ガンフォース


形式番号 AGF-103
全長 16m
本体重量 17t
最大離陸重量 44t
最大速度 秒速14.2km
動力機関 シグマ型波動エンジン
装甲材質 ゼータチタン


第一次接触戦争の後期、姫川グループが開発したアトラス。「ガン」シリーズの一号機。
高い汎用性と拡張性から名器と呼ばれ、多くの軍隊で主力に選ばれたディープダイバーを上回る性能を持たせて開発された。
アトラスの標準装備である「波動砲(レイ・ブラスト)」はより高出力での制御が可能となり、機体の姿勢制御を行う「イナーシャル・コントロール・ドライバ(ICD)」はこれまでよりも小型で精度の優れたものとなっている。
しかし、すでにディープダイバーの生産ラインを有し、またディープダイバーに慣れたパイロットの多いAAFには導入されないまま、イクリプスとの戦いは終わる。
その性能が本格的に評価され始めたのは蛇戦争の際で、大気圏下における機動力・戦闘能力はディープダイバーを上回り、各国から注文が殺到。姫川グループの成長に大きく貢献した。

また、ディープダイバーと比べてヒロイックなデザインが子供にウケたのをきっかけに、ガンフォースを主役としたロボットアニメ『戦闘機甲(バトルマシン)ガンフォース』が企画され、2052年から2053年にかけて放送された。
元々は実機のガンフォースのPRとして製作されたアニメだったが、予想以上の人気を博し、今なおシリーズが続いている。
初代ガンフォースのウリであった『実在兵器を主役にしたロボットアニメ』というスタンスは現在も活かされており、新作『戦闘機甲』シリーズの主役ロボットは、姫川グループの開発した新型「ガン」シリーズが務める形になっている。

現在、後継機として「ガンフォーミュラ」「ガンフラクタル」「ガンドレイク」などが存在する。

武装
電磁式メタルストームライフル
高周波ブレード
ハイマニューバミサイル
レイ・ブラスト


追加装備 各部位に一つずつ
高感度レーダーアンテナ
情報集積レドーム
波動コンデンサー
ロングレールカノン
14連ミサイルポッド
追加ブースター
パイルスティンガー
フォールディング・シールド
四連ロケットランチャー
ダミーフレアー
追加ICD
背部 追加大型ブースター
コンテナミサイル