光月


キズナ専用に開発されたドミネーター。
蒼白い色彩のややずんぐりしたデザイン。
機体性能は平均的なKVだが、ハーモニクス・エフェクトが戦闘向け且つ応用の幅が広いため、総合能力は高い。
遠近共にそつなくこなし、視覚情報にダイレクトに影響する『光』のキーワードを利用した、様々な特殊装備も備える。
光学兵器で十分な火力を保持してあるので、デッドウェイトになる通常兵器は最小限に抑えられている。
肩にはキズナのパーソナルマークのサルビアの華があしらわれている。

キーワード『光』は、光学兵器を使用可能とするのは勿論、光の屈折を利用した幻惑、対光学兵器用の反射機構、反対に光源を著しく制限する事による撹乱と用途は多岐に渡る。

 〇武装、システム

  • 高振動ブレード

近接用のナイフ型の武器でラックに20本近く格納している。
投擲も可能。

  • 光の剣

簡単に言えばレーザーブレード。
柄は無く、マニュビレーターから直接発生する。

  • 光の弓

簡単に言えばレーザー砲。
手甲側の手首の付け根に装備されている。

  • 幻惑の光

光を屈折させ、虚像を生み出し、相手を撹乱する。

  • フラッシュゲイズ

爆発的な光量で視覚機能を麻痺させる。
要はフラッシュグレネードと同じ原理であるが、有効範囲がケタ違いで、低コストのエネルギーで乱発出来る。
ある意味で本機の攻撃の基点。

  • 鏡の盾

腕部に装備された光波シールド。
光学兵器を減衰、反射させる。
実体兵器への防御力は気休め程度だが、出力を上げる事で機体全面に展開も可能。

  • オプティカルレンズ

光を集め、強力なレーザー光と化す。
周囲の光を利用する為、機体の出力に影響されないと言う利点を持つが、光源の少ない夜間等では、威力が減衰してしまう。
光の弓を強化したレーザー砲として使える他、光の剣を強化するのにも使える。

+...

光月・雅


中盤、 ウィンクルム 関東支部壊滅後、カミルの元を訪れたキズナの為に、グレートカミルを用いて光月を強化した姿。
基本的な部分は変わらないが、「最高の機能美」を追求された為、総合能力が大きく向上している。
また、外見もシャープで女性らしいデザインに変更されている。

 〇武装、システム

  • 高振動ブレード

近接用のナイフ型の武器でラックに20本近く格納している。
投擲も可能。

  • 光の剣

簡単に言えばレーザーブレード。
柄は無く、マニュビレーターから直接発生する。

  • 光の弓

簡単に言えばレーザー砲。
手甲側の手首の付け根に装備されている。

  • 幻惑の光

光を屈折させ、虚像を生み出し、相手を撹乱する。

  • フラッシュゲイズ

爆発的な光量で視覚機能を麻痺させる。
要はフラッシュグレネードと同じ原理であるが、有効範囲がケタ違いで、低コストのエネルギーで乱発出来る。
ある意味で本機の攻撃の基点。

  • 鏡の盾

腕部に装備された光波シールド。
光学兵器を減衰、反射させる。
出力を上げる事で機体全面に展開も可能。
期待の出力向上に伴い、物理的な防御力も獲得している。

  • オプティカルレンズ

光を集め、強力なレーザー光と化す。
周囲の光を利用する為、機体の出力に影響されないと言う利点を持つが、光源の少ない夜間等では、威力が減衰してしまう。
光の弓を強化したレーザー砲として使える他、光の剣を強化するのにも使える。

  • デイブレイク

キズナの『光』、ライカの『電気』、女樹の『焔』のキーワードを複合、共鳴させる事によって、擬似的な小型の太陽を造り出す。
複雑な計算を必要とする為、光月・雅に積んだ フォトニック演算回路 が必要不可欠。
加えて、 ハーモニクス・エフェクト を共鳴させるシステムは光月・雅にしか装備されていない為、二重の意味でこの装備の使用にはキズナが基点となる。
ハーモニクス・エフェクトの連動 と言う野心的なシステムであり、後にこれをキズナ機に積んだ事が、最終決戦において大きな意味を持つことになる。