※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イリアナ・ライズベルト



北アメリカ出身の民間人。21歳。愛称はリア。
北米にあるセントラリア基地の近くで、家族や幼馴染であるウィンと共に暮らしていたが、突如NWOの攻撃により基地が壊滅。
そのあおりを受け、ウィンの両親や姉、そして自らの両親を失い、さらにはその時の精神的ショックにより、失語症に患ってしまう。
幸い肉体的損傷はなかったものの、目の前で燃える家に両親が潰されたこともあり、『炎』に対して強い心的外傷を持ち、マッチほどの炎でも見るとフラッシュバックを起こしてしまう。
ウィンが軍に入隊したことは知っているが、その理由の一つに自分の治療費が入っていることは知らない。
幼馴染であるウィンとは友達以上恋人未満の関係であったが、NWOのセントラリア基地強襲を経て、お互いがかけがえのない存在となっていった。
リアにとって、ウィンは心の最終防衛ラインとでも呼ぶ存在であり、もし彼を失おうものならばその場で自らの命を絶ってもおかしくはない。
本来ならば戦いの場に出ることはなかったのだが、とあるきっかけからウィンの乗艦であるパラディナスに乗り込むことになる。
ICVは白石涼子。