クマ造吼える @Wiki

クマ造吼える 2009


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日高川下流 チーム対抗戦

9月27日(日)長子橋・アヤメ橋・ユリ

釣果 13~20cm  19匹 7:30~15:00
仕掛 rod: 銀鱗競技SP9.5 Line: メタコン005 ミニマム5号
水況 晴、平水-10cm

言訳 26チームで5会場固定の対抗戦、例年4位なのだが・・。朝イチは長子橋上流のトロ場で12尾で10位そこそこ、橋脚の際で20尾以上の釣果がトップ。2試合目はアヤメ橋、ドーム前の瀬に村田師匠と入るがビリ1尾、ウロウロするも8尾で下位のほう。3試合目こそと得意のユリ下へ、前日放流したトロを狙うが5尾で撃沈。ファンクラブ(日置・日高・高橋・浅川嫁)は浅川嫁が活躍するも26チーム中11位と振るわず、悔しい結果でした。

日高川下流 チーム対抗戦下見

9月26日(土)佐井橋・CD・観音寺

釣果 13~20cm  39匹 10:00~16:30
仕掛 rod: 銀鱗競技SP9.5 Line: メタコン005 ミニマム5号
水況 晴、平水-10cm

言訳 明日のチーム対抗戦の下見。試合場所の前後をやってみるが渇水で釣り荒れているのか当たり前の場所は不発。軍団杯の記憶が吉と出るか凶と出るか。


日高川下流 軍団杯2日目

9月21日(月) 迂回線CD

釣果 12~17cm  18匹 7:00~11:30
仕掛 rod: プロトⅡSY9.0 Line: ナイロン015 ミニマム5号
水況 晴、平水-10cm

言訳 同じ場所同じメンバーで2試合するエリアが昨日最高釣果の迂回線CDポイント。メンバーは村田師匠、山本久生さん、坂田(四国チロリン)あと2名の計6名で7時から11時半まで2試合。結果は1試合目14匹で2位、2試合目8匹で5位。ダントツ釣果の坂田氏26匹、24匹でピンピン。トロ平瀬のトメ釣りでなんであんなに釣れるのか、真似てやっても釣れないのはソリッドにメタルらしい。師匠は坂野川まで行って1匹で帰ってきました。最終結果は60名中20位で決勝には出れません。優勝は坂田、2位小澤、世代交代の波が来てます。

日高川下流 軍団杯初日

9月20日(日)観音寺・あやめ・サンピン

釣果 12~18cm  25匹 8:00~16:00
仕掛 rod: プロトⅡSY9.0 Line: ナイロン015 ミニマム5号
水況 晴・強風、平水-10cm

言訳 朝の第1試合は下見で予習済みの観音寺、上の瀬肩で順調に1位。第2試合は小澤、有岡らとドーム前だったが、下の瀬で無駄足を踏みドーム前の瀬肩へ30分前に移動、トロ場で6尾入掛るも時既に遅し5位と撃沈。気を取り直して午後の第3試合はサンピン下、瀬肩のトロ場は釣人で満員なので平瀬、淵と探りながら移動するがアウト!最後に村田守君の邪魔をして3位。かろうじて明日のピンピンで決勝に望みをつないだ。

日高川下流 軍団杯下見

9月19日(土)ユリ上流

釣果 12~17cm  16匹 13:00~16:00
仕掛 rod: プロトⅡSY9.0 Line: ナイロン015 ミニマム5号
水況 晴、平水-10cm

言訳 軍団杯のオトリ取りに前日より入川。台風の影響でか?強風で釣りづらい。平瀬の肩が釣果ポイント。

熊野川 熊野大社鳥居前

9月6日(日)

釣果 14~16cm  13匹 11:00~14:00
仕掛 rod: プロトⅡSY9.0 Line: ナイロン015 ミニマム5号
水況 晴、平水-10cm

言訳 なぜか近露はコケ付き悪く気配なし。即、熊野川へ転身したら鳥居前の浅チャラで15cm級がガツン。ほかの釣り人はトロでのたて竿泳がせ?であまり掛からない。ただし理想的な?サイズですが・・・

日高川龍神 役場裏・リサイクルほか

9月5日(土)

釣果 18~23cm  23匹 8:00~17:00
仕掛 rod: プロトⅡSY9.0 Line: ナイロン0175 エアスピード6号
水況 晴、平水

言訳 懲りずに龍神へ、先週とは一転中型ながらもデブ鮎が出現。夕方に瀬の芯でひったくるようなすばらしい当たり。なぜかメタルよりナイロンが追いよい。当たりで折れるので細バリはダメ。

日置川近露 カッパ橋下流

8月30日(日)

釣果 18~20cm  12匹 11:00~12:30
仕掛 rod: プロトⅡSY9.0 Line: ナイロン0175 エアスピード6号
水況 晴、平水

言訳 帰り道の定番となった近露カッパ橋。人影まばらで泳がせで一時入掛りとなるも後がない。岸際には苔腐りが目立ち釣りづらい。

日高川龍神 高校裏/福井

8月29日(土)

釣果 17~20cm  30匹 8:00~16:00
仕掛 rod: プロトⅡSY9.0 Line: メタコン005 イニシア725号
水況 晴、平水

言訳 好転の兆し有りとの情報で龍神へ。天気が続いた割に痩せた鮎が目立つのは、苔付きが悪いのか?はたまたエルニーニョ現象の影響か?群れ鮎も含めてそろそろ小砂利を意識しはじめたのか、やや色づくアユが出始めている。

日高川龍神 六地蔵(柳瀬)放水口

8月23日(日)

釣果 18~22cm  17匹 8:00~13:00
仕掛 rod: プロトⅡSY9.0 Line: メタコン005 イニシア725号
水況 晴、平水

言訳 中津ふれあいドーム前の平瀬は上々の流れと石の色なのにビリ鮎3匹。すぐに見切って迂回線に廻るも減水気味のチャラ流れに釣人が群れている。姉子~平岩は見渡す限り満員御礼、諦めて龍神まで走るが、寒川~小家も人のいない瀬が無い。ようやく六地蔵放水口が無人だったので新垢がついてるであろう瀬脇のゆるチャラを泳がすと、20cm前後の小太り鮎がガツガツ追ってくるチャラ天国でした。
 夏空に 飛ぶあかトンボ 鮎快釣(師匠のマネ)

日高川下流 ユリ上下流・観音寺

8月22日(土)

釣果 12~20cm  30匹 10:00~16:00
仕掛 rod: プロトⅡSY9.0 Line: メタコン005 一角6.5号
水況 晴、平水+10cm

言訳 盆前の出水のあと、紀南方面へ初の様子見。有田川は場所むら有りながら掛かっている、と東オトリ店情報。日高下流は水位は落ちたものの垢付きが悪いのか海産系のチビ鮎が瀬肩の砂利床に群れて追わない。淵の対岸岩盤など手つかずのサラ場は、いて当たり前な良型が無茶追い。今後、天気が安定すれば9月の軍団杯に爆釣もあるかも・・・

十津川 旭川キャンプ場周辺

8月13日(木)

釣果 16~20cm 23匹 9:00~15:00
仕掛 rod: プロトⅡSY9.0 Line: メタコン005 JTOP7号
水況 晴、平水

言訳 旭川でいつもの拾い釣り。出水後で流芯は白いが新ゴケが付き始めている。20分以上歩くと一昨年からの夢の瀬があり今年も健在で良型が瀬で追う。しかし往復4kmは疲れる。

日置川近露 カッパ橋下流

8月9日(日)

釣果 16~18cm  5匹 11:00~12:30
仕掛 rod: プロトⅡSY9.0 Line: メタコン005 JTOP7号
水況 雨、平水+20cm以上

言訳 台風の影響か朝から本降り雨模様、釣友のTクンは早々に帰り支度。帰路、近露付近で小雨となったのでカッパ橋下流の瀬へ入川。小型だがまずまずの鮎が掛かるが、またしても雨。濁りに増水し終了。近露も今年は好調そう。

日高川龍神 北浦製作所裏ほか

8月8日(土)

釣果 13~19cm  29匹 8:00~17:00
仕掛 rod: プロトⅡSY9.0 Line: メタコン005 JTOP7号
水況 晴、平水+20cm

言訳 ようやく回復の兆しの情報で龍神へ、残り垢、岩盤共に腹ぺちゃの細長いアユばかり。照りこんで来れば盆頃に爆釣もありそうな・・・

十津川 滝川バス停前

8月3・4日(月・火)

釣果 18~22cm  8匹 17:00~18:30
仕掛 rod: プロトⅡSY9.0 Line: メタコン005 BS435
水況 晴、平水+10cm

言訳 梅雨明けしたが十津川支流は増水模様。回復も早い滝川、トロ場で良型。いつもの岩盤が釣れない、鉄工所裏で5時からメタボ入れ掛かり。18~23cmと良型重たい。

上北山川 合流本部前

8月1・2日(土・日)

釣果 10~15cm  15匹・5匹 
仕掛 rod: プロトⅡSY9.0 Line: メタコン005 ミニマム5号
水況 晴、平水(+20cm)

言訳 オトリ取りに前日から奥、瀧、佐々らと川に入る。10cm以下がマッキッキで掛かるのはたいへん。なんとか60匹確保してホテルへ、しかし夜半の大雨で濁り増水。小橡川のみ回復、全員苦戦のなか7位でタモをゲット。

十津川 滝川バス停前

7月23日(木)

釣果 18~22cm  13匹 15:00~18:30
仕掛 rod: プロトⅡSY9.0 Line: メタコン005 BS435
水況 晴、平水+10cm

言訳 すしかめからのリクエストに応じて仕事さぼってがんばるものの注文の目標数に届かず。

日置川 イドバタ・富里

7月20日(月)

釣果 18~23cm 7匹 8:00~14:00
仕掛 rod: M100 Line: メタコン005 JOB7号
水況 晴、平水+20cm

言訳 前田屋で泊まって朝から半日ウロウロ、下流は大会客がいない?と思ったら小房・市鹿野周辺に集結。午後帰り道にダム上を覗いて見たら入川道に車がビッシリ!川の石はまだ白いが、残り垢で良型が掛かるとか。試しに安川合流部で竿だししたら3匹入掛り、今後に期待。

日置川 日置川町大会ほか

7月19日(日)

釣果 18~23cm 1回戦 5匹 8:00~11:00
          2回戦 3匹 12:00~14:00
          番外戦 4匹 17:00~18:30
仕掛 rod: プロトⅡSY9.0 Line: メタコン005 JOB7号
水況 晴、平水+20cm

言訳 久しぶりの日置川へ、大会1回戦は三ツ石まで行ったが込み8匹。決勝はワルゴケ周辺なら水マクリしかないと飛び込むんだが、前日から触りまくりで1匹のみ。残り15分で瀬肩で2匹追加して5位タイ。来年の年券と商品ゲット、数は出ないが型がすこぶる良い。夕方、日置さん誘われてテングへ。早瀬の中から良型(23cm)無茶追い、008で抜けません。

十津川 上湯川・滝川バス停前

7月14・16日(火・木)

釣果 18~22cm  8匹・6匹 17:00~18:30
仕掛 rod: プロトⅡSY9.0 Line: メタコン005 一角6号
水況 晴、平水+10cm

言訳 薬師地蔵さんの段々瀬の石の色だけが良くなって元気なのがいたが、ジモティおじさんに朝から引かれたあとでした。夕掛けもなかなか爆釣が出ない、オトリの入れ替えにやっとこさ。

大内山川 バリバスカップ予選

7月11・12日(土・日)

釣果 17~20cm 11匹 14:00~17:30
   13~18cm  9匹  7:30~14:00
仕掛 rod: プロトⅡSY9.0 Line: メタコン005 一角6号
水況 晴、平水+10cm

言訳 
(11日)バリバスの下見で岩舟橋~駅裏まで竿の出せるとこがない。しかたなく藪の中を越えて新天地へ、前日までの30cm以上の高水の影響か、良型ばかりがなぜか岩盤の泳がせでえら追い。明日はトロ?

(12日)1回戦は瀬尻でポツポツと掛け、日が差して瀬の流芯で無茶追いとなり、込みの10匹で通過。ようーし、決勝も同じ瀬尻へ入いれたら周りは誰もいない、50mの瀬を独り占め?と思いきや他の選手は深トロ・浅チャラで泳がせ?もしや?悪い予感は当たるもの。たばこサイズが1匹のみでピリッともしない、移動するもトロ・チャラ満員御礼でヤルとこなしのエエとこなし、撃沈!

十津川 滝川バス停前周辺

7月8・10日(水・金)

釣果 18~22cm 2匹・10匹 12:00~16:30
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: メタコン005 一角6号
水況 晴、平水+10cm

言訳 未だ水が落ち着かないが、流芯に良型が追う。
   水の落ち着きは人の落ち着きを無くす。我も我もと滝川へ集結、他の支流が未だ白濁りなのにここは平水に。地元漁師の後を引いて10匹ならオッケイ、Sかめに納品。

十津川 旭川キャンプ場周辺

7月4日(土)

釣果 14~18cm 13匹 17:00~18:30
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: メタコン005 エアスピード7号
水況 晴、平水+10cm

言訳 前評判の悪い旭へ、うわさ通り中流は石の色が悪くアユが見えない。川を登ってなじみのキャンプ場下の瀬でまずまずの型が追った。いまでも水冷たく冷水病もちらほら、真夏に再挑戦だあ。

十津川 滝川橋周辺

7月1日(水)

釣果 16~18cm 2匹 17:00~18:30
仕掛 rod: プロトⅡSY9.0 Line: メタコン005 一角6号
水況 晴、平水+20cm

言訳 滝川の人気が高くて平日なのに釣り客が大勢。追われて上流へ果敢に挑むも不発。夕方の楽しみが・・・・


有田川 オーナーカップ

6月28日(日)

釣果 1回戦    0匹(×) 8:30~10:30
   16~20cm 11匹  13:00~16:00
仕掛 rod: プロトⅡSY9.0 Line: メタコン005 一角ライト6号
水況 晴、平水+20cm

言訳 コウトからオマタまでの第6エリア。まかせなさい!と思いきや下見はするものです。ええとこは前日抜かれてピリッともしない。知らずにオマタの瀬肩~トロ場は全く反応無し。撃沈。
午後、田殿橋・有田東大橋で負け組3人の遠吠え、釣れるやないか~!

熊野川支流 大塔川 ホーム裏

6月27日(土)

釣果 16~20cm  25匹 8:00~12:00
仕掛 rod: プロトⅡSY9.0 Line: メタコン005 一角ライト6号
水況 晴、平水+20cm

言訳 有田のオーナーカップの下見もせずに美しい大塔川へ。出水の影響はほとんど無し。日高に転身するも濁り高水、ユリ前で意地の1匹。

十津川 滝川バス停前周辺

6月25・26日(木・金)

釣果 16~20cm 9匹 9匹 17:00~18:30
仕掛 rod: プロトⅡSY9.0 Line: メタコン005 JustOneB7号
水況 晴、平水+20cm

言訳 出水後の引き水で地元釣り人多数、散々いじらわれたあと。トロの脇でポツポツ良型。
さらに引いて瀬で追うが、出水前に及ばず。みんなよう知ってるわ。

日高川龍神 ガマG杯予選

6月21日(日)

釣果 13~18cm 5匹 1回戦(◎)いたづる橋周辺
   12~17cm 38匹      加茂瀬橋下流  
仕掛 rod:0MasterModel9.0m Line:ナイロン0175 エアスピード7号
水況 晴、平水-10cm

言訳 こころの下で1回戦、ここで落ちるわけにはいかないと気合い入れて行くも、朝からの追いが悪い。周りは浅場のヘチで小型を掛けているのにトロ場のこちらにはスンとも言わず、ウロウロしてぽろりぽろりと5匹掛け込みの7匹。2回戦へは8匹からでした。無念!
午後、1回戦負け組6人で午後の釣行、北浦製作所下は群アユだらけ。こんだけ釣れるんやったら試合で釣れよ!奥氏40匹で平均30匹程、今の龍神では上出来か。

揖保川シマノジャパンカップ予選

6月20日(土)

釣果 15~17cm 5匹 1回戦(◎)下野橋上流
          0匹 2回戦(×) 住宅前 
仕掛 rod:リミテッドプロFW9.0 Line:ナイロン0175 一角ライト6号
水況 曇、平水-10cm

言訳 朝から高速でオービス(ネズミトリ)が真っ赤に光り、憂鬱なままジャパンカップ予選へ。ゼッケンも1番と何かに取り憑かれたような不安を抱えて1回戦は平瀬でポツポツ。無難に2回戦進出したものの住宅前は大の苦手場所。案の定に瀬ではピリっともしないのでカワカミ氏の下のトロへ入れてもらうが、ツジ氏の勢いにあおられ根掛かり放流。あ~下手こや、揖保川は二度と行かんぞ!

十津川 滝川 バス停前周辺

6月17・19日(水・金)

釣果 16~20cm 8匹 13匹 17:00~18:30
仕掛 rod: プロトⅡSY9.0 Line: ナイロン0175 一角ライト6号
水況 晴、平水-20cm

言訳 バタバタ歩き回って結局オトリ缶の前で静かに泳がせれば無茶追いでした。(19日)初めからナイロン0175泳がすが、3匹で終了。瀬の波立ちで入れ掛かり、よく肥えたデブ達でした。いわゆる夕バミあゆですな。

十津川 滝川 バス停前周辺

6月14日(日)

釣果 14~18cm 35匹 11:30~18:00
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: ナイロン0125 ミニマム5.5号
水況 晴、平水-20cm

言訳 久方ぶりに予選大会なしの土日だったので熊野川釣行予定だったのだが、いらぬ仕事で取り止めになり日曜のみの単独釣行。渇水で釣りづらい十津川滝川へ、釣り人もまばらで拾い釣りしていけばそこそこのサイズがポロポロ。ナイロン0125でトロ場泳がせて数を伸ばしたが、良型18cmの引きにプッツンしてしまい今後に残しておいてやろうと終了。出水後に期待大!

揖保川引原川 ダイワマスターズ予選

6月11日(木)

釣果 15~17cm 3匹 1回戦 7:30~11:00(×)
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: メタコン005 一角ライト7号
水況 晴、平水+15cm

言訳 200人中196番と、くじ運の悪さも然ることながら勝負勘も絶不調なのかやることなすことゴテ後手。またも終了40分前までボーズ。えーい!と背針かまして流芯で3連発・・・しかしあえなく終了。やっぱり揖保川は相性悪いわ。大上・岡山ブロック通過、優勝は日置の山本久生さん。

十津川上湯川

6月9日(火)

釣果 12~16cm  3匹(17:30~19:00)
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: メタコン005  一角ライト7号
水況 晴、平水-20cm

言訳 今年も仕事そっちのけの夕掛けスタート、優待券もゲットしていつもの薬師地蔵下へ。泉源設備工事のため瀬替えして御漁場が喪失!?してしまった。渇水も相まって畳サイズの群れアユ多数と出足不良の十津川でした。

日高川下流スポニチ予選

6月7日(日)

釣果 12~16cm 11匹 1回戦(◎)
   16~18cm  3匹 2回戦(×)
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: メタコン005 エアスピード7号
水況 晴、平水+10cm

言訳 1回戦は得意の本流で13匹で3位通過、千鳥橋からユリ下まで歩いた甲斐があった。2回戦の会場はなぜか迂回線の長子橋、得意場所ではあるが今年初、無難に畑が瀬へ走ったが選手以外の釣り人に占領されており釣果はゼロ。終了30分前に戻り途中でトロの岩盤に気づき3匹釣れるが時すでに遅し、鈍くさい始末に呆れてしまった。
タッキーとユウキ(名張)が本選出場獲得、おめでとう!

日高川龍神・下流

6月6日(土)

釣果 12~17cm 13匹 龍の里・京の又・五味前・消防裏
   16~18cm  5匹 ユリ下
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: メタコン005  エアスピード7号
水況 曇・強風、平水

言訳 1週間で冷水病が一気に蔓延、死骸が淵にどっさり。追い気も今ひとつ、早くダム下流に下れば良かったと後悔しきり。ユリ下で4時からゴールデンタイム、良型の入掛りを堪能したが、風強く釣りづらい。

揖保川スポニチ予選

5月31日(日)

釣果 16cm 1匹  引原川キャンプ場下
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: メタコン005 エアスピード7号
水況 曇のち晴、平水+30cm(前日の雨でダム放水)

言訳 揖保川くんだりまで来て、3時間1匹とはやっとられん!来年は揖保は全部キャンセルじゃあ~。年券はもったいない。

日高川龍神

5月30日(土)

釣果 13~17cm 35匹  京の又・イタヅル・西・消防裏
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: メタコン005  一角6.5号
水況 曇/晴、平水 

言訳 解禁日160匹の情報へつられて龍神へ。冷水病がぼちぼち来ているらしいが、良場は心地よい当たりあり。渇水気味なのか瀬の開きから瀬落ちにかけて元気なヤツが掛かってくる。西=北浦製作所のこと

有田川ダム上流

5月17日(日)

釣果 12~17cm 40匹  キャンプ場前
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: メタコン005 一角6.5号
水況 雨、平水+10cm 

言訳 7ヶ月ぶりの友釣り、上西名人の配慮で解禁前の試し釣りに参加。なんと参加費オトリ込みで3000円?解禁前に釣れるんだからそれもやむなしか。キャンプ場裏で入掛るが群玉で入れポンなだけで、本当の良型は流芯にいる。

 

メニュー