ファフニール



マルコ=ピッキオが駆る機動兵器。
中世の騎士をイメージした鋭角的なデザインが特徴で、
白いボディに赤い翼を供えた外見を持つ。
最大の長所はその圧倒的な機動力。背中の赤い翼には、
合計8基もの高機動バーニアが内蔵されており、驚異的な速さで戦場を駆けぬける。
ブースターの噴出から生み出される爆発的な突進力は全てを薙ぎ払い、叩き伏せる。
また、可変機構を持ち、人型形態から二つの頭を持った竜形態に変形できる。
竜の尾の部分には高出力エネルギーソード「バルムンク」が収められており、
それを用いた白兵戦を最も得意とし、
人型形態の操縦は、トレースシステムを用いて行われるため、
ピッキオの誇る神業的な剣技を100%再現できる。

<特殊能力>
変形
エネルギーフィールド

<武装>
ヘッドカッター:頭部に備え付けられた、刃状の赤いトサカ。
高出力エネルギーソード「バルムンク」:
 竜形態の尻尾部分を鞘として収められている、ファフニールの主兵装となる両刃の剣。
 超金属ネオプラチナム合金で作られており、PS装甲すらやすやすと切り裂く威力を有する。
 さらに、エネルギーを送り込む事で、刀身をエネルギーフィールドで包み、より破壊力を増す事ができる。
陽電子砲×2:龍形態時の、双頭の龍の顎から放たれる電子砲。

<技>
白夜光(ノッテ・ビャンコ)
飛竜斬劇(タッリオ・ディ・ドラゴ):高機動を生かして戦場を飛び回り、 四方八方から敵を切り刻む技。
千人殲伐(ミル・マチェッロ):嵐のごとく力強い剣閃で、迫り来る軍勢をなぎ払う。
天空騎槍(ジェルモーリオ・ディ・シエロ):バルムンクを正面に構え、
 全身にエネルギーフィールドを纏い、バーニアを全開にして突進する大技。
 ファフニールが通り過ぎた後には、塵一つ残らない。