※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「玄箱PRO」とは「くろばこプロ」と読み、玄人志向というメーカーから販売されている「組込LinuxBOX」というジャンルの製品。
玄箱PROは通称で、玄人志向の正式な商品名は KURO-BOX/PRO。
2007年2月から発売されている。2013年現在は流通在庫のみとなっている。
製品紹介サイトはこちら
Linuxベースで起動するNASだが、最初からtelnet?接続が可能となっており、ユーザーが個々にハックすることが前提となっているような商品でもある。
また、CPU?ARM?を採用しており、Linuxを熟知している人たちからすれば適度な難易度がありハック意欲をそそる。

様々な用途

玄箱PROは、特別な設定も特に必要なく、購入してすぐにNASとして使用できる(ただし、HDDは別売りなので、未装着の場合の記録先は内蔵フラッシュメモリ)。
また、書籍やネット上で様々な拡張方法が紹介されており、web、ftp、メール、iTunes、DLNA(メディア)などの各種サーバーに仕立てることも可能だ。
あとは現実的にはふさわしくはないだろうが、ARMアーキテクチャー用のプログラム開発に使うこともできる。
とにかく、スペックが低めだが静音で省電力なプラスワンPCとして使用することに優れている。

扱いやすいHDD装着方法

玄箱PROに装着可能なHDDはSATA方式で、特別なケーブルやケースも当然不要。
たちまちの拡張を考えていないのならば玄箱PROとHDDを同時に買っていればあとは何もいらない。
HDDの装着もドライバー1本あれば可能であり、電子工作などに不慣れでも購入してすぐに作業できる。

拡張のためのハードル

純粋にNASとして使用するのであればLinuxの知識はほぼ不要だが、ひとたび拡張を目指すのであればLinux初心者には恐ろしく高いハードルが待っている。
しかしそれも発売当初、まだ先人たちのハック記録が充実していない頃の状況であり、今現在は初心者でも比較的安心して目的の拡張ができるようになっている。
しかし「シリアルコンソールの半田付け」という点だけは(愚直に行けば)避けては通れない。

添付ファイル