菫川倭文音(すみれがわ・しずね)

 
性別:女
年齢:29歳
能力名:百華繚爛(ヘカトンケイル・ブルーム)
搭乗機体:ファイルヒェン
ICV:井上喜久子

背中まで垂らした黒髪に、笠を被り、
菫色の着物を着た“大和撫子”の言葉が似合う純和風美人。
関西の出身らしく、京都弁で喋る。一人称は「ウチ」。
常ににこやかな微笑みを浮かべており、柔和な雰囲気を振り撒いている。
目つきは常に(^^)の形を保ったままで、普段瞳孔を開くことは皆無。
ただ、相手に対し殺意を抱いた場合にのみ開眼し、
その青紫色の瞳からは、魂を射殺すほどの眼光を放つ。

和服を着た外見からは想像がつかないが、彼女は暗殺の術を扱う“忍者”である。
古来より続く忍の家系に生まれ、『綾凪(あやなぎ)流忍術』を修得した凄腕の忍者。
そのため、人間離れした身体能力を持ち、
疾風の如く駆け、霧の如く相手を惑わす術に長けている。
現在はフリーの傭兵忍者として地球圏の各地を渡り歩いており、
傭兵集団に所属したり、特定の組織と契約したりしている。

 

恋風朱桃とは旧知の仲で、腐女子仲間でもある。

彼女に依頼され、織兎と刹夜の味方となってベスティエと戦う事になる。

ベスティエの蝦蟇渕眩蔵には、かつて自分の一族の長を殺されており、因縁浅からぬ関係である。



着物の内に多くの武器を隠し持ち、接近戦では忍刀『藤袴(ふじばかま)』を、
離れた相手にはクナイ『雛菊(ひなぎく)』、
十字手裏剣『紅葉(もみじ)』を投げて戦う。
エーテリストである彼女の異能『百華繚爛(ヘカトンケイル・ブルーム)』は、
『物質を複製する』能力であり、一本のクナイを百本に複製して飛ばしたり、
忍刀の穂先を幾重にも分裂させる事ができる。
また、自身を複製して“分身の術”なども行える。
複製は幻影ではなく実体があるため、斬られれば傷つけられる。
ただし、その複製元を叩けば、複製は全て消滅してしまう。