ゲオルギウス


性別:男
年齢:40代
搭乗機:ジューダス・クライスト

ギアス嚮団の構成員で、アポストルのリーダー。本名は 「ゲオルグ・ヴァイゼンブルク」
金と銀の混じった黒い角刈り頭に、巌のような顎鬚を生やした壮年の男。
筋骨隆々な体躯だが、その口調や物腰からは知性も感じられる。
事実、彼もまたユリアヌスと共にアポストルの開発に関わった人間である。
ユリアヌスとは友人で、本名である「ユーリィ」と呼ぶ。

豪放磊落な性格で、いかな状況も不敵かつ豪快に笑い飛ばす胆力を持つ。
だが、通常の倫理観が欠け落ちており、人類全体の進化のためならば、個人の幸福を無視できる冷酷さを持つ。
人間の持つ「反逆」という行為に強いシンパシーを抱いており、
弱者が強者を食い破ることこそ、他の自然動物と人類を分かつ境界だと考えている。
それゆえ、強者に抗い、運命に逆らう者には平等に敬意を表する。
そんな彼らの壁となり、また自らも挑戦者であろうとしている。

幻の13人目のナイトオブラウンズ 「ナイトオブサーティーン」 であり、
ブリタニア皇帝から直接の指示を受け、アポストル達を率いて、
隣り合う異世界を巻き込んだ<計画>を推し進めていく。
後にギアス嚮団から離反し、『リベリオン』という組織を立ち上げる。

ユリアヌスとは趣味が異なり、マジンガーや勇者ロボの造形に心惹かれている。
ロケットパンチは漢の浪漫。