魔法巨人エトワリヨン 用語


異界芸術家(デメンチスト)


次元の壁を越え、地球の素材を利用して
自らの芸術作品を創ろうとする異世界の芸術家たち。
彼らは『創造の園』と呼ぶ地球世界は、魅力的な素材の宝庫であり、
過去に多くの異界芸術家がこの星を訪れていた。
神話や伝承で語られる神や悪魔、天使、妖精、幻獣、魔法使いは、
全て彼ら自身か、彼らの創り出したオブジェである。
異界芸術家たちは、地球に存在する様々な物体に着想を得て、
独自の感性の赴くままに改造し、巨大な 『オブジェ』 へと変える。
多くの場合、彼らは周囲に自らの作品を注目させるために、
最も手っ取り早い手段として 暴れさせる

一方で、彼らは何より人命を重んじる。
生命とはあまねく芸術の卵であり、何が将来の芸術の損失に繋がるか分からないからだ。
彼らの思考形態は何を置いても『芸術的』であることが優先される。

なおこの事実は地球側には知られていない。
芸術家は作品で己を語るもので、余計な自己主張はしないのだ。
よって、地球側からは総じてオブジェは怪獣か、宇宙人の侵略兵器と見做されている。


芸術闘争(アート・ウォー)


異界芸術家の住む異世界では、互いの作品の優劣を、創り出したオブジェを戦わせ、その勝敗を持って決定する。
他者を交えた評価は、多様な価値観が混じる故に、絶対とはなりえない。
美しさこそが至上という考えは、あちらの世界の社会を支配する普遍的な思想であり、
真に美しいものは決して滅びることはないとされる。
故に、戦って相手のオブジェを破壊し、勝利することが、
何よりも信頼できる評価であり、美しさの証明となる。

時折、権力者の手で『コンクール』が開かれることがあり、
一つの次元、一つの惑星に数多の異界芸術家を集め、最も優れた作品を決定する。
前述の理由から、その形式はルール無用のバトルロイヤルとなる。
開催地には多くの異界芸術家が集まり、
オブジェ同士を戦わせる熾烈な闘争の舞台と化す。
ルシフェルの堕天に端を発した天使と悪魔の闘争、北欧神話のラグナロクも、
地球で行われたコンクールを、人類が勝手に解釈したものである。
ちなみに優勝者には権力者が溜め込んだ魔力と、新たな異次元への通行権が与えられる。
異界芸術家は常に、芸術作品の創作に必要となる魔力に困窮しているため、
この賞品は喉から手が出るほど欲しい代物である。
新たな創作の糧となる別世界への通行権も同様。


超芸術


彼ら異界芸術家は『事象干渉能力』を持ち、
限定空間内の事象を思うさまに改変することが出来る。
地球にも僅かながら存在しており、それらは『魔法』と呼ばれる。
地球では、魔法が極めて使いにくい環境であるため、
故郷の異世界と比べてその使用は大きく制限される。
彼らの住まう異世界では、優れた技術や能力は全て芸術とされるため、
異界芸術家の使う事象干渉能力は『超芸術』と呼称される。


異世界における魔力


事象干渉能力、即ち魔法が普及している異世界では、
金銭や石油などの物質的なエネルギーに価値はなくなり、
魔法を行使するための燃料である魔力が富や財と見做されている。
魔力とは個人に宿る生命力のことであるが、
分割し、物質に注入して保存しておくことも出来る。
この魔力が物品を交換する時の通貨や、権力者へ納める税金として使われている。