ルードヴィッヒ=ヴァイスシュタイン


年齢:不明
性別:男

FALBE科学部門の統括者。幹部としての通称は 『白(ヴァイス) 』。
灰色の混じった髪に眼鏡をかけ、白衣に身を包んだ二十代半ばの青年。
FALBEの幹部としてより異端の霊能者として有名で、
人工的に忌霊、禍霊を生み出す異端呼の開発に大きく関わっている。
彼の研究は神霊同盟の定めた禁忌に触れるものばかりで、
幾度となく人体実験などの非人道的行為を繰り返してきた。
故にFALBEが決起する前から抹殺対象に指定されている。
絶華の下に身を寄せたのも、彼女が造ろうとしている混沌の時代が、
彼の研究にとって都合がいいからである。
また彼女の放つ電波的な狂気と波長が合うらしい。
総統たる彼女には敬意を払いゴマを擦る一方で、時折侮辱するような発言をするが、
長所も欠点も含めた彼女の特異なカリスマ性に惹き寄せられている。

絶華の死亡時に、彼女の愛用する双銃を持って逃げ去っており、現在行方不明。

「総統はそのバカわいいところが実に魅力的だと思うんですよ」