夜天蛾 十風斎(やてんが じゅっぷうさい)

 

性別
年齢 71
武器 備前長船
所属 特になし
ICV 永井一郎


夜天蛾公爵家の前当主で、先代公爵。
霊道の父であり、皇鬼・世観・灯馬の祖父。
灯馬に良く似ており、彼がそのまま年を取れば、
今の十風斎になったと思われる。
親から冷遇された灯馬にとっては、
実の父親と言っても過言では無い人物である。
顔には皺が刻まれ、長い銀髪を後ろで縛ってまとめている。
どこか飄々とした性格で、捕らえどころの無い人物ではあるが、
その飾らない態度が多くの人を惹きつけている。
夜天蛾流抜刀術の達人で、霊道、皇鬼、灯馬の師でもある。
夜天蛾公爵として、一族の繁栄に大きく貢献した傑物ではあるが・・・
彼の息子・霊道は、そんな十風斎を遥かに上回る天才・・・否、怪物だった。
霊道は十に満たぬ年から権力の掌握を開始、
18歳になった頃には、剣術で真っ向から十風斎を打ち破った。
以後も20年ほどは公爵の地位についていたが、
霊道に爵位を譲り渡すよう強要され、そのまま追われるように夜天蛾家を出奔した。
その後は各地を放浪しながら、冷遇される孫・灯馬の下を訪れるなど、
それなりに悠々自適な生活を送っている。
だが、覇道を突き進む息子・霊道の暴走を危惧しており、
公爵時代に培ったコネクションなどを活用し、夜天蛾家の動きを探っている。
もしも息子が世界に争乱を巻き起こすならば、
再び剣を取り戦うのも辞さない覚悟をきめている。