※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 

呉 孫堅・孫策時代


 

周瑜/公瑾

 

不老年齢:24歳
ICV:速水奨
 
一人称は『私』。
背中まで伸ばした流麗な黒髪に、切れ長の青い瞳を有する美青年。
長身に青系統の装束を纏っている。
孫呉軍の筆頭軍師で、軍部の最高司令官。
孫策とは兄弟同然に育てられた親友で、
彼の目指した孫家による天下統一に並々ならぬ情熱を抱いており、
魏軍との戦いにも徹底抗戦を唱える。

天才的な頭脳、武将クラスの武威、美しい容姿、人を惹きつけるカリスマ性と

およそあらゆる才能を持って生まれたが、唯一時間だけは恵まれなかった。

 

「伯符よ。君との誓いは、孫権殿と二人で叶えてみせる。

それが私の残りの人生における全てだ」 

「私は劉備や諸葛亮を本質的には信頼していない。

利用価値がある事は認めるがな」

「私はかつてこれほど渇望した事はない。

後三年・・・一年、半年でもいい!!時間が欲しい・・・

この天命を伸ばせるならば、煉獄で魂を焼かれようとも構わない!!」

 

 

張昭/子布
 
ICV:宝亀克年
 
一人称は『わし』あるいは『私』。
武将ではなく人間。長きに渡って孫呉に仕えてきた重臣で、文官たちの筆頭格。
国を思う気持ちは人一倍強く、
納得できない事は例え君主が相手でも食って掛かる熱血漢(爺)でもある。
孫堅、孫策、孫権も張昭の忠義の心を知っている為、
言い争う事はあっても不敬を咎めようとはしない。
曹操の侵攻に対し、降伏論を唱え周瑜と対立する。
我が身かわいさで降伏しようとする多くの文官たちと違い、
魏と呉の力関係を冷静に把握した上で、
孫家を存続させ、江南の民を戦渦に巻き込まないための決断であり、
周瑜に匹敵する熱情を持って降伏を推し進める。
 
「孫権様!この張昭めが気に入らぬとあらば、いつでも首を刎ねなされい!!」
「これだから戦中毒の武官どもは!!
戦争も政治の一部だという事をまるでわかりよらん!!」
 
 
程普/徳謀
 
不老年齢:30歳
武器:西洋剣(ソード)
ICV:石塚運昇
 
一人称は『私』。孫家三代に渡って仕えた孫呉四将の一人。『白』の将。
淡い金髪を長めに伸ばし、おでこを晒している。
顔立ちも西洋人風で、白銀の鎧を身にまとい、盾と剣を携えた姿は騎士そのものである。
自身も、騎士らしく忠義に溢れる性格で、孫呉の戦の最前線に立ち続けた。
 
「我が盾は孫家を護る為にある!我が剣は、孫家の敵を斬る為にある!」
 
 
韓当/義公
 
不老年齢:34歳
武器:首狩槍
ICV:二又一成
 
一人称は『俺』。孫呉四将の一人。『黒』の将。
逆立った黒い髪に、黒いローブを身に纏った長身の男。
眉毛が無い三白眼で、尖った顎に痩せぎすの身体は黒い鶴のようである。
刃の部分が湾曲した槍を持ち、これは相手の首を掻っ切るのに特化している。
寡黙でやや不気味な性格だが、黙々と仕事をこなす。
 
「・・・・・・掃討、完了」
 
 
朱治/君理
 
不老年齢:19歳
武器:円月輪
ICV:新谷良子
 
一人称は『私』。孫呉四将の一人。『赤』の将。
短めに切った緋色の髪に、青い瞳をした美人で、外見は女性に近い。
落ち着いた性格で、常に沈着冷静に事に当たる。
素早い動きと円月輪を用いた中距離戦を得意とする。
 
「これで終わるとも思えません。増援に警戒しつつ、前進を」
 
 
黄蓋/公覆
 
不老年齢:38歳
武器:円盤鎧
ICV:江川央生
 
一人称は『わし』。孫呉四将の一人。『黄』の将。
色黒で、筋骨隆々の逞しい肉体を持った男。
黒い髪を短くまとめ、バイキングのような帽子を被り、顎鬚を生やしている。
豪快な性格で、四人衆の中では真っ先に最前線に切り込んでいく。
両腕にトゲのついた大きな円盤型の盾を装備しており、攻防に使えるほか、
二つの盾を合わせ、アルマジロのようになって敵に突撃する戦法を得意とする。
 
「がはははは!!どけいどけい!!どかん奴は轢き殺すぞ!!」
 
 
太史慈/子義
 
不老年齢:19歳
武器:脚鎧
ICV:関俊彦
 
一人称は『俺』。長く伸ばした茶髪に、黒系統のラフな服装をした男。
常にポケットに手を突っ込んでおり、よく煙草を吸っている。
足技を得意とし、両脚を刃のついた黒い鎧で包んでいる。
これにより、全く手を使わないで戦う事が出来、
本人もそんな戦闘スタイルが性に合っている。
かつては孫呉の敵だったが、
孫策との一騎打ちを経て、彼の元で働きたいと思うようになる。
 
「総大将が自ら一騎打ちなんざ、馬鹿じゃねーのか!
ま、そんな馬鹿は嫌いじゃねーけどよ!」