※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

時は西暦3035年。
かつて21世紀と呼ばれた時代からあまり変わらない世界で、一つの戦いが幕を開ける。
それは古より世界の影にあったモノと、それを打ち破り世界に新たな光をもたらすモノとの戦い。
されど、それは世界に語られることのない、夢幻の戦記―――






秘密結社アトラシア


地球のどこかに本拠地を持つと言われる秘密結社。
古くはエジプト文明の時代から存在していたと言われ、二度の世界大戦も彼らが裏で暗躍した結果だという。
彼らがアルヴィン=コウリュウを狙う理由は、彼の変身ブレスレットに秘められた「ある秘密」のためなのだが、その秘密は大首領ネフィアしか知らず、幹部らには「危険なもの」としか知らされていないようだ。




アトラシアの送りこむ怪人が展開することが出来る異空間。
主にピンチになったときに展開することが多く、幻夢空間での戦闘は外部に一切の影響を及ぼさない。
またこの空間でのみ、コウリュウの最強必殺技「虹天剣」を使うことができる。
基本的にはコウリュウと怪人のみしか入れないが、特定の条件が満たされた時のみ、他の存在が入りこむことがあるという。