※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

それから1年後…

砂漠の奥に聳え立つ巨大な石の下で…

断末魔が響いた…

********

人間とはつくづく愚かです…

自分達が創り得たもの以外のものを見ると…

目の色を変えて触れてみたくなる…

だからこそ…

私は出られたのですがね …


「ご苦労様でした…愚かで無知な人の子よ…」


足元に転がるは朽ち果てた屍…

それらは砂と帰り…

真新しい服だけが残った…


「余り美味しくはなかったのですが…致し方ありませんね…」


くすくすと笑い…

己を縛り付けていたブックベルトを拾い上げる…

それにはもう水晶が付いていなかった…

何故なら…


「感謝しますよ…皐月…貴方の慈悲が…私に力を与えてくださったのですから…」


誰もいなくなったその場所で…

灰色と紫の装甲を纏った騎士が居たのだから…


=終=