紫雲寺雷呀 しうんじ・らいが

 

性別

年齢 57
変身体

電鬼神・雷陀

所属 不明
ICV 中田譲治
登場作品 血刃ハ水面ニ踊ル



紳士然とした雰囲気を持つ、長身の中年男性。
灰紫色の髪をオールバックに纏めており、その上に黒いフェルト帽を被り、
服装も黒いスーツで決めている。
思慮深い性格で、何事にも関心を持ち、モノやコトの意味や意義を追求しようとする。
その反面、内に抑えきれないほどの闘争本能を秘めており、進んで争いを求める傾向もある。
ゆえに、「闘争とは何か」を追求することを、己の人生の命題(テーマ)としており、
そのために進んで争いを求め、戦場に身を投じる。
飽くなき闘争心と、深い思索を併せ持つ、稀有な戦士である。

『雷獣』の異名を持つ、非常に強力な“異端者”。
基本的に、己の欲望を満たす事のみに執心する異端者とは違い、
他者の依頼を受けて活動し、傭兵やボディガードとして戦場に現れる。
そこに闘いがあるならば、目的や場所は選ばない。

操る力は“雷”。属性は『雷獣』。
電気を司るヴィシャスを多数取り込んでいる。
生身のままでも相当量の電流を操れるが、
特に強い相手と闘う場合は、戦闘形態『電鬼神・雷陀(でんきじん・らいだ)』へと姿を変える。
また、圧倒的なオーラで、他のヴィシャスを屈服させ下僕にすることも可能。

 

「なるほど・・・なるほど、なるほど。これが君の実力・・・というワケか」