首塚髄絹(くびづか・ずいけん)

 
性別:男
年齢:年齢

能力名:『病毒蜘蛛(アラクネフォビア)』
所属:ベスティエ

ICV:二又一成

ベスティエに所属するエーテリスト。『九爪牙(ノイン・クラオエン)』の一人。ナンバーⅤ(フュンフ)
全身をベージュ色の布で覆い、子供ほどの体躯しかない謎の人物。
しわがれた声で喋り、丸まった体躯はまるでヒトではなく大型の昆虫のよう。
その正体は、かつて虚無都市で起こった『事故』によって
エーテルメタルに汚染して肉体が変貌してしまった人間。
ローブの下は昆虫とも獣ともつかぬ四足歩行の異形の姿をしている。
異形の姿で生き延びるため、
裏社会に潜み、その異能を生かして
数多くの暗殺や破壊工作を行い、裏社会で名を馳せるようになる。
やがて、その名声でベスティエに加入、『九爪牙(ノイン・クラオエン)』の一人にまで登り詰める。
その外見ゆえに迫害され、仲間内からでも『蛆虫』と蔑まれることも。
しかし性格はベスティエの中では珍しく温厚で、冷静な判断力のできる傑物。

特定の能力は持たず、体から伸びる触脚や、口から吐く粘着糸、
ウィルスを宿した肉針などを武器とする。