すごいよ古泉君!最終回【涼宮ハルヒの憂鬱】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SOS団が発足してから半年。
僕の特別な性生活も半年が経ちました。
正直に言うと、僕はもうこの生活に飽きていました。
新しい刺激が欲しい。
そう思ったから、こんなことをしてしまったのかもしれません。

ドアが無造作に開けられます。
「待っていましたよ」
彼は、部室の光景をみて呆然としています。
「どうしました、キョンさん? どうぞお入りください」
「古泉………、これは……」
「見ての通りです。皆さん、忠実な僕の肉奴隷です」
僕は涼宮さんに腰を打ち付けます。
「はっ! ひゃうん! こ、古泉君、はげししゅぎりゅうぅぅ!」
僕の後ろには、朝比奈さん、長門さん、鶴屋さん、妹さんが整列して控えています。
全裸で。
「ああっん! 古泉君! しゅごいよおぉぉー!」
涼宮さんはキョンさんには気づいていないようです。
「お、おい、涼宮……。涼宮! おい!!」
一瞬、涼宮さんの目が、キョンさんをとらえます。
「ひ、いやぁ………どうして、どうしてキョンがここにいるの…?」
怯えるような涙目で、僕を見上げました。
「僕が呼んだのです」

「嫌ーっ!! 見ないで! 古泉君の馬鹿! なんで………キョンには秘密にしてくれるっていったのに……!」
キョンさんは呆然と呟きます。
「涼宮……、お前いつもこんなことしてたのか? 他のみんなもそうなのか?」
「その通りです」僕は答えました。
「…………いつからだ?」
「僕がSOS団に入団した日の夜には、もう涼宮さんを頂いていました」
「駄目! 言わないで古泉君! キョン、見ないで! お願いだからっ!」
「…………このド外道がっっ!!!」
キョンさんは拳を振り上げ、僕に向かってきます。
しかし、その姿勢のまま固まってしまいました。
「な、長門! 放せ! 呪文をやめろ!」
それには答えずに、長門さんは僕の方にすり寄ってきました。
「一つだけきいておきたいことがあります。キョンさん、あなた本当に気づいていなかったのですか?」
キョンさんは無言のまま、震えています。
「この部室でセックス。壁一枚隔ててセックス。孤島の時だって、僕たちは派手にやっていたんです。妹さんも交えてね。それでも気づかなかったと?」
キョンさんは涙を流しながら小さく頷きました。
「ぜんぜん…………気づかなかった」
僕は皆さんの方をふり向いて、やれやれ、と肩をすくめました。


「もうやめて古泉君! キョンをいじめないで!」
涼宮さんも涙をこぼしながら訴えます。
「………あたし好きだった! キョンのこと好きだった………なのに、なんでこんなことに……」
「俺だって涼宮のこと好きだったよ。ああ、今なら言えるさ俺はハルヒが好きだ。大好きだ!
いつか結ばれるんだって、ずっと思ってた。なのに………ちくしょう!」
「あたし、汚れちゃったよぉ、キョン…………」
「なんで、こんな、ことに……………っっ!!」
その言葉に、さすがの僕も胸を打たれました。
「わかりました。キョンさん。涼宮さんとセックスしていいですよ」
「え…………?」
僕は長門さんと朝比奈さんに頷きました。
長門さんはキョンさんに、朝比奈さんは涼宮さんに目隠しをします。
「待て長門。俺はまだ同意してないぞ」
「勃起したまま言っても無駄」
長門さんはキョンさんのズボンを下ろします。
「うはぁっ!」
その摩擦で、キョンさんは射精してしまいました。
「あはは。ちょっと想像力がたくましすぎるようですね。もしかして童貞ですか?」
「………………」
「大丈夫です。あなたはこれから男になります。憧れの涼宮さんのおまんこでね」
目隠しされたままのキョンさんは、長門さんに誘導されて、こちらへ来ます。
ペニスは相変わらずマックス勃起状態です。
「ほら、キョンさん。もう少しですよ。バックから、涼宮さんを突いてあげてください」
「あ…キョン………」
「ハルヒ……」



キョンさんは穴にペニスをあてがうと、腰を闇雲に前に動かしました。
しかし棒はうまく入っておらず、腰をつるりと駆け上がります。
「うはあっ?!」
その衝撃でまた射精してしまいました。
「また出してしまいましたね。涼宮さん、背中にぶっかけられたのがわかりますか?」
「…ふぇ? え、ええ………」
キョンさんのペニスに長門さんの手が添えられて、次なるチャレンジです。
「さあ、今度は良く狙って」
ペニスは一気に奥まで突っ込まれました。
「ああっ! キョン! 入ってくるよう!」
「ハルヒ! これがハルヒまんこ! すっげえ絞まる! ぐおおっ?!」
そしてキョンさんは獣のように腰を突き動かします。
何回も何十回も中で射精し、涼宮さんも何度もいったようです。
「ああ……すげえよハルヒ………。俺たち相性ばっちりだな」
「キョン……。あたし、キョンと一つになれて嬉しい………。キョンの赤ちゃん欲しいよ…」
最後、二人は繋がったままそう言いました。
「さて、では目隠しを取ってみましょうか」
僕の声と共に、二人の目隠しが外されました。
「………………へ?」
初めに気づいたのはキョンさんでした。
「……どうしたの?」
「ひ、ひいっ?! うわあああああああああああぁぁぁあぁぁぁあああ!!!」


キョンさんが驚いたのにも無理はありません。
だって、二人の間には僕が挟まっていたのですから。
「まったく、キョンさんは中で出しすぎですね。僕、男ですけど妊娠しちゃうかもしれませんよ?」
すなわち、キョンさんは僕のアヌスにペニスを入れており、涼宮さんの中に入っていたのは僕のペニスだったわけです。
「そ、そんな……最初からずっと古泉のケツにぶち込んでたって言うのか?」
「その通りです。なかなかの名器でしょう? 長門さんのおかげです」
キョンさんは口元を押さえます。こみ上げる吐瀉物を飲み込んでいるようです。
「キョンさんは僕で童貞を喪失したのです。おめでとうございます」
「げええぇぇぇぇ」
キョンさんが盛大に吐き出します。
涼宮さんはそのまま失禁して失神してしまいました。
「………………夢だろ?」
「現実です」
「正気か?」
「僕はいつだって、ほどほどに正気ですよ」僕は微笑みます。
キョンさんはうなだれると、しばらくぶつぶつと呟いていました。
泣いているようです。
「あれ? もう壊れてしまったのですか?」
僕の問いかけで、キョンさんは急に活力を取りもどしたようでした。
「こ、古泉! 貴様、殺す!! ぜってー殺す! ぶっころす! こんちくしょう! きたねえんだよやり方が!」


暴れるキョンさんを、長門さんが取り押さえます。
「ちくしょう! 放せよ長門! こいつは生かしておけねえんだよ! 変態! ド外道! 鬼畜! 人類の敵!
何が超能力者だ、何が機関だ! かかって来いよ! お前ら全員殺して俺も死んでやるよ!!!」
「あなたに僕を殺すことはできません」
「黙れ!」
「ところがどっこい、これが現実です」
そして、キョンさんの全身から力が抜けました。
「ご苦労様です。長門さん」
「な、長門………何を?」
「弛緩剤を投与」
「便利な薬ですよ。では皆さん、そちらはそちらで、仲良くやっていてください」
僕はそう言って、ぐったりしたキョンさんを抱き上げます。
キョンさんはしきりに恨み言を呟いては、涙を流し続けていました。
「そんなに泣かないで下さい。これから、もっといいことが待っているのですから」
部室を出て、僕とキョンさんが向かう場所は、コンピュータ研の部室。
そこが第二ラウンドの舞台となります。


コンピ研の部室を開けると、すでに試合は始まっているようでした。
「オッス!」
「オッス!」
コンピ研のガチムチ達に囲まれて、部屋の真ん中の土俵でちんぽ相撲をとっていたのは、谷口さんと国木田さんでした。
「オッス古泉さん!」
「オッス!」
「こんにちは皆さん。ほら、お待ちかねの主賓の登場ですよ」
僕はキョンさんを土俵の真ん中に置きます。
「おおっ! すげえ………キョンがこんなに可愛かったなんて」
「これは新たな発見ですね」
親友二人に覗き込まれて、キョンさんは恥ずかしそうに顔を伏せます。
「古泉………もうやめてくれ……」
「何を言っているんです? あれだけ僕の中で出しておいて、僕だってもう収まりがつきませんよ?」
そう言って、僕は自分のペニスを引きずり出します。
「出た! 古泉さんの尺ペニ! 出たよこれ!」
「すげー! 素晴らしい黒光り!」
何度も何度もフラッシュが炊かれました。


「では、キョンさん。失礼して」
「あ、やめろ古泉! やめて、ら、らめぇぇぇえ!」
弛緩剤の効果もあってか、キョンさんの中には案外簡単に挿入することができました。
「ふはあぁぁぁぁ?!」
「………もしかしてキョンさん、あなた普段からアナルオナニーをしているんじゃありませんか?」
「……………」
「正直に答えた方がいいですよ?」
「その通りっす!」
「オッス!」
同時に、ガチムチ達がオッスを連呼します。
「わ、わかった! 答えるよ。た、確かにしたさ、アナルオナニー」
「オカズはなんだよ?」
谷口さんがききました。
「ハ、ハルヒに……いじられてるって設定で」
「なんだ、僕たちじゃないんだ」
国木田さんは残念そうです。
「皆さん、聞きましたか? キョンさんは女の子をオカズにアナルオナニーをされるそうです!」
「オッス!」
「オッス!」
「これはもう………、許せません」


コンピ研のガチムチたちは、キョンさんを囲んで尺八をしごき始めました。
「古泉! 話がちがうっ、はふぅっ!」
僕はそれを無視して言いました。
「皆さん、どうぞ好きなようになすりつけてあげてください。そうです、谷口さんと国木田さんは親友ですから、どうぞお口を使って下さい」
「オッス!」
「オッス!」
二人のちんぽがキョンさんの口にねじ込まれました。
「もがぁぁああ!」
その光景を見ているだけで、僕の射精感も高まります。
「さあ、キョンさん。中に出しますよ」
「中は、中はらめえぇぇ!」
「いいえ、中で出します! あなたも僕の中に出したではありませんか。皆さんも同時にぶっかけて下さい! 僕たちでキョンさんを妊娠させてあげましょう!」
そして僕は一気に精を放ちました。
「いやぁぁあ! 俺、妊娠しちまうぅぅぅう!」
肛門にぶちまけられる精液。
口内に注ぎ込まれる精液。
上から振ってくる精液。
「やあキョンさん。これであなたも、立派な精子便所ですね」
「う、ぐぐ………ごめん、ハルヒ…………ごめんなさい」
「謝るのはまだ早いですよ。宴はまだまだ、これからです」


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
更新履歴
取得中です。

メニュー