アビロスト・レーン


性別:男
年齢:34歳
種族:ワーコヨーテ
クラス:フェンサー

クリーム色のスーツに同じ色のつばのある帽子、
淡い黄褐色の髪にイヌ科の耳と尻尾を持つ長身の男。
メガゼノフ議会同盟、治安維持局の捜査課に所属する捜査官。
大陸西部におけるヴィルネアの不穏な動きの調査と、失踪した大学教授の捜索、
クラウディア・ルース准教授の護衛も兼ねて、彼女と共にアンバーフィールドに向かう。

コヨーテの特性を持つ稀少種族ワーコヨーテなのだが、
圧倒的に数の多いワーウルフやコボルトと比べて
さほど目立つ特徴があるわけでも無く、よく間違えられるのが悩みの種。
顔は年に似合わずやや童顔。常に愛想笑いを欠かさず、腰の低い態度を取っているが、
それだけに、本心を掴ませない、油断ならない人物と言う印象を与える。
ワーコヨーテなのだが生粋のベジタリアン。大好物は豆腐ハンバーグ。
豆腐発祥の地とされる極東へ向かって思う存分本場の豆腐料理を食べるのが夢らしい。
武器は象牙色の仕込みステッキ。魔器であるが、名前は特にない。
剣の実力は確かで、刀の姿どころか抜刀の瞬間さえ悟らせず、瞬時に敵を斬り捨てる。