※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天羽 燐斗(あまばね・りんと)


性別:男
年齢:17歳
使用武器:霊伐刀『天尾羽張(アメノオオバリ)』
霊能系統:自然操作系
ICV:宮野真守
登場作品:御霊巫戰紀

雫やつばさと同じ高校に通う学生で、高校2年生。
燃える炎のような明るい赤色の髪を短く纏め、整った顔立ちをした好青年。
性格も朗らかかつ冗談好きで、男女問わず人気が高く、交友関係も広い。
しかし、それは表向きの顔であり、裏の顔は雫達と同様、霊能で忌霊を討伐する霊伐師(スレイヤー)。火を司る精霊 “炎御霊(ほむらみたま)” と契約している。
炎を操る力を有し、何も無い場所から炎を呼び出して敵を焼き尽くす。
紅の刀身を持つ霊伐刀『天尾羽張(アメノオオバリ)』を持ち、
『天羽流・煉華の太刀』を修めているが、彼自身は直接戦う事を好まない。
炎の精霊の加護を受けているため、炎の類は全く効かず、服も焼けない。
身体能力のみならず、明晰な頭脳と大局を見る目を持ち合わせる。
学校で見せる好青年の顔とは異なり、ドライでシニカルな本性を持ち、
他人や大義のために命を賭ける事を馬鹿らしいと考えている。
「どうせ命を賭けるなら、自分が楽しいと思うことに賭けるべきだ」とのこと。
他者と笑顔で接する一方で、心からの好意を持たず、自分以外は全てモノだと認識している。
上層部である<巫会>とも密接に関わっており、その能力の高さから若年にして幹部候補を勤める。
しかし、心の底では<巫会>相手にも完全に忠誠を誓っているわけではない。
単に忌霊を撃滅するだけでなく、何か遠大な目的があり、
それを叶える為に陰で策動している。


ヒノカグツチ


ICV:黒田崇矢

天羽燐斗が召喚する守護精霊。
全身が炎に覆われた鬼の姿をしており、その全貌は明かされていない。
燐斗が常に本気で闘わないのと同様、
このヒノカグツチも炎を発するだけで援護に留まる事が多い。


<特殊能力>
紅蓮の衣:攻撃を防ぐ炎の鎧。
天羽流・煉華の太刀『陽炎(かげろう)』:炎で分身を作り出し、敵を眩惑する。
天羽流・煉華の太刀『紅葉(くれは)』:舞い散る落葉のような炎弾を発射する
天羽流・煉華の太刀『鬼灯(ほおずき)』:鬼火のような炎の球を生み出し、
敵に向けて発射する。燐斗の刃に呼応して、自在に操作できる
天羽流・煉華の太刀『鳳仙華(ほうせんか)』:着弾と同時に拡散して周囲を焼き払う炎の球を放つ。
天羽流・煉華の太刀『燐胆(りんどう)』:炎の蛇を放つ。
天羽流・煉華の太刀『芭焦(ばしょう)』:燃え盛る業火を放ち、敵を骨まで焼き尽くす
天羽流・煉華の太刀『鬼梗(ききょう)』:ヒノカグツチを召喚し、炎の拳で敵を殴りつける。
天羽流・煉華の太刀『曼珠沙華(まんじゅしゃげ)』:炎を練り固めて、
巨大な炎の球体を作り出し、そこから発射する炎流で敵を破壊する。

天羽流・煉華の太刀『六華宴(りっかえん)』:六体の“鬼火衆”を召喚、敵を取り囲み、紅蓮の業火で焼き尽くす。
天羽流・煉華の太刀『蕉陽(しょうよう)』:????


鬼火衆(おにびしゅう)

天羽燐斗が作り出す、炎で動く傀儡人形。化霊(アヴァター)の一種で、簡潔な命令で自律行動する。