※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ライトスティンガー改

形式 次世代型対象捕獲機-OCM-
全長 8.2m
重量 8.1
武装 ・マジックハンド
・軍用散弾銃
・軍用コンバットナイフ×4
特殊装置 ジェットローラー走法

真矢がヒカルに譲渡されたOCMを日本自衛隊が回収し、軍が独自に改造した姿。
本来は、当時の隊内で一番と言われていたパイロットが搭乗する予定だったが、ヒカルが譲渡時、真矢にしか乗れないよう細工したため、事実上、真矢専用機となってしまった。
本来の『星屑ファミリー』が運用しているOCMの性能に加えて、軍の兵装が加えられた仕様となった完全なる戦闘用と化している。
その分、重量とパイロットに掛かるGも増大されたため、真矢曰く「並のパイロットじゃ3分ともたない」と言われている。
これは、いわば、『星屑ファミリー』の身体能力の高さを彼なりに検証評価していると捉えている部分もある。


武装


  • マジックハンド

ヒカルが開発した暗号ハッキングプログラムが内蔵されており、ありとあらゆる武器を即時に演算して、ロックが掛かっていればすぐに解除してしまうというまさに強奪用に最適の手となっている。
改造されても、これは従来のまま残っているが、武器を持つためにある程度の補強が施されている。

  • 軍用散弾銃

軍がOCM用に合わせて開発した散弾銃。
接近戦に大きな効果を発揮し、機体の性能。真矢の戦い方に合った非常に効果的な武器。

  • 軍用コンバットナイフ×4

各所に収納可能な上、戦車の装甲でさえ斬り裂くほどの切れ味をもつ。
近距離戦はもちろん、中距離からの投擲にも非常に有効。