※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ddコマンドとは、「ファイルを形式制御しながらコピーする※1」コマンドである。
cpコマンド?もコピーのためのコマンドだが、ddコマンドはcpコマンド?と違い「デバイス対デバイス」でもコピーが可能となっている。
この「直接デバイスへのコピー機能」を利用し、rmコマンド?では不十分な「HDDなどのデバイスの内容を消去(0をコピー)する」という使い方もある。

標準Linuxでのddコマンド

概要

helpを表示してみる。
~ # dd --help
BusyBox v1.1.1 (2007.04.06-12:02+0000) multi-call binary

Usage: dd [if=FILE] [of=FILE] [bs=N] [count=N] [skip=N]
          [seek=N] [conv=notrunc|noerror|sync]

Copy a file, converting and formatting according to options

        if=FILE         read from FILE instead of stdin
        of=FILE         write to FILE instead of stdout
        bs=N            read and write N bytes at a time
        count=N         copy only N input blocks
        skip=N          skip N input blocks
        seek=N          skip N output blocks
        conv=notrunc    don't truncate output file
        conv=noerror    continue after read errors
        conv=sync       pad blocks with zeros

Numbers may be suffixed by c (x1), w (x2), b (x512), kD (x1000), k (x1024),
MD (x1000000), M (x1048576), GD (x1000000000) or G (x1073741824)

~ #
BusyBoxのコマンドのようだ。

※1引用:「玄箱PROで遊ぼう!!(48ページ)」(ラトルズ)