クマ造吼える @Wiki

クマ造吼える 2006


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今年は どんな年になるのやら・・・

9月23・24日 日高川 チーム対抗戦

sp
 平岩・ユリ 11:00~16:00 12匹(18~22cm)
 越方迂回線7:00~9:00 三十木10:00~12:00
 観音寺13:00~15:00 16匹(15~22cm)
 水温20℃ 平水 晴 
 9.0mリミテッドプロFW フロロ0.15 エアスピード6号他
vo
 チーム対抗戦の下見、平岩はやりすぎのスレまくり。瀬は掛からずトロの泳がせか、ユリで脇ヘチで挽回。
 チーム対抗戦1試合目越方迂回線でヘチ脇の粘り釣りで8匹の2位。2試合目三十木のチャラ瀬をナイロンで泳がせたが他選手ににじり寄られて伸びず7匹の10位。3試合目は観音寺、瀬肩のヘチを泳がせ3匹入掛かるが後がない、残り5分で上の瀬肩で2匹拾って何とか2位。我がファンクラブは日高君の活躍もあって4位入賞は上出来。メンバーは日置、日高、奥田、前田、富田の5名、来年は3位以内を狙えるかも?

9月17日 有田川

sp
 オオセ 12:00~16:00 
 15匹(16~23cm)
 水温20℃ 平水+10cm 雨 
 9.0mリミテッドプロFW エース超極細 エアスピード6号他
vo
 村田軍団杯中止で3連休も意気消沈。日高は濁り、水位ともまだキツいらしい、釣り人であんなに賑わった有田川もそろそろ終盤。もっと釣りた~い!!

9月9日 有田川

sp
 JR鉄橋周辺(堰堤~量水塔)10:00~17:00 
 60匹(16~20cm)
 水温25℃ 平水+20cm 晴 
 9.0mリミテッドプロFW エース超極細 ミニマム6.5号他
vo
 思ってもみないところで信じられない釣果がある。青柳君に勧められたが、高速道路のまだ下流域なんてコロガシバンバンの友釣り不向きな場所ぐらいにしか思ってなかった。なるほど三桁釣りも可能なはず、いつもこうではなくやや増水が頃合いらしいのですが・・・日高川は出水でダイワバトル中止の思わぬ年玉です。

9月3・4日 日高川 村田満ファンクラブ

sp
 ユリ・姉子8:00~17:00、ユリ・ドーム下の瀬8:30~15:00 
 24匹、 13匹(18~22cm)
 水温24℃ 平水+20cm 晴 
 10mSpM100 バリバス0.06 エアスピード-6.5号他
vo
 ダム放流の増水で理想的な水位になる。ユリ下はボツボツ追うのだが、鮎のパワー違う、仕掛けが次々に飛ばされてドンブリ5回じゃあ数が増えない。トラブル解消剤はナイロン0.175号に付け糸0.4号とM100でと思ったら、瀬肩では保ちません。仕掛けを1からやり直しです。
 ファンクラブも一つ覚えでユリへ。川遊び客が多くて釣り人はいないと理想的。が、底石があるはずの上の平瀬は小砂利で不発。高橋君に場所を譲ってもろて入掛り13匹で予選通過。決勝はドーム下の瀬はぴりっともしない。ウロが来て4匹で圏外、優勝は上西、師匠と早掛け勝負で上西に!

8月27日 有田川 澤井内科カップ2006

sp
 新金屋橋~オマタの瀬 9:30~13:30 
 10匹 (16~18cm)
 水温22℃ 平水+ 雨 
 9.5mグラスリⅠ Mステ0.05 エアスピード-6.5号
vo
 オマタの瀬脇のチャラチャラで18cmが入掛かるが、後が続かない。ウロウロ病、見切り欠乏症の合併症が出たら最後、後半2時間は2匹追加しただけ。一気に本部へ戻って町裏に賭けてみる勝負感が無いのは何故やろな~?

8月19日 有田川

sp
 曲り周辺 11:30~18:00 
 31匹 (16~20cm)
 水温25℃ 平水+ 雨 
 9.0mリミテッドプロFW フロロ0.15 ミニマム-5.5号
vo
 有田川の松原から上流は満員御礼。雨の中のトロ場の釣りで数出る、瀬は何故か追い悪い。来週からは有田、日高に専念します。

8月16~17日 十津川 支流 滝川

sp
 合流点 17:30~19:00 
 1匹 2匹 (24~26cm)
 水温22℃ 平水-20cm 晴 
 9.0mリミテッドプロFW バリバス0.08 エアスピード-6.5号
vo
 渇水の滝川はダメ。24cmオーバー巨大26cm、24cmでヒィーヒィー。Sカメに自慢げに持ち込む。

8月7~8日 十津川 支流 滝川

sp
 秘密のポイント 17:30~19:00 
 3匹 3匹 (20~22cm)
 水温20℃ 平水-20cm 晴 
 9.0mリミテッドプロFW バリバス0.08 エアスピード-6.5号
vo
 秘密の場所は土日に触りまくりか?反応がない。商売用にならずオトリの更新のみ。やはりここも先行者多数、川が狭くなり釣り返しが効かない。そろそろ十津川も終了か?

8月3~5日 馬瀬川上流 オーナーカップ本大会

sp
 深瀬・井谷橋 9:30~ 翌 7BL 翌々 漁協下B
 15匹 5匹 13匹(17~23cm)
 水温20℃ 平水+ 晴 
 9.0mリミテッドプロFW Mステ0.05他 ミニマム-5.5号他
vo
①久しぶりの馬瀬は下流が良いとのことなので中流に入る。へそ曲がりが功を奏して大型連発入掛り!持参仕掛けブチブチ飛ぶ、大会用が無くなり困る果てる。
②朝の1回戦で下流域へ、昨日の下見通りにいくが掛からない。2匹足らずで14人中の5番に入れずあえなく敗退。午後ドリーム戦の下見で漁協周辺を探るが良場所はトロ場かも?
③共益橋下流のトロ場で2匹入掛かるが、詰まらんことで頭に来て自分の釣りが出来ずシード権を逃す。1匹掛ければプレイオフ、2匹掛ければトップ通過でした。午後、決勝戦見ずに最下流部の瀬で最後の釣りを楽しむ。

7月29~30日 北山川

sp
 宮井合流 花井 オオセ 8:30~17:00 翌~12:00 
 7匹 1匹 (16~20cm)
 水温18℃ 平水+ 晴 
 9.0mリミテッドプロFW バリバス0.08 エアスピード-6.5号
vo
 合流付近はトロ場の立ち込みか、急瀬のオモリ。ジェット船はうっとしいが高掛かりを気にせずにゆっくり楽しむ。型が良いのは数の無い証拠か。オオセはシチュエーションはサイコーなのだが、アユが少ない。これで入れ掛ったら昇天ですわ。

7月24~26日 十津川 支流 滝川

sp
 秘密のポイント 1 7:30~19:00 
 3匹 3匹 7匹(20~22cm)
 水温18℃ 平水 晴 
 9.0mリミテッドプロFW バリバス0.08 ミニマム-5.5号
vo
 秘密の田んぼの下の岩盤、デブデブくんがやっぱりいた。水量多く本命ポイントは後日にとっておきしょう。
 一等地の岩盤は不発、おかしい?誰か先行者があったか。未踏の渓谷に入り砂利床に黒々とした岩盤発見!予定通りのグラマーな22cm級がポイントごとに背掛かった。Sカメ12匹納品任務完了。

7月23日(日)十津川 支流 旭川

sp
 旭合流点上流 9:00~17:00 
 31匹(16~20cm)
 水温18℃ 平水+20cm 雨 
 9.0mリミテッドプロFW Mステ0.05 エアスピード6.0号
vo
 残り垢探して歩け歩けで1km以上は行きました。ありました、桃源郷か極楽か?ここで20匹の入れ掛かりとなった、あ~Dr.S先生来れば良かったですね。

7月17日(月)十津川 支流 旭川

sp
 旭キャンプ場周辺 9:00~17:00 
 27匹(16~20cm)
 水温18℃ 平水 晴/雨 
 9.0mリミテッドプロFW Mステ0.05 エアスピード6.0号
vo
 減水で釣客少ない、平瀬の色のある石かぶち当たりの淵の中。瀬で掛かるアユはこまいが当たり激しい。

7月15日(土) 日高川 龍神地区

sp
 民宿せせらぎ下 11:00~16:00 
 9匹(16~18cm)
 水温19℃ 平水+10cm 曇 
 9.0mオワード バリバス0.08 ミニマム-5.5号
vo
 龍仙峡で思わぬ不覚、G杯落選確定して意気消沈。

7月13~14日 十津川 支流 滝川

sp
 秘密のポイント 17:30~19:00 
 6匹 3匹(22cm)
 水温18℃ 平水 晴 
 9.0mリミテッドプロFW バリバス0.08 ミニマム-5.5号
vo
 秘密のポイント発見、22cm級良型が・・・場所が狭いのが難点。前日の分も合わせてSカメに納品、これなら値打ちある。


7月12日(水)揖保川 マスターズ予選

sp
 瀧野橋周辺 7:00~11:00 
 5匹(16~20cm)
 水温20℃ 平水+ 晴 
 9.5mグラスリⅠ メタコンポ0.05 
vo
 クジ運よく6番スタート、本部前の瀬肩に入れたがT澤クンと競合。2人でガシガシやってるシモの早深瀬で4匹入れ掛かりされ、指をくわえてみていたアホたれや~


7月9日(日)有田川 ダム上流

sp
 花園館周辺 10:30~17:30 
 20匹(15~20cm)
 水温18℃ 平水+ 晴 
 9.0mリミテッドプロFW 
メタコンポ0.05 ミニマム-5.5号
vo
 一時のダム上の賑わいは無く、のんびり釣り歩く。流速のころ合いが大事か、もっと上流は水温低く良型らしいのだが場所がわからん!Upwest教えてくれぇ~

7月8日(土)十津川 支流 旭川

sp
 旭キャンプ場周辺 9:00~13:30 
 8匹(17~20cm)
 水温18℃ 平水+10cm 晴/雨 
 9.0mリミテッドプロFW メタコンポ0.05 ミニマム-5.5号
vo
 増水後の垢7分飛び状態でヘチ脇と思いきや流芯に良型が追う。途中の豪雨で谷から泥水で釣りにならず。今後に期待!

7月4日(火)十津川 支流 上湯川

sp
 山水荘上流 17:30~19:30 
 6匹(17~20cm)
 水温19℃ 平水 晴 
 9.0mリミテッドプロFW 複合メタ0.08 ミニマム-5.5号
vo
 20cm前後が一等地にいるが、型が良いと言うことは密度は薄いと言うことか。明日からの雨に期待しよう。

7月3日(月)十津川 支流 上湯川

sp
 上湯温泉上流 17:30~19:30 
 10匹(17~20cm)
 水温19℃ 高水+ 曇 
 9.0mリミテッドプロFW 複合メタ0.08 V3-6.5号
vo
 前回の意趣返しに、上湯温泉上流へ。水位で川相が一変する場合もあると言うことか。瀬の波立ち、瀬肩より5m以内でしか掛からない。急瀬はまだ早いと言うことか?

7月2日(日)由良川 スポニチ美山川予選

sp
 棚野川Bエリア 8:00~11:00 
 11匹(16~18cm)
 水温18℃ 平水+20cm 雨 
 9.0mリミテッドプロFW Mステ0.05 ミニマム-5.5号
vo
 スポニチ最終予選会、増水で本流から支流へ。この川幅では9mでは振りにくい7.2mで丁度か、2匹足らずで予選落ち。

6月29日(木)十津川 支流 滝川

sp
 オトリ屋上流 17:30~19:30 
 5匹(16~20cm)
 水温20℃ 平水 晴 
 9.0mリミテッドプロFW 複合メタ0.08 V3-6.5号
vo
 滝川は入川しやすいのか、魚が薄いのか、掛かれば良型なのだが。瀬落ちの大岩に20cm超

6月28日(水)十津川 支流 上湯川

sp
 下湯薬師地蔵 17:30~19:30 
 9匹(17cm前後)
 水温19℃ 高水+10cm 曇 
 9.0mリミテッドプロFW 複合メタ0.08 V3-6.5号
vo
 ウソかマコトか、陽が落ちて目印が見えなくなってから6匹入掛り。ボテボテの夕ばみアユは泳力がないのが痛い、瀬尻の開きの何でもないところに付く。

6月25日(日)天の川

sp
 奥田オトリ キャンプ場周辺 13:00~17:00 
 4匹(15~20cm)
 水温17℃ 平水+20cm 曇/雨 
 9.0mリミテッドプロFW 複合メタ0.08 ギア-6.5号
vo
 情報に誘われて天川村へ。雨で水温低下、追いは至って悪い。良型アマゴがヒット!

6月24日(土)十津川 支流 旭川

sp
 旭キャンプ場周辺 10:00~15:30 
 14匹(15~20cm)
 水温19℃ 平水 曇/晴 
 9.0mリミテッドプロFW 複合メタ0.08 V1-6.0号
vo
 先客3人がボウズで引き上げた。午後、水温上昇で良型の入れ掛りになるが、いかんせん川が狭く釣り場が少ない。瀬肩の群れ鮎の量を見ると上湯川より期待大。盛夏にgood!な川でしょう。

6月23日(金)十津川 支流 上湯川

sp
 神湯温泉上流 17:00~19:30 
 2匹(13,17cm)
 水温17℃ 高水+20cm 曇 
 9.0mリミテッドプロFW 複合メタ0.08 V1-6.0号
vo
 段々瀬の肩のみ。まだ、増水から回復していない感じ

6月22日(木)十津川 支流 上湯川

sp
 下湯薬師地蔵下 17:00~19:30 
 6匹(14~18cm)
 水温17℃ 高水+20cm 雨 
 9.0mリミテッドプロFW 複合メタ0.08 V1-6.0号
vo
 瀬下の駆け上がりに良型が。白川の残り垢狙い

6月21日(水)十津川 支流 滝川

sp
 滝川橋下流 17:00~19:30 
 2匹(18,17cm)
 水温18℃ 高水+10cm 曇 
 9.0mリミテッドプロFW 複合メタ0.08 V1-6.0号
vo
 夕方の入れ掛りはないね。この川は期待薄か・・・

6月18日(日)有田川 下流

sp
 神戸の下 16:00~17:30 
 2匹(16cm)
 水温18℃ 高水+20cm 曇 
 9.0mリミテッドプロFW 複合メタ0.08 ミニマム6.0
vo
 笹にごりと低水温で活性低い。天然遡上が今年は期待薄?らしい

6月18日(日)日高川 がまかつG杯

sp
 丹生の川下流 11:00~13:30 
 3匹(13,16,17cm)
 水温18℃ 高水+30cm 雨・曇 
 9.0mオワード 複合メタ0.08 流6.0
vo
 大会前日からの雨も止まず、1回戦シードで見て回るも釣れていない。瀬肩のフクロか石裏の洗濯機の中で掛かるが、空中ばらし2匹。11人が近畿ブロック行きが12位は痛すぎの10g負け。

6月16日(金)十津川本流 小原地区

sp
 小原大橋上流 17:00~18:30
 3匹(16cm)
 水温20℃ 高水+20cm 晴 
 9.5mグラスリⅠ 複合メタ0.08 ミニマム6.0
vo
 水況は引き水、平瀬の分流側で良型?湖産の放流ものらしくあたりは良だが、数がない。淵には巨大なダマが溜まっているからそろそろのはずだが・・・・


6月11日(日)日高川 東レ杯大会

sp
 迂回線CD上流 1匹(13cm)
 水温20℃ 渇水 晴 
 9.5mグラスリⅠ 複合メタ0.08 ミニマム6.0
vo
 期待薄の魚薄、うろうろして結局、本部前で1匹掛ける。朝から決めた所へなんで入らんのか!

同日午後 日高川 龍神

sp
 民宿せせらぎ下 22匹(12~18cm)
 水温17℃ 平水下 曇 
 9.0mリミテッドプロFW 複合メタ0.08 ミニマム6.0
vo
 試合でつれん腹いせに龍神へ、龍仙峡の奥深さを知る。3時間歩き回って拾い釣り。

6月10日(土)十津川  解禁日

sp
 上湯川 山水荘上流 20匹(12~17cm)
 水温18℃ 減水 曇/晴 
 9.5mグラスリⅠ 複合メタ0.07 ミニマム6.0他
vo
 垢腐れ状態で流れの良いところのみで掛かるのは湖産か、もう少し水位がほしいところ。午前中、平均5、6匹か!

6月8日(木)吉野川  報知予選

sp
 妹背橋下流 10匹(12~16cm)
 水温20℃ 平水 曇 
 9.5mグラスリⅠ 将鱗メタ0.08 ミニマム6.0他
vo
 いつもの分流で4時間ガマンの釣り、おかげで本戦出場できた~。吉野で予選通ったのは初めて!!

6月3日(土)日高川龍神  シマノジャパンカップ予選

sp
 民宿日高川まえ 3匹(12~14cm)
 水温17℃ 平水 曇/晴 
 9.0mリミテッドプロFW Mステ0.05 ミニマム6.0他
vo
 つらい試合です。クジ運にも見放され1回戦落ち。冷水病が出始めか。滝ッキーくんセミファイナル進出、おめでと~。

同日午後 熊野川 支流大塔川 北山川合流点

sp
 大塔川 5匹(14~16cm)
 北山合流点ほか 5匹(15~18cm) 
 水温20℃ 平水 晴 
 9.0mリミテッドプロFW Mステ0.05 ミニマム6.0他
vo
 鬱憤晴らしに熊野川へ。釣り人もまばらで解禁日の賑わいはどこへやら?今年初の追うアユにであったよう!

5月28日(日)吉野川 ASA川岸新聞舗杯

sp
 吉野大橋上流・澤井内科下  0匹
 水温18℃ 平水 晴
 M100 将鱗メタ0.1 トリガ7.0
vo
 今年も吉野はダマ釣りです。本当にいてほしい場所にはアユがいません。50cm級ヒバチ2匹と戯れて終了。どこかで107匹?うそやろ~!
先生、焼肉ごちそうさま。

5月27日(土)日高川龍神

sp
 竜の里裏・安井 5匹(12~16cm)
 水温17℃ +10cm高水 晴 
 9.5mグラスリⅠ Mステ0.05 ミニマム6.0他
vo
 初竿出しは龍神から、強風で釣りにならず。残り垢狙い

 

メニュー