短編37

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「夏と言えば?」
VIPが隣りに座ってアイスを舐めているクラウンに不思議そうな顔で問い掛ける
クラウンは少し唸りながらアイスを咥え、空を見上げて足をブラブラさせる
虫の声が暑さを強調するように響いてくる
「わたあめ、たこやき、やきそば、いかやき、とうもろこし、そうめん」
「全部食べ物かよ」
VIPは苦笑いしながら汗を拭うとふぅっと溜め息をつく
「いや、お前がよかったらそうめんでも食べに行かないか?」
「で、でーと・・・?」
アイスを舐めるのも忘れてクラウンがキョロキョロと周りを見る
アスファルトがゆらゆらと揺れているように見える・・・
「デートじゃねぇけど、昼飯食いに行くから」
いかない?と言いながら椅子から立ち上がったVIPは振り返る
クラウンは溶け始めたアイスを急いで舐めると椅子から立ち上がる
「いくいく!そうめん大好き!」
「自腹だからな」
今はクラウンの財布の中に空気がたくさん詰まっています
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|