白豹(はく・ひょう)

性別
年齢 34
搭乗機 凶、刹牙
所属 白家、傭兵派遣会社バミューダストーム
ICV 岸尾だいすけ

 
傭兵派遣会社バミューダストームの社員。
上海の伝説的な暗殺一家、白家の出身。
銀髪にベージュの人民服、つばのある帽子を被り、マスクで口を隠している。

暗殺者ゆえか、極めて無口であまりしゃべらない。
常時、手には凶器の爪を隠し持っている。
カフェ「トライアングル」の天井裏を寝床にしている。
 
彼の入社した経緯は少々特殊で、
元々白家と親交のあったセレナが引き抜いたとも、
白家の命令でバミューダストームに出向したとも言われているが詳細は謎。
彼自身は、あくまで白家の命令の一環として
バミューダストームでの業務をこなしている。
白家へ絶対の忠誠を誓っており、自らを一族の“刃”と見なしている。
一族の意向を全てにおいて優先し、その信念にブレが生じる事は無い。
それゆえに、一族でありながら我欲のために動いた
深虎には強い殺意を覚えているが、
それもまた、怒りというよりは己の理念に乗っ取り、
機械的に殺すべき対象とみなしているだけである。