クマ造吼える @Wiki

クマ造吼える 2008


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【むむむ】の開幕・・・

10月5日(日)

日高川 下田原堰堤・ユリ下流

釣果 16~25cm 18匹
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: メタコン005
水況 雨、平水 
言訳 なんだかんだで半月ぶりの釣行。季節は鼻振りの性格の悪いトモの頃になってきた。網打ちソダの下流は竿抜けポイントでした。次回ラストか?

9月15日(月)

熊野川 三和大橋下流

釣果 16~22cm 18匹
仕掛 rod: M100 10.0 Line: メタコン005
水況 雨、平水 
言訳 午前中、十津川筋を回るも釣果なし。午後からいつもの三和大橋下流のゴルフ場前へ、トロ場でポツポツだったので瀬の芯へ入れたらびっくりの良型。ベタ竿メタコン様々でした。

9月13日(土)

日高川  姉子・下田原堰堤・ドーム前

釣果 15~22cm 45匹
仕掛 rod: グラスリⅠ9.5 Line: メタコン005
水況 晴、平水
言訳 軍団杯の下見、迂回線から上流は満員御礼。そこそこ掛かるが、脇のチャラチャラで16cmを掛けると勝負が早い。日高特有の人口産アユ?卵は未だ成熟していない。

9月7日(日)

日高川  ユリ・観音寺・松瀬

釣果 15~20cm 25匹
仕掛 rod: グラスリⅠ9.5 Line: メタコン005
水況 晴、平水
言訳 2週ぶりの釣行。秋風吹いて情熱も醒めてきたか。土日で一日釣行とは、以前はもっとヤル気あったのに・・・

8月24日(日)

日高川  ユリ~松瀬

釣果 16~23cm 53匹
仕掛 rod: グラスリⅠ9.5 Line: メタコン005
水況 晴、平水
言訳 のんびり釣行、水温低下で掛かりだしたらしい。今年の後半戦は、日高メインで熊野チョロチョロでいきます。

8月17日(日)

安曇川 満カップin広瀬地区

釣果 12~18cm 52匹
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: メタコン005
水況 晴、渇水
言訳 出場は27組、ファンクラブ日置さんと予選2時間半で58尾も釣ったのに1尾差で満友会のガキに負けて4位で決勝戦に行けない。優勝は高橋ユウジチ-ム(2時間で70尾?ぐらい)、2位が村田師匠T(59尾)、3位は知らん子らでした。

8月12日(火)

十津川 下湯薬師地蔵

釣果 16~20cm 18匹
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: メタコン005
水況 晴、平水-20cm 
言訳 5時からの夕掛けのピークか、瀬で入れ掛かりも盆明けには網入れ。十津川 計300匹で終了。

8月10日(日)

安曇川 広瀬地区

釣果 12~18cm 33匹
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: メタコン005
水況 晴、渇水
言訳 満カップの下見、広瀬地区は人だかり。マイクロ鮎は澤井内科用に持ち帰る。

8月3日(日)

有田川 澤井内科カップ オオセ~白石

釣果 16~20cm 7匹
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: メタコン005
水況 晴、平水-10cm
言訳 恒例の澤井内科杯、有田は釣りづらい。まずまずの5位。

7月31日・1・2日(木・金・土)

益田川 オーナー本選など 萩原河川公園周辺

釣果 17~23cm 16・11・6(計33)匹
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: メタコン005
水況 晴、渇水
言訳 下見はバッチリでもないが、釣れる鮎はデカいのばかり。
本戦:第2ブロックの前日の好釣果場所に入れたのに釣れない。悔しくて泣きたい。空しく奥田氏と裏2・3回戦、いずれも勝ったが・・・
オーナードリーム戦:上西ダントツの1位、2位4人の早掛けに残ったが、楠本に負けた、悔しい~!

7月27日(日)

有田川 サンラインカップ 2BL:白石の瀬

釣果 20~22cm 2匹
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: メタコン005
水況 晴、平水-10cm 
言訳 義理で大会に出てはいけない見本

7月26日(土)

十津川 下湯薬師地蔵

釣果 16~20cm 46匹
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: メタコン005
水況 晴、平水-10cm 
言訳 上湯川で本年初の爆釣

7月19・20日(土・日)

熊野川 宮井合流

釣果 18~22cm 44・26(計70)匹
仕掛 rod: ガマMasterModel9.0 Line: メタコン005
水況 晴、平水 
言訳 ジェット船の航路流芯で良型。鼻管直結のメタコン005は威力抜群、ガマ竿はじめて活躍。翌日、昼前の強風で戦意消失。足もとの横引き泳がせが効果的。

7月12日(土)

スポニチ長良川本戦

釣果 16~18cm 4匹
(前日下見 B・Dエリア15匹、大会後 吉田川2匹)
仕掛 rod: グラスリⅠ9.5 Line: Mステ005
水況 晴、平水 
言訳 下見通りのBエリア、15分かかって名皿部橋上流へ。すぐ掛かるが1時間3尾で後が続かない、100m上手へ動いて2尾追加し、込7尾でフィニッシュすればいいものを残り15分でもう1尾追加と思いきや風にあおられドンブリ放流。検量は込6尾で重量勝負は10g足らずで万事休す。いい勉強させてもらいました。いつもの吉田川へ、流芯で大型がガツン。日置氏、山本氏同行。

7月7日(月)

十津川 滝川バス停下

釣果 18~22cm 14匹(夕方1時間半釣果)
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: エース極細
水況 晴、平水-15cm 
言訳 友釣り可能ギリギリの減水状態、なのにデブアユ入れ掛かり。

7月6日(日)

オーナー有田川予選(新金屋橋下)

釣果 15~20cm 10匹
(前日神戸下・オマタ瀬17匹、大会後 田殿橋11匹)
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: Mステ005
水況 晴、平水 
言訳 下見でコウト・オマタとやってしまったブロックは引けないので勝手知ったる岡本周辺へ。1回戦、新金屋橋シモのザラ瀬の肩で粘り6尾で4位タイ通過。2回戦、同じブロックを引き駅裏の瀬肩で良型2尾入掛かるが後がない。荒瀬の対岸アシ際で小型をひろい8尾で1位通過。やりました、いざ益田川へ。待ってろ!高橋ユウジ!

7月2日(水)

十津川滝川バス停下

釣果 18~22cm 23匹(夕方2時間釣果)
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: エース極細
水況 晴、平水 
言訳 出水の後の竿抜け狙いは、良型に複合糸008をぶち切られる。仕事そっちのけで強行、トロ瀬の脇の残り垢で思惑通り良型が入れ掛かる。

6月29日(日)

スポニチ美山川予選

釣果 14~17cm 9匹
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: エース極細
水況 雨、平水+15cm 
言訳 4度目の正直で補欠の汚名を返上してやる、と意気込み最終予選の美山へ。雨のため1回戦のみの5位通過ルール、11匹3人で2/3のジャンケンで生き残った。やれやれやっと本戦だあ~

6月28日(土)

がまG杯大内山予選

釣果 15cm 1匹
   14~16cm 6匹(宮川)
仕掛 rod: MasterModel 9.0 Line: エース極細
水況 雨、平水+ 
言訳 減水、冷水病の影響か、ダンゴの引っかけ釣りの様相。2匹で決勝だったが・・・奥・瀧氏とついてに宮川へ入る。噂ほどには釣れないが、釣人はわんさかいるいる。出水待ちか?

6月26日(木)

十津川旭川 キャンプ場下

熊野川支流大塔川 ホーム裏

釣果 16~18cm 18匹
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: エース極細
水況 晴、平水+ 
言訳 旭の様子うかがいをしたがイマイチ、午後から熊野へ。浅場チャラ瀬の流芯に良型が走って良い引きをみせた

6月22日(日)

スポニチ大内山予選

釣果 14~16cm 4匹
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: エース極細
水況 曇、平水+ 
言訳 拾い釣りでポロポロ、1回戦のみで6位補欠のジャンケンに勝って僅かな望みをつないだ。来週は最終美山川できめてやる~

6月16日(月)

十津川上湯川 下湯薬師地蔵下

釣果 16~18cm 11匹(夕方5時から)
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: エース極細
水況 晴、平水+ 
言訳 昨年の当たり場所は健在だが、数が薄いのでは・・・

6月14日(土)

ジャパンカップ揖保川予選

釣果 14~16cm 3匹
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: エース極細
水況 晴、平水 
言訳 150人4グループで上位7位まで2回戦へ。住宅前に入れず、撃沈。「揖保川なんか、嫌いじゃ!」

6月12日(木)

十津川滝川バス停下

釣果 16~18cm 13匹(夕方5時から)
仕掛 rod: グラスリⅠ9.5 Line: Mステージ0.05
水況 晴、平水 
言訳 今年初の夕掛け。解禁日に釣果のあった滝川へ、ヌルのキツい鮎ばかりでした。

6月10日(火)

ダイワマスターズ揖保川予選

釣果 16~18cm 2匹
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: エース極細
水況 晴、平水 
言訳 下野橋上流からマスターズは参加者200人以上、地元が有利?川上さん2位通過おめでとう~


6月8日(日)

十津川上湯川・滝川

釣果 13~16cm 35匹
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: エース極細
水況 晴、平水より+10cm

言訳 解禁日。上湯は今年も釣れそう、滝川は大入り満員。

6月7日(土)

スポニチ日高川龍神予選

熊野川大塔川・四村川

釣果 13~20cm 20匹
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: Mステージ0.04
水況 平水より+10cm

言訳 龍神でボーズ。情けなさすぎる・・・悔し紛れの熊野川。ひとがいない分、釣れます。

6月5日(木)

熊野川支流大塔川

釣果 13~16cm 18匹
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: Mステージ0.04
水況 雨、平水より+10cm

言訳 
 昼から3時間の釣果。解禁から竿が入り続けているからか、脇の流れでのみ掛かる。海産系だろうか平たいきれいなアユ。雨強くなり午後3時で終了。

6月1日(日)

スポニチ揖保川予選

釣果 12~17cm 15匹
仕掛 rod: リミテッドプロFW9.0 Line: Mステージ0.04
水況 平水よりやや高い

言訳 
 増水で竿はじめがスポニチ予選となる。1回戦13匹で楽々通過、2回戦ライントラブルで苦戦6匹で本選出場ならず。朝は岸よりの浅場がよかったが、昼すぎから流芯でかかる。切替が遅い!

 

メニュー