オーヴァルラントの貴族で、ザフレス領主・レムザール伯爵。
肩まで伸ばした深緑色の髪と、抜き身の刃のような三白眼が特徴。
一人称は「我」、二人称は「卿」「其方」など、
この時代においても相当に古風な物言いをする生粋の貴族。
常に誇り高く、家名に恥じぬ立派な騎士たらんと勤めており、剣の腕も超一流。
10年ほど前に勃発した記録上最後の十字軍戦争に参加し、
ガフメド軍を相手に大きな戦果を上げ、その勇名を母国に轟かせた。
当時は、レムザール家伝来の紅の鎧を身に着けていたことから、
『真紅の騎士』『紅き竜』などの異名で、味方からは称えられ、敵からは恐れられてきた。
生粋の貴族であるがゆえに、平民や異種族を蔑む尊大な性格だったが、
戦場で出逢った一人の女性・・・
ソレアという名の女医師と出逢い、少しずつ変わっていく事となる。

やがて、戦争は終結し・・・彼はソレアを妻として娶り、
領主として平穏な暮らしを送っていた。
しかし、そんな安穏とした日々は5年前に終わりを告げる。
共に十字軍で死線を潜り抜け、最も信頼していたはずの親友によって、
最愛の妻を殺され、自身もまた絶望の中で命を落とす。

公には、そのまま妻ともども死んだ状態になっていたが、
5年後・・・ある人物の手により復活する。
その際に契約兵装『鮮血喜劇(スカラムーシュ)』を与えられ、
妻を殺した男に復讐するために動き出す。
大きく衣装を変え、赤い鍔広帽子に赤いマント、
さらには素顔を隠す仮面を被るようになった。
服装を赤で統一したのは、血まみれになって死んだ妻の姿を忘れないため。
なお、彼のマントは錬金術による加工が成されており、
ただの刀剣や銃弾なら容易く弾く事ができる。

表舞台へと蘇った彼は、怪人“スカラムーシュ”として、
憎むべき敵に繋がる者達を次々に血祭りに上げていく。
しかし、その殺し方から“吸血鬼”ではないかとの疑惑を掛けられ、
共和国騎士団からも狙われてしまう。

本人は、今の自分の行為が家名を汚すものであると理解しているが、
それ以上に妻を奪われた事の憎悪はあまりにも大きく、
復讐のためならば如何なる障害をも排除するつもりである。
それでいて、騎士道精神は忘れておらず、恩を受けたら必ず返す義理堅い一面もある。
復讐相手に連なる敵に対しては容赦しないが、
それ以外の相手には、無益な殺生はしないと決めている。


○鮮血喜劇(スカラムーシュ)

ゼヴィン・レムザールの扱う契約兵装。
まるで血を吸ったかのような緋色の刀身が特徴。
普段はレイピア状だが、魔力を注ぐ事でやや屈曲した片刃剣へと変わる。
この剣の属性は“呪”で、切りつけた相手から血を吸い取る特性を持つ。
ゆえに、この剣で殺害された相手の死体は、
あたかも吸血鬼に襲われたかのように干からびてしまう。
この特性は、相手を切りつけて貧血状態にして戦闘不能にする・・・といった用途にも利用できる。

元々は契約兵装ではなく、レムザール伝統の名剣としてゼヴィンに使われてきたが、
彼の死(?)に伴いその能力を開放、真の姿を取り戻している。

かなり特殊な契約兵装らしく、使用者は強力な治癒能力を得る。
常人なら間違いなく死ぬ負傷でも時間をかければ治癒可能で、
ゼヴィンが死の淵から復活したのも、この剣の力とされている。
剣から血を吸う行為は、この治癒能力を後押しする効果がある。
ゆえにこの剣の使い手は、吸血に加えて不死に近い存在となり、
まさに“吸血鬼”そのものとなってしまう。

ただし、代価は存在する。
死に至るような重傷から再生する場合には、使用者の寿命を削る必要があり、大幅に死期が早まってしまう。
製作者曰く、「持ち手がどれだけ傷つこうとも、
肉体が滅びるまで踊り続けさせる呪いの赤い靴」。