※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

霊伐師 (スレイヤー)

 

厳しい修行により会得した秘技や、人間を超える異能の力を用いて、

人類社会を脅かす異端者やヴィシャスを滅殺する戦士たちの総称。
ヴィシャスの力を用いて戦う異端者達とは異なり、
彼らは星に存在する“精霊”の力を借り、闇を祓い浄化する。
ゆえに、霊伐師になるのは、白魔術師や神父、修験僧や巫女などの精神的な修養を積んだ者が大半を占める。
神霊同盟という組織が霊伐師を一手に纏めており、

傘下組織である<皇会>や、ヴァチカン教皇庁などのバックアップを受けて活動している。

霊伐師は血筋と家柄が重視され、能力や術などは主に世襲制で受け継がれていく。

 

主な精霊と契約霊伐師

 

・海御霊(うみみたま) 属性:水、流動

 

 蒼峰雫、蒼峰海女乃(先代)

 

・鉄御霊(くろがねみたま) 属性:金属、創造

 

 十六夜冥架

 

・炎御霊(ほむらみたま) 属性:火、渾沌

 

 天羽燐斗

 

・星御霊(ほしみたま) 属性:星、秩序

 

 斎宮都貴弥

 

・和御霊(にぎみたま) 属性:治癒

・荒御霊(あらみたま) 属性:破壊

 

 御手洗千草(一人で二つの精霊を有する)

 

 

※なお、「御霊」とは日本での呼称であり、海外ではまた別の呼び方が存在する。


○反逆者(リベリオン)

精霊使いでありながら、上層部の意向に背き、スレイヤーを除名された者達の総称。
<皇会>からは異端者同様、抹殺対象に指定されている。