クマ造吼える @Wiki

クマ造吼える 2010


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日置川

10月2日(土) 寺山・水マクリ

釣果 13~18cm  35匹 9:00~16:00
仕掛 rod:グラスリⅠ9.5m Line:メタコン005 針:スピード7号
水況 晴、平水+10cm

言訳 本年も最終かあ~

日高川 チーム対抗戦

9月26日(日)川上・坂野川・長子橋

釣果 13~18cm  20匹 7:00~15:00
仕掛 rod:グラスリⅠ9.5m Line:メタコン005 針:ミニマム5号
水況 晴、平水+

言訳 シーズン最後のチーム対抗戦、日置、日高、高橋、浅川ユカリと組みファンクラブで出場。1試合目は川上橋で生コン前の瀬肩でポロポロ9匹、2試合目は坂野川橋上流の瀬で11匹、最終戦は長子橋下流の開きが不発6匹に終わる。22チーム中ファンクラブは最終戦が男4人が足を引っ張り12位、、個人総合でもユカリ女史に頭が上がらない結果。優勝は龍遊会、ちろりんBが3位、Aは4位、今年はこれで終わりかな。

日高川 チーム対抗戦下見

9月25日(土) ユリ・入野・松瀬

釣果 13~18cm  10匹 13:00~16:30
仕掛 rod:グラスリⅠ9.5m Line:メタコン005 針:ミニマム5号
水況 晴、平水+

言訳 ちろりん会の下見へ付き合っていた日置名人と合流。翌日会場とならないであろうユリ下で6匹、入野0匹、松瀬上の瀬で4匹と村田師匠じゃないが日高川あまり回復してません。

日高川 村田軍団杯 2日目

9月20日(祝) 迂回線CD

釣果 13~18cm  20匹 7:30~11:30
仕掛 rod:銀影プロトⅡ9m Line:ナイロン015 針:ミニマム5号
水況 晴、平水-10cm

言訳 軍団杯の2日目、昨年と同様CDポイントにあたる。厭な記憶とともに上流の平瀬へ行くもバラシでまさかのボーズ、最終戦もハナから岩に巻かれてドンブリ放流。やけくそで開始30分後に坂野川まで15分掛けて移動、実質1時間の釣果が20匹の入掛りでダントツトップも少々空しい。見学の決勝戦は本部前のドーム~横瀬、予選から乗ってるちろりん岩田君が1匹差で優勝。

日高川 村田軍団杯 初日

9月19日(日) サンピン・佐井橋・平岩

釣果 13~18cm  22匹 7:30~15:30
仕掛 rod:グラスリⅠ9.5m Line:ナイロン015 針:スピード7号
水況 晴、平水-10cm

言訳 恒例の闘将村田軍団杯の初日、2位タイ、4位タイ、3位タイの13.5ポイント。明日の2試合1、2位あたりなら決勝も・・・

日高川 軍団杯下見

9月18日(土)ユリ・葬儀屋・松瀬・玄子

釣果 14~18cm  30匹 10:00~16:00
仕掛 rod:グラスリⅠ9.5m Line:ナイロン015 針:スピード7号
水況 晴/曇、平水-10cm

言訳 ユリ・葬儀屋・松瀬・玄子と各々1時間半ずつ8・8・7・7匹と回ったかぎりでは下流も回復してきた模様。明日からの軍団杯、今年こそ10位以内を狙いたい。

日高川 龍神

9月5日(日) 福井周辺

釣果 15~17cm  2匹 9:30~11:30
仕掛 rod:銀影プロトⅡ9m Line:ナイロン015 針:マルチ6.5号
水況 晴/曇、平水-10cm

言訳 あまりの貧果に戦意喪失、秋の気温低下が待たれる。

日高川 下流・龍神

9月4日(土) 観音寺・ドーム・消防裏

釣果 12~17cm  8匹 8:30~17:30
仕掛 rod:銀影プロトⅡ9m Line:ナイロン015 針:ミニマム5号
水況 晴/曇、平水-

言訳 ようやく回復基調の日高川へ。ダム下流はこれから軍団杯、チーム対抗戦で使うので偵察がてら来てみたが、高水温で活性低くオトリが回らない。午後龍神へ移動、ここは回復が早かったがすでに場荒れ状態でままならない。

十津川 本流上流

8月28日(土) 田長瀬

釣果 20~25cm  10匹 9:00~12:00
仕掛 rod:プロトⅡ9.0m Line:フロロ0.3号 針:あーだ8号
水況 晴、平水-

言訳 出来る限りの追加納品にと午前中から。発電放水前は水深のあるトロ場が追いよく、放水後は平瀬の大石周り。これにて今期の営業販売活動は終了。

十津川 本流上流

8月25~27日 田長瀬・上湯川

釣果 20~24cm  28匹 17:00~18:30
仕掛 rod:プロトⅡ9.0m Line:フロロ0.3号 針:あーだ8号
水況 晴、平水-

言訳 連日の夕立土砂降りで水温低下はよいが数が揃わない。予約のすし亀納品が20匹程度しかなく面目ない。

十津川 本流上流

8月19日(木) 田長瀬

釣果 18~24cm  10匹 17:00~19:00
仕掛 rod:プロトⅡ9.0m Line:フロロ0.3号 針:あーだ8号
水況 晴、平水

言訳 大針のハリスが飛ぶ。週末すし亀納品。

十津川 本流上流

8月17日(火) 田長瀬

釣果 18~24cm  7匹 16:00~19:00
仕掛 rod:プロトⅡ9.0m Line:フロロ0.3号 針:J-Top7.5号
水況 晴、平水

言訳 旭川が全くダメで本流の大鮎狙いに変更。メタボ鮎は取り込みづらく14本掛けて取込バラシ3本、鼻カン飛し・ドンブリ1回と数が増えない。やり方と仕掛けを替えて再挑戦だあ!

十津川 上湯川

8月16日(月)下湯薬師バス停下

釣果 17~20cm  10匹 17:00~19:00
仕掛 rod:プロトⅡ9.0m Line:メタコン005 針:一角7号
水況 晴、平水

言訳 盆にオトリが全滅、再調達だが良型がいない。

十津川 上湯川

8月11日(水)西川合流点

釣果 17~20cm  15匹 17:00~19:00
仕掛 rod:プロトⅡ9.0m Line:メタコン007 針:一角7号
水況 雨、平水

言訳 前日の続きで合流点下流まで、西川の砂地ばかりで釣場が狭い。

十津川 上湯川

8月10日(火)下湯薬師バス停下

釣果 17~20cm  13匹 17:00~19:00
仕掛 rod:プロトⅡ9.0m Line:メタコン007 針:一角7号
水況 雨、平水

言訳 久しぶりに十津川終盤の定番の上湯川へすしかめ納品用に調達。釣り荒れしているのかあゆの形が悪い。

オーナーカップ全国大会

8月7日(土) 益田川 特設エリア

釣果 18~22cm 1匹 7:30~11:00
仕掛 rod:プロトⅡ9.0m Line:Mステ007 針:一角7号
水況 晴、平水

言訳 来年のシード権をかけたバトル、4/60名と狭き門。天野さん前の特に荒瀬に賭けた者が通過した。ほぼ巨鮎釣り状態で撃沈。

オーナーカップ全国大会

8月6日(金) 益田川 第1エリア

釣果 18~22cm 3匹 7:30~11:00
試合後)16~22cm 13匹 13:00~16:00
仕掛 rod:プロトⅡ9.0m Line:Mステ007 針:一角7号
水況 晴、平水

言訳 今年は好調だったので1回戦は大丈夫と思っていたが、クジ運、勝負運とも無いと試合は勝てない。目的の堰堤下は入れないで分流の開きで2匹入れ掛かる。3匹目はウグイの背掛かり、移動してびっくり、分流にいて見えていない浅瀬のじゃらじゃらで結構掛かっている。慌ててヤルも2匹足らずに一回戦敗退。土産鮎は掛かるのに・・・(泣)

オーナーカップ全国大会前日

8月5日(木)益田川 小阪放水口

釣果 20~22cm 6匹 11:00~16:00
仕掛 rod:プロトⅡ9.0m Line:メタコン005 針:一角7号
水況 晴、平水

言訳 本部前は2次放流の鮎が見えるが釣れない。下見もそこそこに山本さんの秘密の場所に案内してもらい益田の今の鮎に触れたが、メタル005では不安なくらいでかい。

十津川 滝川

8月4日(水)滝川バス停

釣果 20~23cm  9匹 17:00~19:00
仕掛 rod:銀影青い鳥9.5m Line:メタコン005 針:一角7号
水況 晴、平水

言訳 すしかめ納品用に調達。地元オヤジに文句を言われ、おもしろくない!

澤井内科カップin上北山

8月1日(日)本部前

釣果 12~16cm  13匹 8:00~12:00
仕掛 rod:銀影青い鳥9.5m Line:ナイロン0125 針:ミニマム5号
水況 晴、平水

言訳 オトリ配りを終えて橋の下の左岸、前日地元のおじさんが一日粘っていたところへ入川。ポロポロ掛かり何故か予選1位、コタツネコ3位。決勝は早掛け2匹ルールで同じところへ行くも対岸の岩本さんが早く15分で決着、ガマの竿獲得。ん~、ほしかったタモゲット。すしかめで打ち上げ今年も無事終了。

澤井内科カップin上北山

7月31日(土)本部前

釣果 12~16cm  15匹 11:00~16:00
仕掛 rod:銀影青い鳥9.5m Line:ナイロン0125 針:ミニマム5号
水況 晴、平水

言訳 大会前日のオトリ取り、マイクロアユの対処法はミニマム仕掛けにあり。Kコレ5mm鼻カン、針ミニマム5号、ナイロン0.125号水中糸で!

十津川 滝川

7月30日(金)滝川バス停

釣果 20~23cm  15匹 16:00~19:00
仕掛 rod:銀影青い鳥9.5m Line:メタコン005 針:一角7号
水況 晴、平水+10cm

言訳 すしかめ納品用に調達。

日置川鮎釣り大会

7月25日(日)イチョウの瀬・ワルゴケ

釣果 16~20cm  17匹 7:00~14:00
仕掛 rod:銀影青い鳥9.5m Line:メタコン005 針:一角6号
水況 晴、平水+10cm

言訳 朝の予選は寺山を見切ったおかげでイチョウの瀬肩の竹藪の下で海産らしいきれいな鮎が入掛かりで予選トップの17匹。決勝はいつものワルゴケ、一番スタートで高瀬の肩へ行くも不発。ワルゴケの瀬落の大岩へ根掛かり覚悟で放り込み2匹確保し8位タイ、来年の年券ゲット。優勝はなんと高橋、10万円獲得ごっちゃんです。

日置川鮎釣り大会下見

7月24日(土)水マクリ・テング・向平

釣果 16~20cm  20匹 7:00~18:30
仕掛 rod:銀影青い鳥9.5m Line:メタコン005 針:一角6号
水況 晴、平水+10cm

言訳 出水後、回復途上の日置川。トロ場より瀬の流芯脇が当たり場所だが、明日の釣り返しは期待できないかもね・・・・

十津川 滝川

7月20日(火)滝川バス停

釣果 20~22cm  8匹 17:00~19:00
仕掛 rod:銀影青い鳥9.5m Line:メタコン005 針:V8-6.5号
水況 曇、平水+

言訳 梅雨明け後の初夕掛け。3連休で叩かれたあとだけにいつもの岩盤でじっくり粘れば良型クンが出てくる。このあたりでは出水の回復力は一番かも・・・

十津川 旭川

7月11日(日)2.0km警報局下

釣果 16~20cm  6匹 11:00~13:00
仕掛 rodプロトⅡ9.0m Line:エース極細 針:竜牙-6.0号
水況 雨、平水+ 25cm

言訳 昨日同じで濁りはないが、雨が降り止まない。水温も低く残り垢も見あたらない。キャンプ場前の瀬まで行ったが釣果伸びず。

十津川 旭川

7月10日(土)1.5km警報局下

釣果 15~20cm  22匹 13:00~17:00
仕掛 rodプロトⅡ9.0m Line:エース極細 針:竜牙-6.0号
水況 曇、平水+ 20cm

言訳 前日の赤濁り出水にもかかわらず、午後から出かけたら濁り無く、残り垢もチラホラ見える旭はホンマ良い川です。岩盤、大石裏、瀬脇の玉石で良型、充分楽しめた~満足。

十津川 旭川

7月6日(火)1.5km警報局舎

釣果 15~18cm  26匹 16:00~19:00
仕掛 rod:リミテッドプロFW9.0m Line:エース極細 針:V8-5.5号
水況 曇、平水+

言訳 暑気払い用に今年初めて旭へ。増水の影響もなく、釣り人もなくホンマに釣れるんかと不安なまま川へ。小振りだが追い気のあるアユが瀬で入れ掛かる、久しぶりの快釣で上機嫌。

十津川 滝川

7月4日(日)滝川バス停

釣果 18~20cm  10匹 10:00~15:30
仕掛 rod:銀影青い鳥9.5m Line:エース極細 針:一角6.0号
水況 曇、平水+20cm

言訳 降るはずの雨が振らずに十津川滝川で竿だし。高水大好きオヤジがチラホラいる中、拾い釣りで何とかツ抜けしました。型もそこそこ、引きも楽しめた~拾いモンの一日でした。

日高川 ジャパンカップ予選

7月3日(土)龍神民宿日高川下

釣果 0匹 7:00~10:00
仕掛 rod:銀影青い鳥9.5m Line:エース極細 針:竜牙6.5号
水況 曇、平水+10cm

言訳 雨模様で延期?のはずが、朝からしょぼ雨で強行。途中土砂降りになり濁りが出て、1回戦のみの決着。日浦製作所裏まで20分歩いたが、釣果なし。やはりこれが実力なのか?!情けない。

十津川 滝川

7月1日(木)滝川バス停

釣果 18~22cm  12匹 17:30~19:00
仕掛 rod:銀影フ青い鳥9.5m Line:エース極細 針:竜牙6.5号
水況 曇、平水+10cm

言訳 水位変動が多い時期のグッドタイミングを選べるのは役得。滝川の鮎はでかデブだが何故か取り込みやすい。

有田川 オーナー予選

6月27日(日)

釣果 13~17cm  15匹 8:30~11:30
仕掛 rod:銀影プロトⅡ9m Line:メタコン005 針:一角6.0号
水況 晴、平水+20cm

言訳 増水で上流開催、しかも1回戦決着と一発勝負。最上流エリアでしかも最上流の堰堤まで行く。堰堤のコンクリート水叩きが妙に色好い、入れ掛かりで5尾のあとウグイ連発。更に必死でキワ際まで行くと掛かる、転けて竿折るも予選1位通過は上出来。

十津川 滝川

6月23日(水)滝川バス停

釣果 18~20cm  4匹 17:30~19:00
仕掛 rod:銀影プロトⅡ9m Line:メタコン005 針:一角6.0号
水況 晴、平水+20cm

言訳 出水アトの引き水でダッシュで行くも岩色よくなく鮎も白い。雨が恨めしい・・・

長良川 G杯予選

6月20日(日)釜淵下流 カンジの上流

釣果 12~15cm  3匹 8:00~11:00
   14~17cm  8匹 12:00~14:00
仕掛 rod:銀影プロトⅡ9m Line:メタコン005 針:竜牙6.5号
水況 曇/雨、平水+20cm

言訳 下見と同じエリア!?やってもうたぁ~前日釣ってしもた、G杯3尾で撃沈。不完全燃焼を高水のカンジ瀬肩で解消。長良川は年券なので8月(オーナー)にリベンジに来ますよ。

長良川 G杯下見

6月19日(土)恐竜ラボ下

釣果 14~18cm  13匹 13:00~16:00
仕掛 rod:銀影プロトⅡ9m Line:メタコン005 針:竜牙6.5号
水況 曇、平水+20cm

言訳 前日までの増水でサラ場が点在、そこは良型。平瀬の水深がない場所はビリアユ、明日の試合はこちら狙いか?

十津川 滝川

6月16日(水)内原橋田んぼ下

釣果 16~18cm  6匹 17:30~19:00
仕掛 rod:銀影プロトⅡ9m Line:メタコン005 針:竜牙6.5号
水況 晴、平水-

言訳 秘密の場所は今年も健在だけどアユは薄い。

有田川 マスターズ予選

6月10日(木)

釣果 12~16cm  5匹 7:00~10:30
仕掛 rod:銀影プロトⅡ9m Line:メタコン005 針:ミニマム5号
水況 晴、平水

言訳 朝イチの1回戦、31番スタート。下見のクスの瀬は人集りで瀬肩のトロ場岩盤を狙うも1匹。上の瀬もパットしないと思ってたら入れ掛かりしている、あかん!対岸に渡るヒラメキがなかった。残り30分4匹追加するも届かず。今年もマスターズ終了、地区優勝は村田師匠!尾崎さん大上クンブロック進出。

十津川 滝川

6月8日(火)滝川バス停

釣果 16~18cm  5匹 17:30~19:00
仕掛 rod:銀影プロトⅡ9m Line:メタコン005 針:マルチ6.5号
水況 晴、平水

言訳 今年度初の夕掛け釣行。いつもの岩盤は色悪く釣れそうにないのでうろつくも釣果出ず。結局目印が見えなくなってから白泡の下で4連チャン。今年は多難か?!

有田川 マスターズ下見

6月5日(土)マワリ周辺・岩野河オトリ下

釣果 12~16cm  10匹 9:30~15:00
仕掛 rod:銀影プロトⅡ9m Line:メタコン005 針:ミニマム5号
水況 晴、平水+

言訳 クスの瀬で流芯で中型、瀬肩のプールで小型が追う。岩野河は入川しやすいが、ビリアユ。有田は数はいるがまだこれからやね

日高川龍神・日置川近露

5月30日(日)広井原龍の里・カッパ橋下流

釣果 13~17cm  23匹 8:30~14:30
仕掛 rod:銀影プロトⅡ9m Line:メタコン005 針:マルチ6.5号・ミニマム5号
水況 晴/曇、平水+10cm

言訳 龍の里下の岩盤で残り垢?らしき一筋で5連発、やっぱり岩盤や~と納得8匹。10時で日置川へ移動、いつものカッパ橋下流の瀬から取水塔までを拾い釣りしたが、流芯の石裏や白泡の中で良型。うわさ通り川の状態は近露が良かった、2時間15匹。

日高川龍神

5月29日(土)京の又・丹生ノ川

釣果 13~17cm  18匹 8:00~16:00
仕掛 rod:銀影プロトⅡ9m Line:メタコン005 針:マルチ6.5号
水況 晴、平水+20cm(残り垢)

言訳 まいどの龍神で解禁、朝の寒さ8度と白川で戦意喪失ぎみだったが、日が上がるにつれて鮎が掛かる。瀬肩の石脇でも瀬落ちの岩盤でも1,2匹は掛かるが続かない。歩き回って9匹。午後、丹生ノ川やませみキャンプへ移動、14,5cmと小型中心に瀬で掛かるもここも続かない。疲れて2時間9匹。

まっ、今年も鮎の顔がおがめただけオッケイでしょう、ちっちゃくガオ~!

今年も よろしくm(_^. .^_)m

4月12日(月)

とりあえずは 更新です。
今年の 和歌山は 遡上が良いとの事ですが どうなるやら・・・
クマ造 頑張って 吼えてください

                こたつねこm(_^. .^_)m

 

メニュー