※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メーザーストライカー(MSK)

傭兵派遣会社バミューダストームのメンバーが操るマシンの総称。
開発者はマイケル・アストラード。
メーザードライブ・エンジンという新型のエンジンを採用し
間接部分を光の線(メーザー)によって駆動させるという方式をとっている。
そのため、従来の機動兵器にくらべ圧倒的になめらかな動きが可能。
全て試作機で、量産化にはいたってない。
しかし、マイケルの下で開発に携わっていた技術者の一人が、
夜天蛾公爵家へと情報を横流し(元々夜天蛾家のスパイだった)
それによって、グール・レギオンでもメーザーストライカーの開発が行われるようになる。
この件が原因で、セレナを初めとする
バミューダストームメンバーは連邦に対して良い感情を抱いていない。