※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

虚空寺 裂舟(こくうじ れっしゅう)

性別
年齢 65
搭乗機 ゴクガラン
所属 グール・レギオン
ICV 大塚芳忠

 

逆立った白髪に浅黒い肌をもち、紫色のコートで身を包んだ老戦士。
古くから夜天蛾公爵家に使えてきた武人であり、家への忠誠心は並々ならぬものがある。
かつては連邦軍に所属し、愛機『ゴクガラン』と共に幾多もの戦場を駆け抜けてきたが、
現在は引退し、その武術の腕を買われ、統一政府の武術教官の職についている。
彼に武芸の指導を受けた軍人は多く、

また、幼少期の皇鬼と灯馬に武術の手ほどきをした人物でもある。
いかなることがあろうと揺るがぬ確固たる信念と
凄まじい武術の腕を併せ持つ生粋の武人。
軍内部にも、彼の教え子を始め彼を尊敬の目で見る者は多い。

しかし、夜天蛾公爵家に使える身として、
霊道率いる『グール・レギオン』に所属しており、
密かに霊道の野望のため暗躍している。
これも、「如何なることがあろうと夜天蛾公爵に絶対の忠誠を誓う」という、
彼なりの信念ゆえなのである。

霊道に仕える前は夜天蛾十風斎の従者であり、

年が近い事もあり主従を越えた親友関係だったが、

友情よりも自身のルールを重んじるため、

今は夜天蛾霊道に忠誠を誓っている。

日本拳法をベースとした我流の拳を操るが、
その拳の最大の特徴は彼が使役する“風”の力にある。
彼は風の精霊と契約をかわしており、周辺の大気を意のままに操ることができるのだ。
裂舟はある時は自らの剣となり、またある時は自らの盾となる風のことを
“朋友(とも)”と心得ており、強い信頼関係で結ばれている。

ちなみに一人称は「儂(わし)」。