短編2

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

二人は沈黙を守り続ける
二人の間に言葉はいらない
そんな二人に誰も近寄ろうとはしない
さすがのVIPも二人に話しかけようとはせずにシベリアと遊んでいるようだ
「・・・なんか喋れよ」
ヒッキーが最初に口を開く
「死ねよ童貞」
●の呟いた言葉がヒッキーの胸に突き刺さり、ヒッキーは涙を流しながらこう言った
「・・・死のう」
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|